« ウェーディングスタッフ from USA | トップページ | 温泉の代わりに・・・ »

2011年10月30日 (日)

初めての一脚

杖代わりにも使えそうな丈夫な一脚を探していて見つけたのが、GITZO(ジッツォ)のGT5561T。とりあえず買ってみました。

Gitzo_1_2

仕舞寸法41.5cm、重さ750gとコンパクトで、すべて伸ばすと155.5cmになります。身長170cmの私だと、すべて伸ばしたときにカメラのファインダーが目の高さ近くになります。

耐荷重25Kgという頑丈さなので、パイプも結構太いです。

Fujifilm FinePix X100を付けるとこんな感じです。一脚のほうが勝っています。

Gitzo_2

一眼レフにF2.8 80mm-200mmのレンズを付けてもまだまだ余裕のような。

Gitzo_3

X100でパノラマ撮影はしやすいかどうか、ちょっと撮ってきました。ちょっとトリミングしましたが、ほぼ180度の範囲を撮っています。

Fuji_panorama_2

一脚はないよりあったほうが少しは楽かなぁ、というくらいです。雲台でも付ければもっと楽なのかもしれませんが、かさばるしなぁ。。。

ところで、この一脚、送られてきたときにはねじが太く、手持ちのカメラには合いません。ねじはリバーシブルなので、ひっくり返すと合うようになるのですが、そうすると今度はねじのキャップ(写真左)が合わなくなるので、ねじむき出しで持ち運ばないといけません。それと、このカメラが乗る円盤面は金属で、カメラと擦れたときに双方に傷がつかないか気になります。ま、別にいいか。

Gitzo_4

雲台を買うべきか買わないべきか、それが問題だ。。。

Kind Regards,

ブリュレ

« ウェーディングスタッフ from USA | トップページ | 温泉の代わりに・・・ »

写真&動画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウェーディングスタッフ from USA | トップページ | 温泉の代わりに・・・ »