« 交通事故か? | トップページ | きたの風茶寮~第2回 »

2014年5月31日 (土)

イメージチェンジ

ニュースを見ていたら、北朝鮮が拉致問題の再調査を受け入れて、再調査が開始されれば日本は制裁を緩和すると言っていました。何度も何度も、いつまで同じようなことを繰り返すのでしょうか。

北朝鮮は窮地に立つと拉致問題をちらつかせて日本から金を出させようとします。自らの凶悪犯罪を武器に利益を得ようとはとんでもないことです。

でも、北朝鮮だけが悪いのか。拉致問題を利用しているのは日本政府も同じなのではないか。そんな気もします。

震災の復興をないがしろにして憲法解釈の変更やら靖国参拝やらで風当たりが強くなっているので、「人道」をアピールしてイメージチェンジでも図っているのではないか、とすら感じます。これだから政治は嫌いなのです。

さて、イメージチェンジといえば政治だけでなくビジネスでも利用されます。

あの、いろいろな意味で有名な創業者の渡邉美樹氏が経営を退いた「ワタミ」が、「和民」、「わたみん家」など、「ワタミ」が入る店舗の名称を変えていくというような記事を目にしました。イメージチェンジでしょうか。現在のどういうイメージを今後どういうイメージに変えようと考えているのでしょうか。

名称変更と言えば、理由はさ~っぱり分かりませんが、焼肉店でミキティさんの名前を使った「美貴亭」が清原和博氏を看板にした「男道」に変わったことがあります。その後イメージが変わったのか、売り上げが上がったのかは存じませんが、田園都市線青葉台駅からちょっと離れたところにある「男道」はかなり速やかに閉店しました。

逆に、名称を変えずに中身を入れ替えたのは、田園都市線あざみ野駅からちょっと離れたところにある小規模ショッピングモール「三規庭(みきてい)」です。オープン当初は地元のちょっとだけリッチな人にちょっとだけ高級なお店を、というコンセプトだったのだろうと思いますが、そのようなお店はどんどん撤退し、とうとう「サイゼリヤ」が入ったかと思えばそれも閉店し「すし銚子丸」に、メインのお店は食品スーパー「富士ガーデン」という状況です。それで活気づいたという噂は耳にしたことがありません。

「ワタミ」は名称変更ではなく、新名称かつ新業態にチャレンジすることも選択肢としてあるのではないかと思います。例えば、

焼肉「ワタナベ・ミキティ」

食後のコーヒーはもちろんブラックで。

駄目ですかね?

Kind Regards,

ブリュレ

« 交通事故か? | トップページ | きたの風茶寮~第2回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 交通事故か? | トップページ | きたの風茶寮~第2回 »