« コリドラス・ステルバイの稚魚~アルビノ? | トップページ | 最近のリスオ »

2014年5月17日 (土)

脅迫に屈したか・・・

「小国川ダム、漁協容認 理事会、反対から一転 なお曲折も」

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201405/20140517_51002.html

最上小国川ダムの建設に反対していた小国川漁協の理事会がとうとう圧力に屈したのですかね。

記事中に、

"姿勢転換は「協議がいい契機となり、あらためて聞いた治水対策を求める住民の声、それに反対を主導してきた前組合長の急死などの要素が絡み合った結果だ」と説明する。"

とありますが、急死は急死でも、漁業権の更新拒否をちらつかされて、ダムに賛成したら自然破壊で漁業に影響、反対したら漁業権を剥奪される可能性という、究極の二択を迫られた上での自殺です。現組合長他もそのような死に方はしたくない、ということでしょうか。チンピラには正義を振りかざしたいが、殺されたら損なので見て見ぬ振りをする、みたいな感じでしょうか。

国土交通省はもともとアレですからどうしようもないとして、山形県も負けず劣らずですねぇ。

山形の温泉に泊って釣りでもしてみたいと思っていた気持ちが一気に萎えました。県知事などがかぶっていたサクランボも、駅弁フェアなどで売っている牛肉どまん中も食べたくなくなりました。

さようなら、山形paper

Kind Regards,

ブリュレ

« コリドラス・ステルバイの稚魚~アルビノ? | トップページ | 最近のリスオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コリドラス・ステルバイの稚魚~アルビノ? | トップページ | 最近のリスオ »