« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

介護女(2)~異動してきた経緯

「介護女」はもともとH課長の部下だったわけではなく、少し前に同じ本部の別の部署から異動してきた40代の女性だ。

H課長のところは仕事が増えて、これこれこんな仕事ができる人がほしいと上に要請していたのだが、求めているスペックと全く違う介護女があてがわれた。技術的な仕事が必要なのに、技術は無知の介護女。上から言われるとノーと言えないK部長が無用の人材を押しつけられて、それをH課長に押しつけたのようだ。

H課長が介護女の経歴をチェックすると、もともとは事務職で職場の事務サポートをしていたのだが、技術職に職種変更をして今に至っているらしい。技術職に変わった以上、技術職を遂行しなければならないが、技術的な知識はない。それなのに何故か、週2日は在宅勤務を行っている。

いろいろと事情がありそうだ。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年8月30日 (土)

介護女(1)~序章

私の知人のHさん(女性)はIT系の大企業で課長を務めている。

H課長から連絡が入った。部下の「介護女」が別の部署に異動することになったとのこと。

「介護女」の名前の由来は後で触れるが、相当の問題がある人間で、H課長はもちろん、その上司のK部長、人事部、産業医など、その女を知る人は皆が異常性を感じて、積極的な関与を避けているようだ。

H課長からは介護女の話はときどき聞いていて、悪質極まりないと思っていたので、別の部署に異動になると聞いて、「おめでとう。」と伝えた。職場の他の人たちからも祝福されたそうだ。

これほどまでに厄介者扱いされる介護女について数話に分けて語っていきたいと思う。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年8月19日 (火)

レタスババァ再び現る!

以前に紹介したレタスババァ。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-87f2.html

横浜市の某スーパー(いいんだよババァが出没したところ)に現れました。

今度はマイタケかエリンギのパックを次から次へと手に取って、見て、戻すという奇行を繰り返していました。レタスの時より表情は少し穏やかでしたが、やはり気味が悪い。。。

このスーパーの近くには評判の悪い大学病院があるので、地縛霊はたくさんいると想像していますが(見たことはないです)、いいんだよババァやレタスババァのような生霊もいろいろ出てくるとなると、日本有数の怪奇スポットになる日も近いのではないかと思います。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年8月 7日 (木)

山中温泉あたりを散策

金沢から白山スーパー林道を通って白川郷に来ましたが、帰りは東海北陸自動車道・北陸自動車道を走ることにしました。1時間ほどで金沢、2時間かからずに山中温泉に到着。

Yamanaka_1

最近のお気に入りの発泡日本酒「鮮」を求めて松浦酒造へ。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-b9ba.html
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-9060.html

で、べにや無何有の夕食時にいただいて以来、愛飲しています。

Sen

お酒は自宅に送っていただくことにして、鶴仙渓を再訪。あやとり橋から入って下流に進みます。

Yamanaka_2

何とか橋。

Yamanaka_3

廃墟?何か変なものが写っていることに気付いた方は私ではなく霊能者にご相談ください。

Yamanaka_4

松尾芭蕉がなんちゃらかんちゃら。

Yamanaka_5

黒谷橋を渡って、散策終了。

Yamanaka_6

もうちょっと時間があるので、人っ子一人いない九谷ダムに来ました。

多額の税金をつぎ込んで、多くの村を沈めて作ったのでしょうね。

Kutani_1

故郷を追われた人、工事に従事して苦しんだ人、利権で潤った人・・・様々な人々の想いを感じます。

Kutani_2

何だろう、この入口。何か変なものが写っていることに気付いた方は・・・(以下省略)

Kutani_3

お腹も空いてきたので、ちょっと早めに空港入りして、空港内のレストランで食事をしてから帰ることにしました。そうすればお酒も飲める、などという邪念は一切ありませんでした。

和風サラダ。疲れた体にはちょっと酸味のあるドレッシングでいただく甘エビが結構いける。

Komatsu_1

小さいお造り。ビールとセットの割引があったようです。

Komatsu_2

のど黒の塩焼き。空港でこんなものもいただける、いい時代です。30分くらいかかるので時間に余裕がある人向け。

Komatsu_3

いい蛸の唐揚げ。カリカリに香ばしく揚がっていて、ビールにぴったり。私的には一番当たりのメニューです。

Komatsu_4

いかげその唐揚げ。

Komatsu_5

ビール何杯飲んだっけ?という感じで、時間が来たのでお開きにして保安検査をパス。するとアナウンスで、飛行機が15分ほど遅れるとのこと。JALサクララウンジに入って、そこでもビールをいただきました。そう。金沢の定宿はANAですが、飛行機は基本的にJALなのです。

飲んでばかりの旅でしたが、一泊二日にしては結構充実しておりましたとさ。

Kind Regards,

ブリュレ

初めての白川郷

金沢で夜に飲み過ぎて、なんだか歳を取ってしまったような気がしましたが、朝からアクティブに動きます。いつもチェックアウト時間ぎりぎりまでウダウダしているところ、9時には出発です。

目的地は世界遺産、白川郷。初めての訪問です。

私は世界遺産なんて興味なく、むしろそんなものは無用(というか有害)と思っているくらいですし、合掌造りに関心があるわけでもありませんが、地図を見ていたら魅力的なネーミングの「白山スーパー林道」経由で金沢から2時間程度で行けるということで試しに行くことにしました。

レンタカーは新車のプリウス。私が初めての客になるそうです。レンタカーで初めての客というのは2度目です。

白川郷を目的地にナビをセットすると、北陸自動車道・東海北陸自動車道経由のルートしか出てこないので、無視して適当に白山スーパー林道を目指しました。

途中の道の駅、「瀬女(せな)」に立ち寄り。

Sena_1

この建物以外に2つほどお店があり、そのうちの「山猫」で妻はカフェラテか何かのソフトクリーム、私は12時間かけて抽出した水出しコーヒーをアイスで注文。10時くらいで気温は30度あり、暑いので。

Sena_2

妻のソフトクリームはすぐに出てきましたが、私の水出しコーヒーは番号札を渡されて待つことになりました。まさか今から抽出を始めるので12時間待ち、なんてことないだろうな?帰りの飛行機まで10時間しかないから少し間に合わないかも・・・という心配をよそに、数分で呼ばれました。

Sena_3

すっきりとしたコーヒーでした。ちなみに、これはプリウスの屋根の上。

目的地を目指します。

途中、白山スーパー林道の通行料は片道3,240円だが、7・8月は割引きで2,500円になること、ETCは使えず、現金が必要なことを妻に説明し、料金所に臨みました。

料金所は難なくクリアーし、途中の駐車スペースで景色を眺めます。

Shirakawa_1

Shirakawa_2

山が大きく、道路からも近いので、28mmレンズでは全景が撮れません。

バッタにばったり出会いました、なんて決して言いません。

Shirakawa_3

何とかの滝。

Shirakawa_4

白山スーパー林道は全線舗装されていて、駐車スペースがちょこちょこあって、トイレもところどころにあるのでドライブには使いやすいですね。飲食店などはありませんが。また、下界が30度超えでも標高1,500mくらいの最高地点では20度くらいと涼しいのもいいです。

でも、通行料金は高過ぎかなぁ。そこが「スーパー」な気がします。

白川郷に到着すると、直近の駐車場(せせらぎ公園)は行列で、交通整理しているお姉さんに聞いたところ、別の駐車場(みだしま公園)を案内されたのでそちらにスムーズに入庫。駐車料金500円也。

それでは白川郷を散策します。

Shirakawa_5

昔の造りで5階建てとか、凄いよなぁ。。。

Shirakawa_6

道端の水路には大きなニジマスがうようよ!!フライ持ってくれば入れ食いだったかな。。。

Shirakawa_7

ちょっと山を登って展望台に。蒸し暑いので汗だく。

Shirakawa_8

また下へ降りてきて、

Shirakawa_9

であい橋という吊り橋を渡って、

Shirakawa_10

お昼はお蕎麦。

Shirakawa_11

土産物店では売り物の傘などを使って写真撮影はするな、という注意書きをしているところが多かったのですが、顔なし(さるぼぼ?)を抱っこして写真撮れというお店がありました。

Shirakawa_12

可愛いような怖いような・・・

さて、まだ午後2時。レンタカーは小松空港に返却で、飛行機は19:55発なので、帰るにはまだ早く、とりあえず山中温泉に向かうことにしました。

続く・・・

Kind Regards,

ブリュレ

2014年8月 6日 (水)

金沢でハシゴ

金沢に一泊してきました。

宿はいつものANAクラウンプラザホテル金沢。

Kanazawa_1

Kanazawa_2

金沢駅前からバスに乗ってひがし茶屋街へ。

Kanazawa_3

何だろう。金沢名物ハントンライスって。

Kanazawa_4

主計町(かずえまち)の川沿いを歩いていきます。

Kanazawa_6

喫茶店がありました。

Kanazawa_7

準備中なのか、営業中なのか、判断しかねます。

そのまま金沢駅のほうへ歩いていくと、商店街がありました。

Kanazawa_8

かつてはアーケード街でした。だから何なのでしょうか?私にどうしろと言うのでしょうか?

なかなか趣のある建物を発見。

Kanazawa_9

写真には写っていませんが、おじさんが建物の中からこちらを見ていたのがちょっと不気味だったりしました。

さて、まだ5時ですが夕飯です。リニューアルオープンして間もない金沢駅の「百番街あんと」にある「金沢まいもん寿司」で、とりあえずビールと貝類の盛り合わせを。さざえ、石垣貝、万寿貝、ばい貝、赤貝、うには何とかうにって名前が書いてありましたが失念。

とても美味なので、手取川大吟醸吉田蔵も追加。

Kanazawa_10

岩牡蠣もプリプリ。

Kanazawa_11

のど黒と白海老を握りで。

Kanazawa_12

カワハギの肝付のお寿司もいただいたのに写真が見当たらない・・・

入店した時はまだ空いていたのですが、待ち行列も出来てきたので、ここでお開き。まだ食べ(飲み)足りないのでハシゴします。

「黒百合」か「山さん」でおでんでもつまみながら飲もうと思っていましたが、激混み。空いていた「加賀屋」に入りました。

ここでは最初から日本酒。「加賀雪梅」を4合瓶で。

Kanazawa_13

お造りでちびちびゴクゴク飲みながら、

Kanazawa_14

やられたらやり返す。倍返しだ!

食べてもまた食べる。ばい貝だ!

貝が好きなもので。。。

Kanazawa_15

スズキのジムニー、じゃなくて、鴨の治部煮。うまうま~。

Kanazawa_16

金時草は箸休めにいいです。

Kanazawa_17

〆はのど黒。脂が乗っていて出汁も美味しく、つい笑みがこぼれます。

Kanazawa_18

一旦ホテルに戻り、少ししてから花火を見に出ようと思っていたのですが・・・

昼に羽田空港でビール1L、金沢まいもん寿司でビール中ジョッキ1杯と日本酒2合、加賀屋でも日本酒2合を飲んだ私は・・・

意識不明の40代。

いつ眠ったのかも分からず、気付いたら朝でした。。。

朝風呂に入って、レンタカーで初めての白川郷を目指します。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年8月 5日 (火)

遠征で釣りでもしたいなぁ・・・

猛暑で近場に釣りに行く気にもなりませんが、北海道のどこか涼しい場所に遠征してフライフィッシングでもできたらなぁ・・・などと思う今日この頃です。

車での釣りであればほとんど気にならないことですが、飛行機で遠方へ行くとなるとロッドの運搬をどうするかは悩むところです。

ということで、飛行機にロッドを預ける方法のいくつかのパターンを。

まずはロッドをアルミかプラスチックのチューブに入れて、そのまま預ける方法。簡単ですが、ロッドを複数持っていく場合には面倒かもしれません。

次に、複数のロッドを入れられるケースを買って(もしくは作って)、そこにロッドを収納して預ける方法。例えば、Tiemcoから出ているActive Flyerロッドケース。

Rods_1

上の写真はActive Flyerの「ラージ100cm」というタイプで、内寸(実測値)が98cm × 11cm × 7.5cmです。Tiemcoのホームページでは9ft 3pcまたは11ft 4pcのロッドに適合となっていますが、11ft 4pcのTiemco Euflex J-Switch #4の実寸が89cmほどなので、長さにはまだ余裕があります。9ft 3pcは手持ちがないので分かりません。

北海道遠征を考えて、このケースに試しに下記の3本(布袋に入れた状態で)を入れてみました。

G. Loomis CrossCurrent Beach 11ft 3in #10 4pc
Loop Opti Switch 10ft 7in #8 4pc
Orvis Helios 10ft #7 4pc

きつきつではなく収まりました。グリップを上下に互い違いに入れるなどの工夫をすればもう1本は入りそうです。上の2本はツーハンドなので、シングルハンドだけであれば5本から6本は入るかもしれません。これだけ入れば川のドライフライ用と湖のストリーマー用など、予備も含めて一つに収まるので便利です。しかもこのケース自体はかなり軽いです。

最後の運搬手段はスーツケースにロッドを入れてスーツケースごと預ける、です。

同じロッドの長さでも仕舞寸法は異なるので、ちょっと比較してみます。

下の写真右から、

9ft 7pc (Orvis Frequent Flyer #5): 48cm
9ft 6pc (Temple Fork Outfitters Professional #8): 58cm
9ft 4pc (Winston Boron II mx #8): 76cm
9ft 4pc (Loop Evotec Salt #10): 80cm

10ft 4pc (Orvis Helios #7): 85cm

Rods_2

同じ9ft 4pcでもLoopはWinstonと比べてケースが太く長いのが分かります。

これを我が家のGlobe Trotterに入れてみるとこんな感じになります(10ft 4pcは長過ぎて入り切りません)。

Rods_3

昨年の北海道遠征の際には9ft 4pcをこのスーツケースに入れて、10ft 7in 4pcをロッドチューブごと預け荷物としました。このように分けて持っていけば、預けたロッドチューブが紛失、もしくはロッド破損に遭っても一応釣りができます。スーツケース紛失ではどうしようもありませんけどね。

北海道での釣果はこちら。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/in-2-0d3c.html

ちなみに、機内持ち込みできる鞄に収まるパックロッドでも、尖った長いものやアルミチューブは凶器っぽくて検査で引っ掛かるかもしれませんので、ロッドは預け荷物にしたほうがスムーズだろうと想像します。

あぁ~っ。釣れなくてもいいから涼しいところで釣りをしたい。。。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »