« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

クレジットカード不正利用被害

私は長いことクレジットカードの不正利用検知システムに関わってきましたが、自身のクレジットカードが悪用されたことはありませんでした。しかし、ついに被害者になりましたangry

先日シティカードから速達がきて、「カードのご利用につきまして、ご確認させて頂きたいことがございます。」と、信用管理課へ連絡するよう依頼がありました。

1年以上使っていない、解約しようとずっと思っていた休眠カードなので、使わないなら利用可能額を減らすぞ!とかいう話かなと思いましたが、電話で話をしたところ、どうやら私のカードがネットで不審な利用がなされたらしく、その確認のための連絡でした。私のカードだけではなく、他のカードでも同様なパターンの利用があることから、不正利用と判断されたようです。

本来ならば新しい番号のカードに切り替えることになるのですが、解約しようと思っていたことを伝えると、切り替えではなく解約の手続きをしてくれることになりました。もちろん、不正利用分はシティカードが負担し、私には請求はきません。

私は割と頻繁にオンラインで利用明細を見たりしているので、万が一の場合も比較的早く気付くとは思いますが、それでも利用明細に載るまでに日数があるので、その前に連絡していただけると安心です。明細を見て、「なんじゃこりゃぁっsign03」って慌てなくて済みますから。シティカードの対応はとても丁寧でよかったです。シティカードはもう一枚持っているので、そちらはこれからも利用させていただきます。

しかし、更新されてから1度も利用しておらず、家に眠っているカードが不正利用されたということは、

・更新前のカードの利用情報が漏れて有効期限だけ変えて使われた
・クレジットマスターなどでカード番号を生成して使われた

などでしょうかね?

何はともあれ、カード会社、加盟店、会員のすべての協力で不正利用の防止と早期発見に努めましょう。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月27日 (金)

脱フランス開始

「脱フランス」を下記のとおり宣言し、開始しましたのでご報告させていただきます。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-2add.html

第1弾はフランスワインの切り替えです。

赤ワインを所望していて、本来ならフランスワインを買うべきところを国産にしました。「岩の原ワイン ヘリテイジ2008」です。

Iwanohara

私の好きなブルゴーニュとは全く異なりますが、いいでしょう。\4,200(税込)の日仏収支不均衡の改善ですdollar

後日、会社帰りに妻とバーで少し飲んで帰りました。私が「サイドカー」を注文して、作ってもらっているときに、ふと気付きました。「Remy Martin」も「Cointreau」もフランス物じゃないかsign03

まあ、サイドカー1杯で使われる酒量は大したことはないので、100円くらいでしょうか。

ということで、脱フランスの進捗は差し引き約4,100円。出足は順調(?)です。

東京電力は汚染水処理費用は20兆円などではなく、500億円ほど、と公表したとの報道がありますが、東電の情報は後で大きく「修正」されることがあるので、惑わされずに粛々と脱フランスを進めていく予定です。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月22日 (日)

修善寺「あさば」~撫子 2011年5月

3月に引き続き、修善寺「あさば」の宿泊記です。前回分はこちら。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/20113-6b94.html

部屋は前回と同じく撫子。広くて快適です。新緑がきれいでした。

Asaba_room_1

Asaba_room_2

Asaba_room_3

新緑の庭を眺めてぼんやりしたい方は動画をどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=b1Z1bKpaCYU

さて、夕食です。お供は静岡県出身の萬耀、磯自慢、亀。

Asaba_dinner_1

Asaba_dinner_2

竹の子菜のり揚げは前回のほうが風味が良かったような。

Asaba_dinner_3

Asaba_dinner_4

鯵のつみれの鍋は、臭みなどはまったくなく、出汁も美味。

Asaba_dinner_5

山葵も香りがいいです。

Asaba_dinner_6

前回は金目鯛の木の芽焼でしたが、今回は鱒。

Asaba_dinner_7

蛤の酢のものでさっぱりと。

Asaba_dinner_8

伊勢海老は前回と同じ。

Asaba_dinner_9

新じゃががホクホクで甘く、あっさりとした餡で包まれ、なかなかの美味。

Asaba_dinner_10

いつもの穴子ずし。

Asaba_dinner_11

甘い新玉葱、しゃきしゃきのクレソン、脂の乗った黒豚、うまくまとまっていていいです。

Asaba_dinner_12

食事の後のデザートはメロン、葛切り、ブラマンジェから選べたので、今回は葛切り。蜜もちょうどいい甘さ。

Asaba_dinner_13

よもぎのアイスも風味良し。

Asaba_dinner_14

夕食のコメントをするや否や朝食です。早っ!

Asaba_breakfast_1

Asaba_breakfast_2

Asaba_breakfast_3

焼魚は前回と同じゴソ(ハシキンメ)。

Asaba_breakfast_4

筍はえぐみが少し強かったかな。

Asaba_breakfast_5

Asaba_breakfast_6

小玉スイカは初物かも。

Asaba_breakfast_7

ぜんざいで〆。こちらも前回と同じだったかと。

Asaba_breakfast_8

夕食も朝食も前回とかぶるものが多く、かぶったものは前回のほうが美味しく感じましたが、そんなものですかね。

そろそろチェックアウトです。

我が家のアイドルユニット「スタンダール」の赤と黒が庭を眺めながら「次はいつ来られるかなぁ?」と話していました。秋には来てみたいと思っていますが、来られるかな?

Asaba_etc_1 

サロンでコーヒーをいただいて、お宿を後にしました。

Asaba_etc_2             

修善寺には何度も来ているわけですが、いまだに修禅寺には伺ったことがありません。ミシュランにも選ばれていることですし、次に来たときは拝観しようかなぁ。。。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月21日 (土)

脱フランス

私はこのブログ「消費性向100%」で、稼ぎはたいしたことのないサラリーマンながら一生懸命消費に励んでいることをお伝えしてきましたが、ただ漠然と消費していたわけではありません。いろいろな国への分散も考えていたのです。

日本の製品、サービスを利用することはもちろん多いですが、海外では、車はドイツ、ファッションはイタリアやフランス、紙製品はイギリス、クレジットカードや金融はアメリカ・・・等々、公平に分散消費するよう心がけてきました。が、見直さないといけないかもしれません。

報道によると、福島第一原発の汚染水処理にフランスのアレバ(AREVA)社の協力を得るそうですが、見込まれる費用がなんと20兆円sign03 何だこの金額はsign02

これが実現すると、さすがに東京電力では支払えないでしょうから、国民負担になるのでしょうね。私としては20兆円の債務を東電単体で抱えて、東電が破産することで、債権放棄してもらえばいいと思っているのですが。。。

一介のサラリーマンの私にはそんなスキームを実現することはできないので、フランスと日本の収支をバランスさせるために私なりにできることを考えてみました。

20兆円を日本の人口約1億人で割ると20万円。だとすると、国民一人当たり20万円の支出をフランス向けから日本向けに変えれば収支は変わらないことになります。

我が家の場合、私はフランスワインを止めて日本酒にするだけで実現できそうですし、妻もフランスブランドの化粧品やエステを国産に変えるだけで目標達成するでしょう。ついでにファッション関係もフランス製を全廃して日本製に切り替えて、フランス旅行にも行かなければ何世帯分かのカバーもできそうです。

日本の復興のため、思い切った消費の見直しを行おうと考えています。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月15日 (日)

ヒルトン小田原リゾート&スパ

初めてのヒルトン小田原リゾート&スパへの宿泊です。

部屋はデラックスルーム。広いですが、スカスカな気もします。

Odawara_1

Odawara_2

Odawara_3

Odawara_4

天気があまり良くありませんでしたが、眺望はいいです。動画はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=YDvrXT03rrY

Odawara_5

チェックイン後、すぐにスパのプールへ行って小一時間体を動かしてきました。温泉水を使ったプールで水流の中を歩いたりすると、結構疲れるものです。部屋に戻ってから少しうとうととしてしまいましたsleepy

水着は有料でレンタルできますので、手ぶらで行っても大丈夫です。それと、ここの良いところは大浴場もスパも、宿泊者はバスローブとスリッパで部屋から行けることです。

さて、夕食は5,000円ほどの和食御膳。和食会席という1万円ほどのコースを予約したかったのですが、取れずにこちらになりました。

しかし、これはちょっとがんばっていただかないと。。。こしあぶらのお浸しは美味しかったものの、わざわざリゾートに来てスーパーや回転寿司に負ける海鮮料理では寂しいです。

Odawara_6

Odawara_7

Odawara_8

その後最上階のバーで少し飲んで、部屋に戻って「ヒルトンハンバーガー」をルームサービスでいただきました。

Odawara_9

翌朝は大浴場の温泉に浸かり、帰路に着きました。

---あとがき---

こちらのホテルに宿泊したのには理由があります。

ちょっと前の「赤沢迎賓館」のブログ

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/2011-199b.html

に書いたとおり、糖尿病で車椅子が必要な義母がいます。義母と私たち夫婦の3人で旅をするのであれば、赤沢迎賓館で決まりでいいのですが、夏休みに小学生の姪(義姉の娘)も一緒にどこかへ連れて行こうと思っていて、小学生は宿泊不可の赤沢迎賓館以外のホテルか旅館を探し、ヒルトン小田原に白羽の矢が立ったのでした。義母と姪を連れてきて、二人とも楽しめるかどうかをチェックすることが目的でした。

結論としては、姪を楽しませるだけであれば良いですが、義母を連れてはちょっと難しい、というところです。

車椅子でのアクセスは特に問題はないと思います。今回はバリアフリーの部屋ではありませんが、広々としていますし、多少は歩ける義母ならばトイレも不自由はないでしょう。

スパは赤沢スパと比べて広いですが、いくつかのエリアに分かれていて、出入りするのに何度も階段を上り下りする必要があり、中には段差が大きいところがあるので、足腰が弱いと辛いかもしれません。また、子供がたくさん動き回っているので、機敏に動けない義母はストレスを感じるかもしれません。

大浴場は湯船に入るところには手すりがあり、段差もきつくはないので大丈夫かと。塩素臭が強かったのは残念ではありますが。

あとは料理です。料理を楽しみにしている人には和食御膳では残念すぎると思います。和食会席、洋食やバーベキューなら楽しめるのでしょうか?

夜にバーでジャズの生演奏を聴きながら一杯飲んでいるときにも小さい子どもが叫んだりしていたので、子連れには気軽でいいのかもしれませんが、大人が普通に寛ぐ場所としてはちょっと・・・。

全体的に、リゾートだから仕方ない、と割り切らないといけないことが多いように思えました。敷地はとても広いので、気兼ねなくはしゃげるところと静かに過ごせるところを分けたり、レストランなどもバリエーションを増やしたりして、誰でも自分に合った居場所があるような形になるといいのですが、難しいですかね。。。

義母と姪を連れての旅、目先を変えて探してみます。いいところをご存知の方、情報をいただけると幸いです。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月13日 (金)

サイアミーズフィン(Siamese Fins)

銀座三越でお買い物ついでにランチです。

前回は飄香(ピャオシャン)でしたので、今回は「サイアミーズフィン(Siamese Fins)」にしました。3,500円くらいの土鍋フカヒレです。

前菜の鴨のローストなど。

Fins_1

鶏の蒸し物。

Fins_2

フカヒレのトッピング用の野菜。

Fins_3

これもフカヒレのトッピング用のパクチー。左側のグラスに入っているのは黒酢で、右側は青唐辛子の辣油です。爽やかな辛さが気に入りました。

Fins_4

土鍋フカヒレ。蟹肉と鮑が入っています。

Fins_5

デザートの胡麻ムースで終了。

Fins_6

味は全体的に濃い目でしたが、美味しくいただきました。車でなければシンハービールでいただくと、より美味しいかもしれません。

Kind Regards,

ブリュレ

 

2011年5月11日 (水)

鮨かねさか2食目

1年ぶりに銀座の「鮨かねさか」での夕食です。

前回は客の半分は外国人でしたが、今回は100%日本人(だと思う)。震災の影響がまだ続いているのでしょうか。写真をパチパチ取っている外国人がいないので落ち着いている半面、私も写真を取りにくいという問題があったので、今回も写真なし。

おつまみをいくつか頂いてから握っていただきました。

ほぼ同じ季節の前回に比べるとネタが全体的にイマイチな感じで、もちろん美味しいのですが、感動はありませんでした。仕入れが限られているとかいう理由があるのかもしれません。

でも、気に入っているお店ではあるので、また日を改めて行こうかと。

Kind Regards,

ブリュレ

ホテル西洋銀座

The Leading Hotels of the World加盟のホテルは国内外でいろいろ利用しているものの、都内で唯一宿泊したことのなかった銀座の「ホテル西洋銀座」に初めて宿泊してきました。

部屋はデラックス・ブードア・キングです。ベッドは広く、ドレッサーは明るく使いやすいです。

Seiyo_room_1

Seiyo_room_2

Seiyo_room_3

Seiyo_room_4

地下1階のケーキショップで買ったケーキを食べて一服。手前の一風変わったモンブランも含めて、どれも美味しいです。

Seiyo_cake

その後、夕食は「鮨かねさか」へ。ホテル内の「真魚」も候補だったのですが、かねさかさんの予約が取れたので今回はかねさかさんです。ルームサービスで真魚さんのお鮨もいただけるようなので、それを利用するのもいいかもしれません。

チェックイン、チェックアウト、車の出し入れなど、すべてスムーズで、スタッフの方々の応対もとても感じよく、快適な滞在でした。

これでLHW加盟のホテルは都内制覇ですが、国内では「帝国ホテル大阪」と蔵王の「竹泉荘」が残っています。Relais & Chateauxの国内の宿では「神戸北野ホテル」、「扉温泉明神館」、「ホテル・アナガ」が未踏です。どちらの制覇が早いかな?

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月 6日 (金)

赤沢迎賓館 2011年春

1年ぶりの赤沢迎賓館です。前回のブログはこちら。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-6c36.html

本題に入る前に、少々前置きを。

私の義母は糖尿病を患っていて、目と足も悪く、長い距離を歩くことが難しいので、車椅子を使っています。トイレに行ったり、用意された食事をするなどは自分でできますが、かなりのことを人に頼らざるを得ないため、義姉の家で世話になっています。ときどきデイケアサービスを受けているようですが、体を動かす機会があまりないそうなので、運動不足です。リハビリと気分転換、世話をしている義姉家族の息抜きのために、義母を外に連れ出そうと考え、思い付いたのが赤沢迎賓館です。併設の赤沢スパならば、足に負担をかけ過ぎずに歩いたり、ジェット水流でマッサージもできて良いかも、と思ったからです。予約の際に事情を伝えておきましたが、病院と自宅以外での泊まりは初めて。大丈夫か少々不安ではありました。。。

さて、車で少々早めに現地に到着し、立派な門の前で義母は「え、何?ここに泊るのsign02」と、少々驚き気味smile

門をくぐるとすぐに出迎えていただき、ロビーで一服。そのとき、部屋に義母用の椅子を用意しようかと勧めてくださって、お言葉に甘えることにしました。ロビーなどから一番近い1階の部屋に通していただきました。

ロビーから見る庭も部屋もすべて感心しきりで、お殿様になった気分だと言っていました。

Room_1

Room_2

部屋露天風呂は段差は小さく、手すり付きなので義母も入りやすかったようです。

Room_3

一休みしてからリハビリと気分転換の開始です。

まずは赤沢スパの海洋深層水プールです。プールのすぐ近くまで車椅子で入れていただけたので、アクセスは楽でした。水流の中を歩いて、ジェットでのマッサージを楽しみ、「寝湯」で温まって、小一時間があっという間に過ぎました。

続いては「三大ドームエステ」。最初に塩に満たされた「ソルトピット」で黒豆茶をいただきながら浄化され、次の「タラソハマム」では海藻パックをしながらスチームサウナで汗をかき、最後の「ヒーリングドーム」で高濃度酸素とアロマで癒されます。

このドームエステは一部屋6人くらいまで一緒に受けられます。我が家は別のカップル1組と一緒でした。こちらも車椅子で部屋の近くまで入れていただけたので助かりましたが、車椅子の乗り降りなどで時間が少し余計にかかったので、一緒になったカップルを待たせてしまい、ちょっと迷惑だったかもしれません。申し訳ないです。。。

では、夕食です。食事処でいただきます。エレベーターから一番近いテーブルに通していただき、車椅子のまま個室風のテーブルに直行です。

Dinner_1

トマトの風味が良いです。

Dinner_2

私のこの日の燃料は地元静岡の「磯自慢」にしようと思いましたが、品切れでしたので代替燃料の「八海山」。この器、「八千代切子」と仰っていたような。。。奇麗です。

Dinner_3

「天然クレソン」はクレソン特有の香りが強くなく、上品でしゃきしゃきの歯触り。

Dinner_4

もずくの磯の香り、あさりと鱚の旨み。。。

Dinner_5

右からコリコリの石鯛、プリプリの鬼かさご、柔らかく脂の乗った金目鯛。味だけでなく食感の違いも楽しめます。

Dinner_6

竹の子も美味しいですが、赤万願寺の甘みもまたよろし。

Dinner_7

口直しのソルベは甘すぎず、ちょうどいいです。

Dinner_8

代替燃料第2段は「久保田萬寿」。何とかビードロという酒器ですが、失念coldsweats01

Dinner_9

焼物の肉も魚もいいですが、奥の醍醐蒸しは濃厚なチーズ入り茶碗蒸しみたいで、こちらも美味。

Dinner_10

山菜のご飯と漬物と味噌汁で終了。

Dinner_11

デザートも甘さ控えめ。

Dinner_12

バターを使った料理などが含まれていた前回と比較して、よりヘルシーな感じがします。事前に低カロリーメニューがあればお願いしますと伝えていたので、それを酌み入れていただいたようです。おかげさまで、義母も残さずいただくことができました。

私たち夫婦も前回以上に美味しく感じました。

部屋の露天風呂で温まって、就寝sleepy

朝です。朝食は夕食と同じテーブルでした。

Breakfast_1

Breakfast_2

Breakfast_3

Breakfast_4

朝食後は部屋の露天風呂に入って、ゆっくり過ごそう、と思っていましたが、妻と義母は1時間も入りっぱなしだったので、私が入る時間が・・・crying

持ち帰れるDHCの化粧品などを義姉夫婦へのお土産として、帰路に着きました。

赤沢迎賓館は部屋やスパなどの施設、料理、スタッフの方々の対応など、どれを取ってもとても良いです。車椅子の利用については、設備的にもスタッフの方々の配慮の面でも、旅館としては申し分ないと思います。義母は今回の宿泊を「こんな素晴らしいところがあるなんて。。。夢のような時間を過ごさせていただいた。」と言って、大満足していましたので、これから先も義母と3人での旅館宿泊はこちらで決まりとなりそうです。

健康な方にも、義母のように不自由がある方にも、安心してお勧めできるお宿だと思います。

[動画コーナー]

いつものように、部屋露天風呂
http://www.youtube.com/watch?v=Zy-JzX1Je7o

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月 4日 (水)

最近暑いので

最近かなり暑いので、家ではビールや発泡酒を飲むことがほとんどですが、ちょっと普段と変わったものでも飲んでみるか、と買ってきたのが甲州スパークリングワインと小樽ビール。

Drink

この甲州スパークリングワインは果実味があり、きりっと締まっていてなかなか美味しいです。日本のワインはほとんど飲んだことがないですが、美味しいものもあるのですね。また買ってみよう。

今日は小樽ビールで晩酌。こちらはどうかな?

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月 3日 (火)

ヨコハマカーケアぽーと

我が家の洗車場、ららぽーと横浜の「ヤナセヨコハマカーケアぽーと」から3月末でヤナセが撤退し、「ヨコハマカーケアぽーと」になったそうです。それで私の顔と車を覚えてくれている方が二人ともいなかったのか・・・

ヤナセ撤退に伴い、メニューが増えたり安くなったりしているそうです。

高速道路料金が休日上限1,000円になって渋滞が増えたように、こちらも安いメニューで混むようになるのでしょうか。

もう1か所くらい快適な洗車場を探しておこうかな。。。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年5月 1日 (日)

飄香@銀座三越

銀座三越の飄香(ピャオシャン)でランチをいただきました。

芙蓉コース、前菜は三種類、ピータン豆腐、蒸し鳥とウド、クラゲの赤酢です。

Piaoxiang_1

フカヒレの酸辣スープ。爽やかな酸味と辛味がとても美味しい。

Piaoxiang_2

牛肉のクミン炒め。肉は柔らかく、香りもよく、これもなかなか美味しいです。

Piaoxiang_3

オマールのチリソース。さほど辛くはありませんが、これもいいです。

Piaoxiang_4

〆は坦々麺と麻婆豆腐が選べるので、妻と別々に選びました。

坦々麺は麺の下にスープが入っています。量は少ないですが、山椒が効いていて美味しいです。

Piaoxiang_5

麻婆豆腐のほうが辛さはマイルドかも。といっても、これまでの料理では辛いほうです。量は坦々麺よりあるので、たくさん食べたい方は麻婆豆腐がお勧めです。

Piaoxiang_6

デザートは三種類から選べて、杏仁豆腐にしました。中国茶もいくつかから選べます。

Piaoxiang_7

このコースは5,000円弱とリーズナブル。買い物ついでに、また利用させていただこうかと思います。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »