« 足柄峠からの富士山 | トップページ | 富士山 2010年12月25日 »

2010年12月25日 (土)

四川豆花飯荘

会社帰りにふらっと丸の内で食事をして帰ることになりました。

丸の内までの道も大渋滞で、先に新丸ビルに着いていた妻からは人がかなり多いとの情報。このところご無沙汰の「四川豆花飯荘」に行きたいということなので、駄目モトでへ行ってきました。さすがに満席でしたが、もうすぐ1テーブル空きそう、とのことだったので、少し待つことに。

で、「牡丹コース」を選びました。車なので、お酒抜きですcrying

1. 海の幸、山の恵みの四川九味前菜
2. フカヒレの四川風姿煮込み
3. 国産伊勢海老の重慶とうがらし炒め
4. 北京ダック
5. 国産牛フィレ肉の鉄板ステーキ 星ソース
6. 国産黒アワビと旬野菜の炒め
7. 国産 スッポンとツバメの巣のすまし滋養スープ
8. 麻婆豆腐御膳 又は 海鮮入り煮込み麺
9. あたたかい豆花と旬の果物

前菜はよだれ鶏やらアワビやら、いろいろ一口ずつ楽しめます。

気仙沼産のフカヒレは繊維がしっかりしていますが、口に入れると気持ちよく崩れていく感じ。スープも濃厚ですが後味は軽く、いくらでもお代りできそうなくらい美味しいです。近くのフカヒレ専門店のものより好きかも。

次は伊勢海老の重慶とうがらし炒め。揚げた伊勢海老を大量の唐辛子と山椒で炒めたもので、ナゲットのような伊勢海老はあまり辛くはなさそうに見えます。引き締まった身は食べ応えがあり、美味しいですが、そんなに辛さは感じません。というのは初めのうちだけで、少しするとジワジワジワジワジワジワと辛さが口の中に広がってきます。かなり辛いです。辛さを紛らわすために八宝茶を飲むと、熱くて舌が痛いです。汗と涙で完食しました。辛い物好きにはとてもお勧めですが、苦手な人は絶対に食べられないでしょう。

ここまでで十分満足ですが、まだまだ続きます。

北京ダックの甘味噌で口の中が落ち着き、パクチーや葱のソースのステーキは香ばしく、アワビと野菜も素材の味がしっかりしています。スッポンとツバメの巣のスープで温まります。〆は海鮮入り煮込み麺を選びました。エビ、イカ、ホタテがしっかり入っています。デザートでお腹はちきれそうなくらい満腹です。

お腹を刺激しないように静かに歩いて駐車場へ向かい、帰途に着きました。帰っても動けず、そのままドリームランドへsleepy

お店の方も感じがよく、いつ行っても美味しくいただける安心なお店です。

Kind Regards,

ブリュレ

« 足柄峠からの富士山 | トップページ | 富士山 2010年12月25日 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 足柄峠からの富士山 | トップページ | 富士山 2010年12月25日 »