« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月25日 (水)

最近の食生活

このところA級グルメからは遠のいていますが、最近食べたラーメンで美味しかったものを2点。

まずは、湯河原「にこり」の「煮干そば」。

Nikori_niboshi

煮干がかなり効いていて、美味。ビール飲みたいけど車なので我慢。。。

続いては厚木「麺や食堂」の「めんまそば」。

Menya_menma

めんまそばですので、めんまがたくさん乗っていますし、葱、もやし、海苔、チャーシュー2種(鶏と豚)、それらの盛り付けも綺麗です。こちらも煮干を使っているようですが、先の煮干そばほど煮干が強くありませんので、あっさり好きの方にはこちらかな。

どちらも初めてのお店でしたが満足です。

しかし、ラーメンばかり食べているわけにもいかないので、今日の夕飯は、「豚肉とキャベツのトマト煮込み」と「鶏挽肉のバジル炒め」を初めて自作します。

どうなることやら。。。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年6月16日 (月)

久しぶりの忍野桂川での釣り

最後に行ったのは何年前か覚えていませんが、かなり久しぶりに忍野桂川で釣りをしてきました。梅雨の合間で、雲は多いですが、結構いい天気です。

Oshino_1

ローソンで遊漁券を購入して「さかな公園」の駐車場(上のほう)に車を停めて、とりあえず自衛隊橋付近でドライフライを何度か流しました。一回魚が出て合わせ切れしただけで、鯉以外の魚影も薄いので富士急前へ移動しました。

そこでもドライを流したものの、ほぼ無視されたため、普段は使わないニンフを投入。25cmほどのニジマスとヤマメを立て続けに釣り上げました。これで未使用だったロッド、Tiemco J-Switch 11' #4が初フィッシュということで、めでたし、めでたし。

(一週間前の本栖湖では8番ロッドに2xティペットで25cm程度のニジマスを釣りましたが、今回は4番ロッドに6xティペット。しかも、足場が高くて長いネットでも取り込みに手間取ったので、即リリース。写真なしです。本栖湖のより綺麗な魚でした。)

 

竿をたたんで、河原を辿ってみました。新緑が清々しいです。

Oshino_2

平日にもかかわらず、釣り人はそこそこ入っていましたが、忍野八海は人だかり。富士山が世界遺産になったためでしょうか。多くはアジア系外国人。

Oshino_3

人が集まって商売繁盛なのかもしれませんが、民家の軒先などにも「私有地立入禁止」のような張り紙が日英中韓の4ヶ国語で張ってあるところが目立ちました。迷惑している人も多いのでしょうね。

Oshino_4

忍野堰堤。

Oshino_5

その後、漁協駐車場裏のフライ専用キャッチアンドリリース区間でもScott G844/5を振りましたが不発。まあ、このロッドは過去に忍野で尺ヤマメなども取っているので今日は釣れなくてもOK。

雨が断続的に降り、天気が不安定になってきたため退散しました。落雷でもあったら、悲惨だぁ~、なんて冗談では済みませんので。

実釣は2時間ほどでしたが、久しぶりの忍野でBOSEを避けられたので満足です。

気になったのは川底のゴミです。水中に大きな黒いものが揺らめいたので魚か?と思ったらビニール。いたるところがゴミだらけというのは興ざめです。前はもっと綺麗だったような気がしますが、気のせいでしょうか。

帰りに寄った山中湖の遊覧船乗り場近くの展望台。

Yamanakako

展望台の目の前にアクセントとして電線をさりげなく張り巡らすあたりはセンスの良さを感じます。

さて、家に帰ったら、大変なことに。。。

飼っている熱帯魚、コリドラス・ステルバイが卵を産んだので別水槽で孵化させて30匹ほどが順調に育っているのですが、今日さらに100個以上の卵が・・・。とりあえず稚魚の水槽に大方は移しましたが、これからどうすればいいのか。

親世代が9匹。子世代第一陣が30匹。第二陣が100匹???

無理だ。。。成り行きに任そう。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年6月 8日 (日)

本栖湖にチャレンジ

屈斜路湖への初挑戦で立派なニジマスを釣ったのは1年前。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/in-2-0d3c.html

そのときにウグイしか釣れなかったWinston Boron II Mx 9' #8にニジマスかブラウンを釣らせたいとの思いから、初めての本栖湖釣行を決行しました。

朝7時過ぎに本栖湖に到着。気温13度、風雨少々でした。

Motosu_1

とりあえず湖を車で一周して様子を見ました。ポチポチと釣りをしている人はいますが、空いています。よかったよかった。

ところどころに「遊漁券を持たずに釣りをしたら密漁だおheart01」みたいな看板が立っているのですが、遊覧船乗り場近くの店は開いていないし、さっき「湖仙荘」も閉まってたからどうしようかな、と、ネットで湖仙荘を調べたら7:30開店とのこと。行ってみたらちょうど店を開けているところでした。密漁者にはならずに済みました。

それでは釣り開始です。まずはスポーツセンターのあたりに入りました。水はぬるく感じたので、18~20度くらいあったかもしれません。前日までの猛暑のせいでしょうか。そのせいか魚影もライズもまったくありません。1時間ほどは粘りましたがかすりもしませんでした。

次にキャンプ場のある川尻に移動して再挑戦。ここはかなり遠浅です。魚の気配は感じませんでしたが、あまり奥まで立ち込まずに黒のマラブーリーチを投げていたら、ようやくヒット。

Motosu_2

東山湖でも鹿留でも王禅寺でも何度も見たことがありそうな姿の25cmほどのニジマスです。

11時頃に一旦切り上げ、近くの「松風」で「鹿肉カレーセット」をいただきました。

Motosu_3

鹿肉の入ったカレーライスの他に、右上の小皿の左から時計回りに鹿の竜田揚げ、鹿の燻製、猪の燻製。右下の小皿には鹿のステーキ(たたきのようなもの)。盛りだくさんです。

鹿も猪も臭みがなく、これらを肴にビールでも飲みたい気分でしたが、車ですし、酔っ払ってウェーディングでコケて溺死したら「車輪の下」の主人公みたいになってしまうので、ここは我慢。

お店はご夫婦で切り盛りされているのでしょうか。お二人とも感じのよい方で、気持ちよくお店を後にしました。

後半戦スタートです。

仏岩に入りました。ここは急深。足元には気をつけないといけません。

Motosu_4

アタリすらないまま、風雨が強くなってきたので撤退です。

小さいニジマス一匹という釣果はちょっと寂しいですが、静かな湖畔でゆっくり過ごせて気持ちよかったです。

高番手を中心に、未使用またはノーフィッシュのロッドが何本かあるので、全部の出番を作るべく、釣行計画を立てようかと思います。Loop Evotec Salt 9' #10で狩野川河口でシーバス狙いもいいかな。

Kind Regards,

ブリュレ

きたの風茶寮~第2回

昨年夏に初めて訪れた箱根仙石原の「きたの風茶寮」に再訪です。

前回の記事はこちら。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-37b3.html

昨年末の石川の旅以来、今年初めての温泉になります。

到着すると「花詩(はなことば)」のお菓子をいただきながらチェックインです。

Kitanokazesaryo_1

仙石原のすすきでしょうか。

Kitanokazesaryo_2

今回のお部屋は「すずらん」。

Kitanokazesaryo_3

Kitanokazesaryo_4

Kitanokazesaryo_5

竹林露天風呂付の部屋です。

Kitanokazesaryo_6

温泉の成分、入浴上の注意事項に目を通しながら・・・

Kitanokazesaryo_7

スパークリングワインをいただきます。

Kitanokazesaryo_8

お昼食べてないからお腹が空いたなぁ・・・

早く夕飯にならないかなぁ・・・

あの筍でも掘ってつまみにしようかなぁ・・・

Kitanokazesaryo_9

などと考えながらお風呂に入りました。

竹の葉のサラサラとした音、鳥のさえずりに癒されます。

Kitanokazesaryo_10

さて、夕飯です。

食前酒 夏の大地。色が綺麗です。

Kitanokazesaryo_11

食前酒だけで終わるわけはありません。今回は料理に合わせた5グラス、7グラスのワインコースがあるということだったので、(当然)7グラスのコースをいただきました。

北海水蛸と噴火湾産帆立貝の冷製ヴァヴール レモン醤油のジュレで。ワインはLaurent Perrier Brut Champagne。

Kitanokazesaryo_12

アップ。

Kitanokazesaryo_13

もっとアップ。旨みがあって美味しいです。

Kitanokazesaryo_14

続いては、北の香り茶寮のアミューズ。ワインはPouilly Fume "La Moynerie" 2010。

西麓産ブロッコリーのヴルーテと毛蟹のコンソメ寄せ
苫小牧産北寄貝手毬寿司
薔薇を入れた北海道産玉蜀黍豆富
相模湾産栄螺と北海縞海老のマスカルポーネを使った白和え
静岡産小メロンと子持ち昆布の浸し
相模湾産鯵のライチ風味カルパッチョ
噴火湾産時知らず紫陽花見立て エディブルフラワーを使って

Kitanokazesaryo_15

どれもこれも美味。見た目も美しいです。

お椀は、羅臼昆布の引き立てお出汁を使って 清まし汁仕立て。

相模湾産太刀魚焼き目真丈葛打ち 水蓮見立て 順菜 蓮芋 梅肉

Kitanokazesaryo_16

汁は味が薄いかな、と感じましたが、真丈を一口いただくと旨みと甘みが口に広がり汁と合わせてちょうどよくなりました。とてもいいです。

続いては、北からの恵み。ワインはChablis Premier Cru Mont de Milieu La Chablisienne 2009。

利尻産雲丹 噴火湾産活牡丹海老 函館産真子鰈 噴火湾産油目湯引き 津軽海峡産本鮪 三つ葉と佐呂間海苔の柚子浸し 妻少々 自家製醤油と曽我の梅を使った自家製梅酢

Kitanokazesaryo_17

神奈川にいながら北海道の食材を堪能できて幸せ。

これ何だっけ?メニューにはないような・・・

Kitanokazesaryo_18

メインは二種類。

白老牛低温ローストと夏野菜のグリエ 桃とフォアグラのデミソース
相模湾産鱸のポワレと焼きタラバ蟹 夏野菜と共に 北海道産アスパラガスのソースで

から選べますが、妻も私も白老牛。ワインは北海道のZweigeltrebe 2007。

食べられる花(エディブルフラワー)を見ると、ミシェルブラスのガルグイユを思い出してしまいます。

Kitanokazesaryo_19

函南産平井の西瓜のローストを冷やして 透き通った西瓜のスープとオホーツクの塩氷をのせて

Kitanokazesaryo_20

自社農園のぐち北湯沢ファーム産じゃが芋の真丈を浜松鈴木農園の花ズッキーニに包んで 新生姜佃煮 ミニ陸蓮根 美味餡 木の芽。ワインはChassagne-Montrachet 2010。

Kitanokazesaryo_21

静岡河原崎農園産フルーツトマト酢仕立て 函館産蝦夷鮑葛打ち 冬瓜 枝豆 カラートマト。ワインはOKUSHIRI 2010 Seibel。

Kitanokazesaryo_22

と、近場と北海道の食材を織り交ぜて、味も色合いも良い料理が続きます。

北海道米北斗産ふっくりんこ
赤だし仕立て 粟麩 青さ海苔 浅葱
登別産山葵昆布 北見産玉葱のたまり漬け 胡瓜茗荷竹生姜漬け 大根ハスカップ漬け

Kitanokazesaryo_23

デザートは登別酪農館の牛乳を使った自家製濃厚焼きプリン 赤肉メロンのクリームソルベ 浦幌産ラズベリーのガトーショコラ。ワインはDourthe Sauternes。

Kitanokazesaryo_24

今夜もお腹いっぱいです。

部屋の竹林露天風呂に入って就寝。

Kitanokazesaryo_25

朝です。

Kitanokazesaryo_26

目覚めの一杯は、妻は登別酪農館牛乳、私は浦幌産ラズベリードリンク。

Kitanokazesaryo_27

冷たい茶碗蒸し。

Kitanokazesaryo_28

西麓産ベビーリーフと静岡河原崎農園産トマトのグリーンサラダ

Kitanokazesaryo_30

夏野菜スープ炊き ズッキーニ オクラ アスパラ 水茄子 玉蜀黍 崩し冬瓜 トマト麩

Kitanokazesaryo_29

野菜はしゃきしゃきで、とてもヘルシーな感じがする料理です。

焼き魚は3種類から選べます。

噴火湾産時知らず味噌焼き
小田原大半の鯵の干物
北海道産ぎんぽう幽庵焼き

妻も私も時知らずにしました。

添えられているのは、虎杖浜須貝水産のたらこ、小田原山上蒲鉾、山葵漬け、相模湾産しらす、酢取り茗荷。

Kitanokazesaryo_33

遠州宵練饂飩。出汁も美味しく、温泉卵とも良く合います。

Kitanokazesaryo_31

七飯産たまふくら納豆は粒が特大。

Kitanokazesaryo_32

小田原佐野さんの梅干し 羅臼産昆布煮 柴漬け 白菜浅漬け

Kitanokazesaryo_34

北海道米空知産ゆめぴりか

Kitanokazesaryo_36

浜名湖産浅利汁

Kitanokazesaryo_35

登別酪農館牛乳を使った茶寮育ちのヨーグルト
季節のフルーツ

Kitanokazesaryo_37

土鍋ご飯も完食。お腹いっぱいです。

部屋は落ち着き、お風呂の泉質も良く、料理は美味しく、スタッフも感じいい、と、今回も快適な滞在となりました。

チェックアウト時間まで寛いだ後、暑いのでどこにも寄らずに一旦帰宅し、夜に「アナと雪の女王」を見に行きました。映画もなかなか面白かったです。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »