« サイアミーズフィン(Siamese Fins) | トップページ | 脱フランス »

2011年5月15日 (日)

ヒルトン小田原リゾート&スパ

初めてのヒルトン小田原リゾート&スパへの宿泊です。

部屋はデラックスルーム。広いですが、スカスカな気もします。

Odawara_1

Odawara_2

Odawara_3

Odawara_4

天気があまり良くありませんでしたが、眺望はいいです。動画はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=YDvrXT03rrY

Odawara_5

チェックイン後、すぐにスパのプールへ行って小一時間体を動かしてきました。温泉水を使ったプールで水流の中を歩いたりすると、結構疲れるものです。部屋に戻ってから少しうとうととしてしまいましたsleepy

水着は有料でレンタルできますので、手ぶらで行っても大丈夫です。それと、ここの良いところは大浴場もスパも、宿泊者はバスローブとスリッパで部屋から行けることです。

さて、夕食は5,000円ほどの和食御膳。和食会席という1万円ほどのコースを予約したかったのですが、取れずにこちらになりました。

しかし、これはちょっとがんばっていただかないと。。。こしあぶらのお浸しは美味しかったものの、わざわざリゾートに来てスーパーや回転寿司に負ける海鮮料理では寂しいです。

Odawara_6

Odawara_7

Odawara_8

その後最上階のバーで少し飲んで、部屋に戻って「ヒルトンハンバーガー」をルームサービスでいただきました。

Odawara_9

翌朝は大浴場の温泉に浸かり、帰路に着きました。

---あとがき---

こちらのホテルに宿泊したのには理由があります。

ちょっと前の「赤沢迎賓館」のブログ

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/2011-199b.html

に書いたとおり、糖尿病で車椅子が必要な義母がいます。義母と私たち夫婦の3人で旅をするのであれば、赤沢迎賓館で決まりでいいのですが、夏休みに小学生の姪(義姉の娘)も一緒にどこかへ連れて行こうと思っていて、小学生は宿泊不可の赤沢迎賓館以外のホテルか旅館を探し、ヒルトン小田原に白羽の矢が立ったのでした。義母と姪を連れてきて、二人とも楽しめるかどうかをチェックすることが目的でした。

結論としては、姪を楽しませるだけであれば良いですが、義母を連れてはちょっと難しい、というところです。

車椅子でのアクセスは特に問題はないと思います。今回はバリアフリーの部屋ではありませんが、広々としていますし、多少は歩ける義母ならばトイレも不自由はないでしょう。

スパは赤沢スパと比べて広いですが、いくつかのエリアに分かれていて、出入りするのに何度も階段を上り下りする必要があり、中には段差が大きいところがあるので、足腰が弱いと辛いかもしれません。また、子供がたくさん動き回っているので、機敏に動けない義母はストレスを感じるかもしれません。

大浴場は湯船に入るところには手すりがあり、段差もきつくはないので大丈夫かと。塩素臭が強かったのは残念ではありますが。

あとは料理です。料理を楽しみにしている人には和食御膳では残念すぎると思います。和食会席、洋食やバーベキューなら楽しめるのでしょうか?

夜にバーでジャズの生演奏を聴きながら一杯飲んでいるときにも小さい子どもが叫んだりしていたので、子連れには気軽でいいのかもしれませんが、大人が普通に寛ぐ場所としてはちょっと・・・。

全体的に、リゾートだから仕方ない、と割り切らないといけないことが多いように思えました。敷地はとても広いので、気兼ねなくはしゃげるところと静かに過ごせるところを分けたり、レストランなどもバリエーションを増やしたりして、誰でも自分に合った居場所があるような形になるといいのですが、難しいですかね。。。

義母と姪を連れての旅、目先を変えて探してみます。いいところをご存知の方、情報をいただけると幸いです。

Kind Regards,

ブリュレ

« サイアミーズフィン(Siamese Fins) | トップページ | 脱フランス »

国内の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サイアミーズフィン(Siamese Fins) | トップページ | 脱フランス »