« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月25日 (日)

シェラトン都ホテル東京

ホテルとしては都内最大級のプールがある、ということで泊ってきました。シェラトン都ホテル東京。以前にも泊ったことはありますが、プールは初めてです。

部屋は11階。

Room

部屋からの眺め。青空が奇麗で、本当は近くの自然教育園や庭園美術館を散策しようと思っていたのですが、暑いので取り止め。

View

で、プールは25m×9m×1.2m。写真右側の2レーンは会員専用で、宿泊客向けは3レーン分くらいの広さです。写真一番奥の一段高くなっているところはジャグジーです。

Pool

こちらは会員の方を含め、結構年配の方が多いようでしたが、30分くらい泳いだり歩いたりしていると、家族連れが数組来て混み合ってきたので引き揚げました。更衣室のお風呂やリラクゼーションルームも結構な人だったので、すぐ部屋へ戻りウダウダし始めました。。。

妻はヘルニア持ちで、腰に負担がかからないように運動するために最近プールを利用するようになってきたのですが、あまりゆっくりできなかったのは残念です。

妻が腰の調子が特に悪く長時間座っているのが辛いことと、お店も混んでいるといけないので、夕食はルームサービスです。

冷菜の盛り合わせ。

Dinner_1

あおりいかの青じそ炒め。

Dinner_2

鮑の煮込み。

Dinner_3

麻婆豆腐も注文したのですが、撮り忘れたようです。

ワインは「La Crema Sonoma Coast Chardonnay 2006」。

プールはあまり楽しめなかったものの、料理は結構美味しく、運動しに行ったはずが、体重を増やしたような気がします。。。ま、いいか。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年9月15日 (木)

ちょっと体を動かしに

永田町では税金を使って好きなだけ足を引っ張り合い、ストレッチを楽しんでいる最中、私は自腹で運動不足解消に出かけてきました。

まずは大事なお知らせから。

0

入ったこともないお店なので、私がお知らせするべきかどうかためらいましたが、袖すり合うも多生の縁、ということで、とりあえずお伝えしておきます。

それでは、近くの公園を散歩。

Hamarikyu_00

Hamarikyu_01

上の写真を見て、視野が狭く、こそこそと自分の保身ばかり考えている霞が関や大企業の患部(←誤字?)になったみたいで気分が悪い、と思われる方がいらっしゃるといけないので、別の場所も撮りました。

Hamarikyu_1

Hamarikyu_2

Hamarikyu_3

Hamarikyu_4

FinePix X100のVelviaモードは、やっぱり鮮やかです。。。

小一時間の散歩でしたが、暑さもあって疲れたので、屋内に退避することにします。。。

Hamarikyu_5

部屋はこんな感じ。

Conrad_1

Conrad_2

Conrad_3_2

ルームメイト。

Conrad_4

Conrad_7

部屋によっては高い塔も見えます。

Conrad_6

Conrad_5

すぐにプールで一泳ぎ。

25mあるので、ちゃんと泳げます。幅は5mほどで、向こうからバタフライ本気泳ぎの人が来たら逃げたくなると思いますが、譲り合えば3人くらい横並びで大丈夫です。深さは1mと浅いので、上下で人とすれ違う場合は接触しないように注意が必要です。

Pool_1

Pool_2

動画はこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=VDLX6YT_niA

更衣室には一人用ジャグジーが4つとサウナが2箇所あったと思います。

プールは会員と宿泊者のみの利用のせいか、混んではいませんでした。もちろんジムもありますし、都内で宿泊して体を動かすにはなかなか快適な場所だと思います。

お腹がすいたので、ルームサービスで中国料理をいただきました。こちらのホテルではメニューは限られますが、ルームサービスでも本格的な中国料理がいただけるのがいいところです。 もちろん、ロビーフロアのレストランに行けばもっと美味しい料理がいただけます。

Dinner_1

Dinner_2

Dinner_3

Dinner_4

Dinner_5

Dinner_6

Dinner_7

ワインは

Mâcon La Roche Vineuse "Vieilles Vignes" (Olivier Merlin, 2006)

だったかと。

プールで消費したカロリー以上に食べてしまったような気もするので、翌日はエグゼクティブラウンジで朝食後、またプールへ。。。

公園とプールと宿泊。都内の定番コースになりそうな予感。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年9月 5日 (月)

温泉の効能の科学的根拠

私は温泉によく行くものの、少なくとも数泊程度の利用では温泉と沸かし湯に大した効能の差はないと思っています。気持ち的には温泉は健康にいいように思えますし、美味しいものを食べてゆっくりと寛ぐことでリラックスできれば満足なので、温泉成分について特に気にしたことはありません。強いて言えば、循環式で塩素臭が気になる温泉よりは源泉かけ流しのほうがいい、というくらいです。

ですが、ちょっとネットで気になった温泉成分関連の話がありました。

あるサイトで、ラドン泉として有名なM温泉について下記のようなことが書かれていました。

 ・M温泉は呼吸器系の疾患に効果が高い
 ・M温泉は食塩濃度が高い
 ・食塩を含む湯気で鼻や喉が刺激され、ウィルスや菌が痰や鼻水として排出される
 ・その効果があるため、M温泉の源泉100%の化粧水も人気

しかし、疑問がいくつかあります。

まず、M温泉はラドン泉としてはとても有名ですが、温泉成分を見る限り、塩分はさほど高くありません。熱海などのほうがはるかに高濃度なので、熱海などの温泉のほうが呼吸器系の疾患に効果が高いということでしょうか?

次に、食塩を含む湯気がポイントなのであれば、鍋にM温泉よりも濃い食塩水を入れて沸かせば家庭でも簡単に高い効果が得られるので、温泉に行く必要はないということでしょうか?

最後に、化粧水は吸って使うのでしょうか?

この世の中、私の頭では理解できないことが多過ぎます。。。

M温泉には行ってみたいと前々から思っているのですが、健康に影響のない、基準値以下のヨウ素やセシウムの不明量を強制摂取させられている昨今、ラドンを追加摂取していいものかどうか分からず、二の足を踏んでいます。

せめてファミレスのメニューやコンビニ弁当などに

 ハンバーグ温野菜添え: 869Kcal 塩分2.5g 63ベクレル

などと書かれるようになれば、「今週末はM温泉に行ってちょっとラドンを足そうか。」みたいな気分になる可能性は無きにしも非ずのような気がしないでもないですが。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年9月 2日 (金)

蓮台寺温泉「清流荘」再訪

伊豆下田の蓮台寺温泉「清流荘」に再訪しました。前回の記事はこちら。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-dbe0.html

宿に向かう途中、旧天城トンネル(天城山隧道)と河津ループ橋を通りました。

旧天城トンネルに窓を全開で入って行ったら、「やだ、やだ~。窓閉めて~bearing」ってガキが怖がること怖がることcatface

Amagi_tunnel

Kawazu_loop

動画はこちらです。

http://www.youtube.com/watch?v=WDrbJ5zp4Mk

http://www.youtube.com/watch?v=jJ07RDQGZ4A

夏休みで道が混んでいるかと思い、早めに出発しましたが、意外に空いていました。なので、道の駅「開国下田みなと」に立ち寄り、「Ra-maru(ラマル)」でお昼です。

金目鯛のハンバーガー。意外に(失礼!)美味しかったです。

Burger_1

メンチカツバーガー。メンチカツが2枚でボリューム満点。ガキは食べきれずに茫然としていました。

Burger_2

まだ時間があったので、黒船で下田港内めぐり。カモメに餌(かっぱえびせん?)をあげることができます。動画でどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=oOYq4mmF30Y

http://www.youtube.com/watch?v=WPJkOHaJ8G0

さて、チェックインです。

今回宿泊した部屋は鴛鴦(おしどり)。

Room_1

上の部屋以外に小さい部屋もあり、部屋の広さは4人の宿泊でも十分です。

お風呂はこちら。一人で快適。何とか二人入れるかな?という広さです。

Room_2

奥の窓をくぐりぬけると、露天風呂です。

Room_3

子供は秘密基地的で喜ぶかもしれませんが、大人にはなかなか受け入れられないかもしれません。宿のホームページでもこの部屋の露天風呂の写真がないのは納得。

チェックイン後すぐにプールに行きました。

Pool_1

Pool_2

こちらのプールは少し異国情緒があって、なかなかいいです。6月の前回に比べれば人は多かったですが、それでも十分楽しめました。

それでは夕食。いつものことですが、撮り忘れたものがあるかも。。。

Dinner_1

大人二人分のお造りなど。大きいサザエは歯ごたえがあります。

Dinner_2_2

ガキ用のお造り。

Dinner_3

鱧の椀物。

Dinner_4

鰻は卵とじにします。

Dinner_5

箸休めに水茄子。

Dinner_6

ガキには天ぷらとステーキ。

Dinner_7

Dinner_8

大人には前回と同じ鮎とカサゴ。鮎は塩焼きのほうが・・・って前にも言いましたっけ。

Dinner_9

Dinner_10

浅利と桜海老の釜飯と海苔の味噌汁。

Dinner_11

朝食は写真に残しませんでしたが、前回とほぼ同じだったと思います。

朝食後にもガキがプールに行きたいというので、1時間ほど遊びました。浮き輪で浮いているガキに潜水して下から襲いかかる「JAWS」などをしていたら結構疲れました。

遊び疲れてか、帰りの車でガキは熟睡。私は運転。おかげで翌日はだるいこと・・・

Kind Regards,

ブリュレ

 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »