« クーラーボックスの性能試験 | トップページ | 扉温泉「明神館」 »

2011年7月11日 (月)

本物のスーパークールビズ

早くも梅雨が明けて、スーパークールビズ真っ盛りの今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

世の中でスーパークールビズと言っても、カジュアルな服装を許している程度でしょうが、何が「スーパー」なのかさっぱり分かりません。私に言わせれば、生温いこと極まりない、幼稚園のお遊戯みたいなものです。私の「クール」はそんな半端なものではありません。保冷剤で体を冷やします。

私の最近の通勤カバンの中身をお見せしましょう。保冷剤(とタオル)だけです。ノートパソコン?システム手帳?そんな玩具など一切ありません。

Cool

保冷剤として使っているのは、クーラーボックスの性能試験にも使っている「ロゴス 倍速凍結氷点下パック」と、「3M コールド/ホットパック」です。

写真は倍速凍結氷点下パックM(600g)と、それを4つまで入れられるソフトクーラーボックス「氷点下パック・クールキーパー」 です。

Logos

3M コールド/ホットパックは普通の冷凍庫で冷やしてもあまり固くならない保冷剤です。専用の固定用ベルト付きのものもあります。

3m

3Mの保冷剤を2個と、ロゴスのLサイズ2個またはMサイズ4個、毎日どう使っているか。

今使っている通勤カバンは実はクーラーバッグで、釣り具を買ったときにおまけでもらったSeven Infinityというブランドのものです。地味なパソコンバッグのようにも見えるので、目立たず、いい感じです。目立ちたがり屋なら上の写真にあるロゴスの氷点下パック・クールキーパーで通勤するといいでしょう。冷たい視線も得られるかもしれません。

家の冷凍庫で冷やした保冷剤をクールバッグで冷やしたまま運びます。

会社に着いたら、3Mの保冷剤を1個取り出し、固定用ベルトに入れて首、肩、腰、腕や脚を冷やします。しばらくすると温くなってきますので、そうしたら、温くなった保冷剤をバッグに戻し、冷たい3Mの保冷剤を取り出して体を冷やします。それを繰り返します。

要するにロゴスで3Mを冷やし、3Mで体を冷やすわけです。

使い方にもよるかと思いますが、私はこれで9:00 - 18:00くらいは持つので十分です。

冷蔵庫代わりにバッグに飲み物を入れておけば、いつでも冷え冷えのものが飲めます。仕事中なので、ビールは入れていませんが・・・

本物のスーパークールビズを検討されている方にご参考まで。

注意事項:保冷剤で体を冷やすと凍傷の恐れがあるので、同じ場所を長い時間冷やし続けないようにご注意を。3Mの保冷剤には20分以上同じ個所を冷やすな、と書かれています。「凍傷になっちゃった。どうしょう。」なんて洒落にはなりませんから。。。

Kind Regards,

ブリュレ

« クーラーボックスの性能試験 | トップページ | 扉温泉「明神館」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブリュレ兄さん しゅごぃっ! 参った   ・・・で

>「凍傷になっちゃった。どうしょう。」

座布団 1枚!

ダメおやぢ様、おはようございます。

座布団ありがとうございます。座布団に保冷剤を埋め込んでも
いいかもしれませんね。

今日も蒸し暑いオフィスで冷却装置はフル稼働です。。。

そ、そこまでやれるのはすごい!

是非、国会でも真似して欲しいっす!

SORA様、こんばんは。

私、保冷剤の交換などに費やす時間が多くて、ほとんど
仕事をする時間がありません。

国会で真似したら、今以上に税金泥棒になりますが。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クーラーボックスの性能試験 | トップページ | 扉温泉「明神館」 »