« コンラッド東京 第2話 - 食事編 | トップページ | La Folle Journée「熱狂の日」 »

2008年5月 6日 (火)

強羅花壇 第2話

箱根の「強羅花壇」の宿泊体験記第2話です。

前回の記事はこちら。
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_ae4a.html

今回はスチームサウナ・ジャグジー付貴賓室に泊まりました。

部屋はこんな感じです。

Gorakadan2_living

Gorakadan2_bedroom

前回の露天石風呂付貴賓室より部屋の部分は少し広いようです。

お風呂です。

Gorakadan2_bath

石風呂もいいですが、木の温もりが感じられるお風呂もいいですね。このお風呂の底には穴がいくつか開いていて、スイッチを入れると空気がボコボコと出てきてジャグジーになります。強羅花壇は和洋折衷が得意なのかもしれません。

スチームサウナはこちらです。狭いですが二人一緒に座って入れます。

Gorakadan2_sauna

お風呂やサウナで汗をかいた後はバルコニーでビールを。

Gorakadan2_balcony

さて、妻がスパトリートメントから帰ってくるとまもなく夕食です。

強羅花壇には何度か宿泊していますが、料理は外すことがなく、安心していただけます。今回も最初から最後まで美味しくいただけました。修善寺の「鬼の栖」のように唸るほどの感動はありませんが、味は少し濃い目というかはっきりしているので、濃い味派の人には強羅花壇のほうがお勧めです。

私は日本料理には日本酒と決めているので今回も日本酒がお供でしたが、メニューに「牛ヒレ葛打焼」というものがあり、とても美味しいものの、日本酒向きではない感じがしました。ルレ・エ・シャトー(Relais & Châteaux)加盟のためか、外国人客が結構多そうなので、ワインとの相性も意識しているのかもしれません。

朝食も豆腐やサバの焼き物など、盛りだくさんです。普段は朝は食べない私でも、温泉旅館に泊まったときは頑張って食べてしまいます。たまには温泉旅館で過ごして崩れた生活リズムを元に戻すのも健康によさそうです。

Kind Regards,

ブリュレ

« コンラッド東京 第2話 - 食事編 | トップページ | La Folle Journée「熱狂の日」 »

国内の旅」カテゴリの記事

温泉&お風呂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コンラッド東京 第2話 - 食事編 | トップページ | La Folle Journée「熱狂の日」 »