« ルノワール | トップページ | マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 »

2008年4月21日 (月)

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ - 食事編

ウィンザーホテル洞爺のいくつかのレストランの感想を書いておきます。順不同です。

ウィンザーホテル洞爺への旅行を決めた最大の目的は「ミシェル・ブラス」での食事でした。前年にフランスへ旅行した際「Michel Bras」か「Troisgros」に行きたかったのですが、アクセスが悪いため、パリ市内の「Alain Ducasse au Plaza Athénée」に行きました。そこでの料理は非常に綺麗だったのですが味的にちょっと口に合わなかったのが残念でした。またフランスへ行くのも大変なので、国内のミシェル・ブラスへ行こう、というのが旅の始まりでした。絶対に予約を取りたかったので、3ヶ月ほど前に宿泊とミシェル・ブラスの予約を済ませました。

そのミシェル・ブラスでのディナーでは、名前は忘れましたが、3万円ほどのコースを頼みました。一口の卵料理、スプーンに乗ったアミューズ・ブッシュから始まって日高牛のローストなど、どれも目でも舌でも楽しめる料理ばかりでしたが、やはり最高だったのは「ガルグイユー」です。これが目の前に出されたときは「うぉーっ!」と驚きの声を上げてしまいました。赤、黄、緑、青、色とりどりの花と野菜が綺麗に盛り付けられ、絵画などではとても表現できないであろう美しさです。まさに芸術です。味も文句なしです。一品一品がそれぞれの持ち味を生かすように丁寧に味付けされていて、一片の野菜でもじっくりと味わえる奥深さがあります。これは一生に一度は食べるべきです。肉料理も脂身の少ない部分を使用していて全体的にヘルシーな感じでした。いただいたワインは93年のボンヌ・マール。こちらもよかったです。また、夕闇に消えていく洞爺湖から打ち上げられる花火を見下ろす(「見上げる」ではない)ロケーションも格別です。

次は「わく善」での夕食です。ここではコースではなく、適当にお勧めのつまみを出していただきながらお酒を飲み、最後に握りをいただきました。新鮮なウニ、赤貝、マグロなどはもちろんですが、ニシンを火でさっとあぶったものなど、一手間かけたものも美味しいです。メニューにあるお酒の種類は多くありませんが、どれもよかったと思います。それにしても、「銀座久兵衛」もテナントとして入るそうですが、棲み分けはどうするのでしょうね?

「カローダイヤモンド」もディナーで利用しました。ベトナム料理ということですが、私自身ベトナム料理の経験はほとんどないので、他との比較はできません。コース料理をいただき、どれも美味しかったですが、味は濃い目に感じられました。ビールを飲みながらつまむのには丁度いいかもしれませんけど。ベトナムのビールもあるので、ベトナム好きの方には楽しめるかもしれません。

「杜氏賛歌」でも花火を見下ろして食事ができます。趣のある和風の空間で、海の幸を中心にしたメニューが楽しめます。メニューにもう少しバリエーションが増えるとさらによいでしょう。

「達磨」のおそばはお昼にいただきましたが、これも美味しいです。量が少ないのでたくさん食べたい人は要注意です。また、ここはお昼は予約を取らないとのことでしたので、早めに行って待っているとよいでしょう。青空の下、眼下に広がる洞爺湖を見ながらの食事は清々しいですよ。

その他には朝食で「ギリガンズアイランド」、「カフェ ゼット」、「天川」(閉店)、ブッフェを、昼食では天川とルームサービスを利用しました。「ポロバー」でも軽く一杯飲みました。どちらもまずまずといったところでしょう。

このホテルのレストランは全体的にレベルが高いと思います。ただ、予約が取りにくいことは確かで、実際ミシェル・ブラス以外は現地に着いてから予約を入れたのですが、滞在期間中まったく空きがなかったり、時間が非常に限られていたりしていました。周りに何もない場所ですので、宿泊される場合はレストランの予約も早めに入れておいたほうが無難です。

また、「カイザー」のパンはミシェル・ブラスを含めいくつかのレストランで出され、とても美味しいです。ホテル内で売られているので、そこでパンを買ってハイキングなどに行くのもいいかもしれません。

Kind Regards,

ブリュレ

p.s.

花火は年中無休で打ち上げられるわけではないので、見たい方は日程を調べてから行ってください。

より新しいミシェルブラスの記事はこちら。
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-9e71.html

« ルノワール | トップページ | マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ルノワール | トップページ | マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」 »