« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月24日 (木)

ヒルトン小田原&箱根ヘリコプター遊覧

ヒルトン小田原リゾート&スパに二度目の宿泊です。

前回の宿泊はこちら。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-bd04.html

今回は和室です。角部屋のため、眺望は良いです。

Hilton_odawara_1

Hilton_odawara_2

Hilton_odawara_3

Hilton_odawara_4

特典の数々。

Hilton_odawara_5

Hilton_odawara_6

夕方に小田原方面に虹が出ました。

Hilton_odawara_7

夜景はこんな感じです。

Hilton_odawara_8

ブッフェの夕食と朝食は、食事目当てで来る感じではありませんが、リゾートなのでまあいいか、というところでした。プールとボウリングなどで目一杯遊んで帰りました。

帰り道、箱根の芦ノ湖スカイラインにある遊覧ヘリコプターを目指しました。富士山と芦ノ湖が奇麗に見えました。動画でどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=V5kMTFLQEoU

http://www.youtube.com/watch?v=zKSvr33t5fY

遊覧ヘリコプターの営業日は限られているので、事前にスケジュール確認をお忘れなく。

Kind Regards,

ブリュレ

2012年5月18日 (金)

サンパウ@日本橋

コレド日本橋のサンパウ(Sant Pau)に初めて行きました。ランチです。

Santpau_1

まずはカヴァで乾杯。

Santpau_2

私たちが選んだのは\15,000のコース「Menu Pont」です。同行した人が夕方に用事があったので、お酒は控えめ。カヴァの後は白と赤のグラスを一杯ずつでした。

スティック状のパンと

Santpau_3

スープ。

Santpau_4

花をあしらった4種類の料理。マルガリータ、帆立のフリット、ウズラのコンフィ、フランが出されます。

Santpau_5

Santpau_6

Santpau_7

Santpau_8

前菜はホタルイカのソテーと

Santpau_9

フォアグラです。

Santpau_10

キンメダイのソテーはレアで、脂も乗っています。

Santpau_11

イベリコ豚のプルーマ。噛むほどに旨みが出てくる逸品です。

Santpau_12

口直しのシャーベット。

Santpau_13

チーズ+デザート、または、デザート+デザートのどちらかが選べたので、デザート+デザートにしました。

ゼラチンの箱の中にマンゴーなどが詰められています。

Santpau_14

苦めのチョコレートケーキにフルーツなど。

Santpau_15

たくさんのお楽しみトレイ。

Santpau_16

コーヒーで終了。

Santpau_17

なんだかんだで3時間いましたが、見た目も味も良い料理を落ち着いていただけて、なかなか気に入りました。今度は夜に行ってみたいものです。

Kind Regards,

ブリュレ

やっと西湖を買うことができました

丸の内に勤務していた頃から買おう買おうと思っていながら果たせなかった西湖。やっと買うことができました。

Saiko

おっと写真を間違えた。これはクニマスが見つかったことで知られる富士五湖の西湖(さいこ)でした。

買ったのは湖ではなく、京都の老舗「紫野和久傳」の和菓子「西湖(せいこ)」です。たまプラーザの東急百貨店の催物場で行われている「京都老舗名店の味」に出店されていたので、散歩がてら寄ってきました。

Seiko_1

Seiko_2

Seiko_3

わらび餅をもう少しゆるくしたようなプルプルの食感で、冷やして食べると美味しいえ~。

たまプラーザの催物は5/23(水)までですが、丸の内などにもお店があるので、そちらでもどうぞ。

Kind Regards,

ブリュレ

2012年5月 7日 (月)

愚痴・・・

ゴールデンウィークに小学校五年生の姪を連れてヒルトン小田原に一泊してきました。

楽しませてあげたいということもありますが、しつけの強化という意味もあります。アメとムチです。

今回の旅の約束事として、

・車ではシートベルトを必ずすること
-以前の下田への旅で、シートベルトをしたくないから後部座席がいいなどとほざいていたので、後部座席でもシートベルトを必須という条件を付けた。

・車で寝ないこと
-それなりの年齢なので、自分が眠ければ寝る、という勝手は慎ませるのが目的。

を姪と交わしました。

初日はプールやボーリング、ゲームセンターなどで遊ぶだけ遊んで満足した模様。ブッフェの夕食は私と妻にとってはアレですが、姪には良かったようです。

いい子にしていたら夏にも旅行に連れて行ってあげるということで、その日もいろいろと話をした結果、第一希望は北海道で熱気球と乗馬、第二希望は沖縄の海、ということになりました。姪が寝た後、ネットで飛行機などの予約を済ませました。

翌朝、食事後に姪はプールに行きたがったので、妻がプールと温泉に連れて行って、チェックアウト時間となりました。

ここからが問題です。

帰りに姪にちょっとした荷物を持たせたところ、そのときは文句なども言わなかったのですが、部屋からエレベーターへ向かう途中、妻に対して「何で私がこれを持たないといけないの?」と不満な様子。妻は「おばさんは腰が痛くて持てないし、おじさんも荷物たくさんあるでしょ。」と言うと、「私も疲れた。」と、納得が行かないながらも嫌々持っているという状況でした。

チェックアウト後は箱根の芦ノ湖スカイラインのドライブインで遊覧ヘリコプターに乗ったり姪の家にお土産を買う予定でいたので、車中で姪とやり取りをしました。

私:ヘリコプターは止めて真っ直ぐ家に帰ろう。
姪:ヘリコプター乗る。
私:荷物を持てないくらい疲れているんだろ?
姪:疲れたなんて一言も言っていない!
私:お土産だって買っても持てないだろ?
姪:お土産「は」持つ!

反抗的な物言いです。箱根への道中も約束を破って寝ています。

ヘリコプター乗り場に着いて乗る順番になりました。前の座席には誰が乗るかと聞かれて姪に勧めましたが、怖いとかなんとかうじうじして、はっきりしません。スタッフも困るので、私が前に乗ることにしました。

降りた後も気持ちが悪いだのと、不機嫌な様子。

その後の家路も、お土産店で起こされたとき以外、寝たまんま。約束を破って寝たことを指摘しても気にもしない。

ということで、夏に旅行に連れて行くことは白紙撤回して、予約は全部キャンセルしました。

わがままを直すチャンスは与えて説教するつもりですが、どうなることか。親がかばって邪魔をする可能性も高いので難しいかな。。。

自分のことしか考えられない人間ばかり蔓延っては日本も終わりです。せめて自分の周りの人間はまともであってほしいと思いますが、儚い夢に終わるのか・・・

Kind Regards,

ブリュレ

2012年5月 2日 (水)

iPadのレザーケース

New iPadを買いました。

裸のままで鞄に入れると画面が傷つきそうですし、純正のお風呂の蓋みたいなケースは強力磁石が付いているので、クレジットカードなどが死亡しそう。手に持って使う時にケースが邪魔になるのも嫌なので、持ち運び時に入れておくだけの単純なケースを探すことにしました。

私はシステム手帳など、英国のSmythson(スマイソン)のものを使っています。A4のノートパッド、システム手帳、キーホルダー、写真には写っていないですが、プライベート名刺などもSmythsonです。なので、iPadケースもSmythsonに。

Smythson_1

柔らかい皮革のケースにただ入れるだけ。iPad 2用と書かれていましたが、New iPadも余裕で入ります。

Smythson_2

日本ではレア物かも。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »