« 目覚ましの曲 | トップページ | これは酷すぎるなぁ・・・ »

2014年4月19日 (土)

愛人、じゃなくて、愛車との別れ

5年近くの付き合いを経て、愛車の「エムさん」とお別れをしました。

ずっと欲しかった車で、40歳になる直前に購入したものです。見た目は地味なセダンですが走りはスポーツカー。羊の皮をかぶった狼みたいなところがいいです。

友人たちと軽井沢にドライブに行ったり、妻と温泉旅行に行ったり、一人で走りに集中して高速のインターチェンジで降りそこなったり・・・いい思い出があります。

悪質タクシードライバーに幅寄せされて接触したという、最悪なこともありました。

いろいろありましたが、お別れを決意した理由は二つ。一つはエムさんの他にもう1台車を持っているのですが、2台必要とすることがなくなってきたこと。もう一つは縁起です。

縁起というのは、私の人生がエムさんを買ったあたりから下降している感じがするということです。同時期に転職しているので、それが悪かったのかもしれませんし、転職先の近くの愛宕神社の「出世の石段」を下ったことが転落の原因かもしれません。そのあたりは後世の歴史家の判断に委ねるしかありません。

それはともかく、エムさんの売却について思うところがありました。

これまで同じディーラーから合計8台の新車を購入していて、エムさんもその1台でした。買い替えの際の下取りも点検・修理などもすべてそのディーラーにお願いしていました。

昨年夏頃、エムさんにABSの警告がときどき出るようになり、そのディーラーに見てもらったところ、次のようなことを言われました。

・車速センサーの故障かハイドロリックユニットの故障が考えられる

・原因の特定にはセンサーを交換して、直らなければハイドロリックユニットの交換をする

・センサー交換は3万円程度、ハイドロリックユニットの交換は30万円以上かかる

・警告が出ていても通常のブレーキは問題ない

ABSが作動するような状況がほとんどないので様子見にしていましたが、売却にあたって警告が出ていることが気になりました。

まずはこれまでどおりディーラーに売却の打診をしました。ディーラーの回答は、

・ハイドロリックユニットの交換まで織り込んで査定は下がる

・ハイドロリックユニットの故障の可能性はゼロではないが数パーセントほど

・センサーの故障の可能性がかなり高いので交換してみてはどうか

私としては、前輪左右のセンサーが同時に故障するのは不自然ですし、警告の頻度が高くないのも解せないですし、ネットでハイドロリックユニットの故障が定番だという話も見かけるので、センサーの故障ではないように思えましたが、3万円程度の出費で査定が30万円以上よくなる可能性があるならやってみるか、ということで、センサー交換をしました。交換後のディーラーの走行テストでは警告は出なかったそうですが、車を引き取った翌日に警告が再発しました。

それで、ディーラーには現状での査定をお願いし、別の買取業者にも状況を説明して査定をお願いしました。

初めての買取業者と話をしたところ、以下の説明を受けました。

・ハイドロリックユニットの故障がかなり多い

・車を販売後、保証期間中に無償でハイドロリックユニット交換をすることがよくある

・車速センサー交換で直ることはほとんどない

・通常のブレーキが効かなくなる可能性もあるから危険

をいをい。ABSが効かなくなるだけでなく、通常のブレーキも異常をきたす可能性がある状態で半年以上も乗っていたのかい・・・ということで、ディーラへの信頼は急降下しました。今までディーラーにすべてを任せていた私は馬鹿だったのかも。。。まあ、5年5万kmくらいで主要部品が壊れる車を作っているメーカーが一番悪いのでしょうが。

査定価格も

買取業者 > 1.3 × ディーラー

だったため、買取業者に売却することを即決しました。

もう1台の車も来年は2度目の車検。ディーラーとの付き合い方、ミュンヘンから日本へ、などの方向転換も含め、カーライフは大きな転換期を迎えました。

Kind Regards,

ブリュレ

« 目覚ましの曲 | トップページ | これは酷すぎるなぁ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドイツ車のセンサーの故障と交換費用はばかになりません。
ただ、ABSといった安全に関するものは
ディーラーだからこそのきめ細かい対応があって当然だと思います。

私の車も
未だに助手席のシートセンサーは直しておらず
放置したままとなっています。
事故時にエアバッグは作動するとのことなのでそのままに。

でもでも…。
あの高速時の安定性を知ってしまうと
国産車には戻れないのが実情ですね。

はやと様、こんにちは。

そうなんです。特に高速時の安定感は抜群なので、駆け抜ける喜びを味わえますね。国産車に戻るとしたら、単なる移動手段と割り切るしかないかもしれません。

ブリュレ兄さん

えむさん。
アウトバーン走行中にバックミラーに映ったら
無条件で譲りましたね、狼と言うより「化け物」

新しい「恋人」が見つかる事を願っております

ダメおやぢ様、こんにちは。

日本の公道では全然本気で走れませんが、アウトバーンならエムさんも伸び伸びと走れるでしょうね。そんな環境で乗ってみたかったです。

車2台持ちを永遠に止めるか、2台持つとしても恋人にするか道具にするか、まったく未定です。ゆっくり考えます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 目覚ましの曲 | トップページ | これは酷すぎるなぁ・・・ »