« La Folle Journée「熱狂の日」 | トップページ | 酢重ダイニング »

2008年5月10日 (土)

ヘイフンテラス

ペニンシュラ東京のレストラン「ヘイフンテラス」でディナーをいただきました。

このホテルは会社から近いためよく前を通るのですが、中に入るのはこれが初めてです。

回転扉を通って中に入ると噂どおりの狭いロビーがあります。ヘイフンテラスは2階にあるのでロビーにいたスタッフに道を尋ねると笑顔でエレベータと階段の前に案内してくれました。店に入り名前を告げると笑顔で窓側の席に通してくれました。スタッフは全体的にフレンドリーで感じがよさそうです。

店内の雰囲気も結構いいです。土地柄と2階にあることから、景色は望めませんが、タイムスリップして別の時代にやってきたような感覚です。グラスも模様が彫られていて、箸置きも変わったデザインと、細部まで凝っていながら、落ち着きもあります。

飲み物メニューのグラスのシャンパーニュのところを見ると、「モエ・エ・シャンドン」などのほかに、「ペニンシュラ ブリュット」というのがありました。とりあえずそれを注文します。料理は「デラックスメニュー」にして、ワインはムルソーをボトルで頼んでおきました。

前菜は鳥と豚の焼き物、エビの揚げ物、クラゲの4種類でした。美味しいです。

次はフカヒレのスープです。固形燃料か何かで下から火で温めながら出されます。美味しいです。

アワビのオイスターソース煮込み。美味しいです。

和牛のサイコロステーキ。美味しいです。

香港拉麺。美味しいです。

デザートのココナッツミルク。美味しいです。

以上、どれも美味しいのですがあまり印象に残らない内容でした。また、小食の私にとっては特に問題ないですが、量も少ないと思います。コースで比較するとコンラッド東京の「チャイナブルー」のほうがお勧めできると思います。ヘイフンテラスではアラカルトで好きなものを好きなだけ注文するほうがよいかもしれません。またはコースの締めにラーメンとか。

近いうちにマンダリンオリエンタル東京の「センス」でディナーの予定があるので、そちらも楽しみです。

Kind Regards,

ブリュレ

« La Folle Journée「熱狂の日」 | トップページ | 酢重ダイニング »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« La Folle Journée「熱狂の日」 | トップページ | 酢重ダイニング »