« 聞き間違い | トップページ | おやつにどうぞ »

2008年9月10日 (水)

クロード・モネの世界

名古屋へ出張ついでに名古屋ボストン美術館の「クロード・モネの世界」を見に行ってきました。

この美術館、何が「ボストン」なんだろうと前々から思っていました。横文字でもつけておけばカッコいいということか?と怪しんでいましたが、アメリカのボストン美術館の姉妹美術館だったのですね。疑って申し訳ありませんでした。誰に謝ればいいのか分からないので、この場をお借りしてお詫びします。

さて、この展覧会ではモネの絵画24点を中心に、同時代のルノワール、セザンヌなどの絵画を合わせて58点を展示しています。モネが他の画家の影響を受けて自らの画風を確立していき、同時代の画家と印象派を築き、他の画家へ影響を与えていく、というようなモネの歴史を楽しむことができます。出張の合間でゆっくり見ることはできませんでしたが、なかなか面白いと思います。

平日の昼にもかかわらず、結構客は多かったです。専業主婦が中心なのでしょうが、ちょっとマズイ人が目立ちます。私が絵を見てる前に平気で割り込んでくる人やら、自分が見たい位置から見るために移動してきて私に体がぶつかっても気にしないどころか、私に「邪魔だ。どけ。」と言わんばかりの人やらで、まあたいしたものです。乳母車で絵の前をずーっと占拠している連中もいました。外国では写真撮影がOKの美術館が結構ありますが、日本では基本的にNGなのはこういった輩が多いからなのかもしれませんね。こんな奴らに自由を認めたら大変なことになりますからね。美しい国、ニッポン。万歳!!

駄目な客は仕方ないとしても、展覧会自体はいいと思います。9/28(日)までなので、ご興味のある方はお急ぎください。詳しくはWebで。

Kind Regards,

ブリュレ

« 聞き間違い | トップページ | おやつにどうぞ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 聞き間違い | トップページ | おやつにどうぞ »