« 銀座「鮨 水谷」 | トップページ | フライ・フィッシング再開へ »

2010年6月26日 (土)

四川豆花飯荘

丸の内勤務時代にはお昼にもちょこちょこ来られたこのお店、転職後は頻度が落ちましたが、辛い中国料理を食べたくなった時は第一候補として、ときどき来ています。

今回はディナーで

四川豆花名菜コース

1. 富貴福禄寿 海の幸、山の恵みの四川六味前菜
2. 酸辣魚翅湯 フカヒレ入り酸辣スープ
3. 正宗乾焼蝦 天然海老の四川チリソース
4. 重慶辣子鶏 鶏肉の重慶とうがらし炒め
5. 乾煸四季豆 インゲン豆の老家常炒め
6. 水 煮 牛 肉 四川伝統 牛肉の麻辣香スタイル
7. 麻婆豆腐或担担麺 四川豆花飯荘 麻婆豆腐 または 四川タンタン麺
8. 鴛 鴦 甜 品 あたたかい豆花と冷たいスイーツ

です。

ほとんどが辛い料理ですが、辛い美味しさだけではなく、香りがとてもいいです。とくに4.の鶏肉のとうがらし炒めは辛さと爽やかな香りが突出しています。汗をかきながらいただきました。

暑くなってきた今日この頃、夏バテ対策にいいかもしれません。

Kind Regards,

ブリュレ

« 銀座「鮨 水谷」 | トップページ | フライ・フィッシング再開へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

私達は、こちらのコースにさらに麻婆豆腐を追加、私に至っては、ご飯のお代りまでしてしまいましたsmile

辛いと、いくらでも食べられてしまうので、自分で自分が恐ろしいですcoldsweats02

麻婆はご飯がいくらでも食べられるようになる魔法みたいやsweat01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀座「鮨 水谷」 | トップページ | フライ・フィッシング再開へ »