« 箸休め | トップページ | ペニンシュラ東京 »

2008年3月30日 (日)

強羅花壇

いつぞやの強羅花壇の宿泊体験記です。

部屋は露天風呂付貴賓室「梅」です。1階の部屋なのですが、フロントが上のほうにあるため、エレベーターで地下に降りてきたような感覚です。

下の写真は和室からフローリングの寝室を撮ったものです。

Gorakadan1_2 

一段高くなったところに敷かれている布団はベッドのような感じで、寝心地もとても良かったです。旅館では夕食後に布団が敷かれることが多いですが、この部屋では布団は「常設」なので日中にゴロゴロしていることができます。温泉で温まった後、布団に寝転びながら窓の外でウグイスが啼くのを聞いていると、このまま時間が止まって欲しいと思えるほどの至福です。

部屋付の露天風呂はこちらです。

Gorakadan2

夫婦と小学生くらいの子供二人であれば一緒に入れる広さです。右側のガラス張りの部分はスチームサウナで、手前にはリクライニングチェアもあります。近くを箱根登山鉄道が走っているため、ときどき「ガタンゴトン」と、ゆっくり走る電車の音も聞こえます。これも情緒の一つでしょう。

食事は夕食、朝食ともに部屋食になります。いずれも強い印象を与えるものではないですが、美味しいです。配膳のタイミングも良く、満足できました。

妻はスパトリートメントも受けて、そちらも良かったようです。

その他の点としては、部屋に置いてある「花雪肌(はなゆき)」という角質クリアジェルが気に入りました。ジェルを顔に塗って擦っているとポロポロと白い塊(角質?)が出てきて、肌がスベスベになります。強羅花壇の売店にも売っていたので買って帰りました。ネットでも販売しているお店があります。興味のある方はどうぞ。

宿泊料が高いのが唯一の難点ですが、満足度も高い滞在でした。

より新しい記事はこちら。
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_ae4a.html

Kind Regards,

ブリュレ

« 箸休め | トップページ | ペニンシュラ東京 »

国内の旅」カテゴリの記事

温泉&お風呂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 箸休め | トップページ | ペニンシュラ東京 »