« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

ザ・キャピトルホテル東急

ザ・キャピトルホテル東急、20年以上前に近くの高校を卒業し、卒業生全員で食事をしたり、社会人になってからも、建て替え前に知人と「源氏」で食事をした、思い出のある場所ではありますが、建て替え後の初訪問、初宿泊です。

部屋はデラックスキング。部屋のドアを開けると障子があります。

1

かなりゆったりとした造りです。

2

3

お風呂の給湯は勢いがあるので、泡風呂が簡単にできました。

4

昼間の窓外。

5

6

そして夜景。

7

今回は海外との電話会議に出席するための宿泊(自腹weep)でしたので、夕食はルームサービスで軽く済ませました。

8

9

ルームサービスのメニューは充実していないのが残念ですが、味は良いかと思います。

この電話会議、急遽リスケになってしまい、何のための宿泊だったのか分からなくなってしまいましたが、昔を思い出すことができたので良かったとしましょう。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年6月26日 (日)

下田蓮台寺温泉「清流荘」

伊豆は下田の蓮台寺温泉にある「清流荘」での初めての宿泊です。

Lantern

あいにくの雨模様ですが、庭の紫陽花が映えます。

Ajisai_1

Ajisai_2

ロビーから見る風景もなかなか良いです。

Lobby

さて、今回宿泊した部屋は「東館 半露天風呂付き」というところで、ベッド2台が付いています。3名以上の場合は畳に布団となるようです。リニューアルして間もないそうで、段差も少なく快適です。

Room_1

バルコニーからは山々、下には川が流れています。

Room_2

部屋のお風呂は温泉で、一人で広々と入れるサイズです。石も木も気持ちいいお風呂です。

Room_3

いつもなら早速部屋のお風呂に入って寛ぐところですが、今回は違います。まずはプールです。

Spa_1

25mの温泉プールは日本の旅館には珍しい、異国情緒を漂わせる空間です。写真右側の建物にはサウナなどの設備があります。

チェックインして間もないためか、しばらくは私たち夫婦の貸切となりました。

写真左側のほうには大浴場があり、プールを利用する場合は、着替えは大浴場ですることことになります。部屋には浴衣、作務衣、バスローブがあるので、部屋で水着に着替えておいて、バスローブでも羽織って、大浴場で水着になるのがスムーズでしょう。泳いだ後は大浴場で温まって部屋に戻れます。

誰もいなかったので大浴場の内風呂と露天の写真をパチリ。ここは深夜0時まで男性用、それ以降は女性用になります。

Spa_2

Spa_3

部屋に戻り、妻はスパトリートメント、私はいつものパターンに戻ります・・・

Bath

Beer

それでは夕食の抜粋を。食事処でいただきます。

Dinner_1

さすがは下田。伊勢海老や鮑、カンパチなどは美味です。

Dinner_2

アイナメの椀もあっさりと。

Dinner_3

金目鯛の蒸し物は餡も美味しい。

Dinner_4

和牛の陶板焼きは霊感の強い人には顔に見えるらしいです。。。

Dinner_5

鮎の蒸し物、ニューサマーオレンジソースは、私としては塩焼きのほうが・・・

Dinner_6

当館の名物料理「笠子和蘭蛇」、カサゴの唐揚げです。和牛などをいただいた後には結構ヘビーです。

食事やデザートでお腹一杯を通り越しました。

で、朝食です。夕食と同じ席でいただきます。

Breakfast_1

干物は金目鯛。夕食の時に鯵、鯖など数種類から選んでおきます。

Breakfast_2

鰆の朴葉味噌焼き。

Breakfast_3

朝もしっかりボリュームがあります。

帰りにおみやげに甘夏をいただきました。

下田は遠いですが、来た甲斐がある宿泊となりました。

帰りの電車まで時間があったので、下田公園のほうを一回りしてきました。ちょうど「あじさい祭」が行われていて、結構人も出ていました。それでは下田公園のあじさいコレクションをどうぞ。

Ajisai_3

Ajisai_4

Ajisai_5

Ajisai_6

Ajisai_7

Ajisai_8

下田にはいろいろな有名人が来られたようで、あちこちにその史跡が残っています。

4

5

Anpan

[動画コーナー]

スーパービュー踊り子号@熱海駅
http://www.youtube.com/watch?v=Gwi82vqFNSc

清流荘の部屋からの眺め
http://www.youtube.com/watch?v=aLWe30YwqOA

清流荘の部屋の半露天風呂
http://www.youtube.com/watch?v=amkYLuTyEqY

寝姿山ロープウェイ
http://www.youtube.com/watch?v=6TWfpkrAAAo

なかなか気に入ったので、もしかすると、近いうちに再訪するかもしれません。

再訪の記事はこちら。
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-0a4a.html

Kind Regards,

ブリュレ

クーラーボックスの性能

東京電力も政界も財界も電力不足の克服に一致団結して迅速に対応しているようなのでsmile、心配は無用なのかもしれませんが、停電した時に冷たいものを確保できるよう、ちょっといいクーラーボックスを購入しました。

「SHIMANO FIXCEL PREMIUM 300」。容量30Lで定価\47,500なので高いですが、いざというときのためですし、釣りにも使える(というか、本来釣り用)ので、いいでしょう。

シマノのクーラーボックスの性能基準として「I-CE」というものがあります。外気温31度で容量の20%の氷が溶け切るまでの時間を表わすもので、このフィクセル・プレミアム300の性能値は「I-CE 90h」、つまり6Kgの氷が90時間で溶け切る、ということになります。

しかし、6Kgの氷と言っても、普通の冷凍庫で凍らせた数センチ角の氷と、超低温で作られた大きなブロックの氷では全く違うでしょうから、かなり曖昧な基準です。また、メーカーによっても基準が異なるため、異なるメーカーの製品では比較のしようがありません。客観的な方法で統一基準があればいいのですが。。。

と言っていても仕方ないので、自分でテストをしてみようかと思いました。

手始めに、冷凍庫に入っていた保冷剤「ロゴス 倍速凍結氷点下パックL(900g)」2個を入れてクーラーボックス内の温度を測ったところ、結果はざっくりと下記のとおりでした。途中でのクーラーの開閉はありません。保冷剤の残りは感覚的なものです。

 5時間後: 2度。保冷剤残り約8割
 14時間後: 8度。保冷剤残り約1割

外気温はおおむね25~26度で、保冷剤以外には何も入れていないとは言え、少ない保冷剤で結構低温を保てるようです。一時的な冷蔵庫としての期待は持てそうです。

次回は保冷剤を増やし、保冷剤の温度と配置なども明記して結果をこちらに載せようと思います。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年6月20日 (月)

祝!高速道路休日上限1000円中止!!

これで追い越し車線をタラタラ走り続ける車が減り、間抜けな事故も減り、快適な道路になることを願います。

Kind Regards,
ブリュレ

2011年6月19日 (日)

ここはどこ?

雨上がりの小一時間、散歩をしてきました。

紫陽花には雨が似合います。

1

2

この標識を見て、ここがどこだか・・・

3

4

外国人のおじさん: 分かるかな?

5

日本人のおじさん: 分からんぜよ!

Kind Regards,

ブリュレ

2011年6月10日 (金)

清涼感

暑さも増してきている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

私が清涼感を得るために最近愛用しているのが「ハッカ」です。

Mint

どれも食用にもできるそうですが、もっぱら利用しているのは部屋とお風呂の香り付けです。写真左の無色透明のスプレーを部屋にさっと一吹きしてもいいですし、肌にスプレーしてもスースーして気持ちいいです。

右から二番目の濃い色のオイルはお風呂に入れています。口がちょっと広いので1滴だけ入れるのは難しいですが、適当にドボっと入れてお風呂に入ると全身清涼感に包まれます。

一番右の結晶も芳香剤/防虫剤(?)としてあちこちにセットしています。

夏を乗り越えるためのグッズ、いろいろ調達しないと。。。

Kind Regards,

ブリュレ

夏をどうやって乗り切るか

政界も財界も震災復興の巨大な利権獲得に奔走、闘争されているところ恐縮ですが、暑がりの私はこの夏をどう乗り切るかなどという小さなことに悩んでいます。

今年は夏休みを長くする会社があるなどと報じられていますが、私の勤務先ではそのような気運はまったくなく、すでに異常に暑くなっているオフィスでの勤務を強いられそうです。このままでは体が持ちそうにありませんので、冷却グッズや週末の避暑地への旅など、快適さを得つつ、消費拡大で社会に貢献できる方法を模索しています。

政治家さんたちの活動のように大きな見返りを期待しているものではありませんが、庶民にできることをコツコツとやっていこうと思います。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年6月 6日 (月)

人との距離

皆様は見ず知らずの人との物理的距離をどのように取られるでしょうか?

例えば、飲食店などのカウンターで下図のような座席があり、1と3は見知らぬ人が座っていて、他の席はすべて空いているとします。この店に入り、店員が席を指定しない場合、どの席を選びますか?

Counter

私なら窮屈になるのを避けて5番以降を選びますが、この前ランチで入った店で私が3、他の人が1に座っていたとき、次に来た50代のオッサンは2に座りました。

次は銭湯です。

学生時代、下宿先にはお風呂がなかったので、銭湯通いをしていました。ある時、私が浴槽の角に一人で入っていると、知らないお爺さんが体などを洗わずに私のすぐ隣に入ってきて体が触れるところに座り(下図)、タオルで体をゴシゴシ擦り始めたことがあります。しかも、口が異常に臭い。我慢できずにすぐに出ました。その夜は高熱が出て震えが止まらず、本当に死ぬかと思いました。それ以来、銭湯嫌いになり、私が温泉宿で温泉部屋風呂にこだわるのはこのトラウマのせいかもしれません。

Bath

最後に、駐車場です。

ショッピングモールや観光地などの駐車場で車を停めるとき、私はお店などから離れた場所に停めます。多くの人はお店などに近いほうに停めるので離れたところは空いていて、ドアをぶつけられたり乗り降りがしにくくなる可能性が低いためです。

以前、どこかの観光地の駐車場で店から離れたところにポツンと車を停めました。駐車場の状況は下図のような感じで、灰色が塞がっていたところ、赤色が私が停めたところです。私の周りはガラガラです。用を済ませて車に戻ると、右隣に車がありました。しかも来たばかりらしく、その人たちが降りて後部座席から荷物をゴソゴソと出したりしている間、私は車に乗り込めず、ずっと待たされました。運転手は50代から60代の男性です。

Parking

これらの事象から物理法則の公式を考え付きました。

 G = KY

私はまだGではありません。多分。。。

Kind Regards,
ブリュレ

温泉宿の部屋風呂

温泉宿を探すときにいつも面倒なこと、それは部屋のお風呂が温泉かどうかを調べることです。

私がときどき利用するネットの旅行サイトではいろいろな検索条件で宿を探すことはできますが、「露天風呂付き客室あり」という条件で見つかった宿でも部屋の露天風呂は温泉でないことがあります。温泉であるとも温泉でないとも明記されておらず、宿の公式ホームページ上でもはっきりしない場合もあります。

私としては部屋のお風呂が露天か内風呂かという形状よりも、温泉か否かのほうが重要です。温泉宿に泊まって水道水のお風呂に入るのもなんですから。。。宿に電話して聞けばいいのですが、いちいち電話するのではネット予約の意味がなく、手間が掛かりすぎです。

そのため、旅行代理店に「露天でなくてもいいので部屋で温泉に入れるところ」という条件で宿を探していただいたりして、部屋風呂が温泉かどうか不明の宿は基本的に避けています。

皆様にとっては露天vs内風呂と温泉vs水道水、どちらが宿選びで重要でしょうか?

Kind Regards,
ブリュレ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »