« 京懐石美濃吉本店 竹茂楼 | トップページ | 鬼の栖 第2話 »

2008年8月 5日 (火)

源水 「ときわ木」

いつもと少し変わって京都の和菓子についての記事です。

私は普段あまりお菓子を食べないのですが、とても美味しいと思うのが京都の全日空ホテル裏にある老舗菓子匠源水さんの「ときわ木」です。川端康成も好んだというこのお菓子、写真はこちらです。

Gensui_tokiwagi

小豆を砂糖で固めたようなものですが、控えめな甘さと小豆の程よい炊き加減が絶妙です。

このお菓子を初めていただいたのは、私の記憶が確かならば20年くらい前、京都に住んでいた頃に行ったしゃぶしゃぶのお店(※)で料理の終わりにお茶菓子として出されたときでした。親ともども気に入って、それ以来、夏休みなどの帰京時にときどきお土産として買っていましたが、「竹茂楼」と同様、しばらく縁遠くなり、10数年ぶりにいただくことができました。

年を経ても変わらぬ味で、さすがは老舗です。

(※)このしゃぶしゃぶのお店は確か東山三条付近にあり、蔵を改築して部屋を作ったりしていて趣がありました。その後、記憶を頼りに現地に行ってみましたが見つからなかったので閉店したのかもしれません。この店について何か心当たりのある方、コメントをいただけると有難いです。

Kind Regards,

ブリュレ

« 京懐石美濃吉本店 竹茂楼 | トップページ | 鬼の栖 第2話 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京懐石美濃吉本店 竹茂楼 | トップページ | 鬼の栖 第2話 »