« 旅館の連泊について | トップページ | 自称×× »

2014年9月29日 (月)

なんか気に入らない・・・

出身大学からのメールで、書籍類を業者に買い取らせてその金額が大学の基金に寄付されるという募金制度のメールが来ました。今回が初めてではないですが。

なんか気に入らないのですよね。。。

気に入らない理由は、下記の構図が頭に浮かんでしまうからです。

寄付者: 大学のために少しでも役に立てれば・・・(善意)
大学: 寄付金が簡単に集まるなら・・・(さぼり)
業者: しめしめ・・・(単なるビジネス)

実は、この募金制度が始まるよりもずっと前に、学生時代に買った専門書100冊以上(当時の価格で軽く100万円は超える)の寄贈を大学に申し出たことがあります。Eメールで、大学の中央図書館に、卒業年度・学部・氏名も添えて、もしお役にたてればという意思を伝えました。中央図書館の対応は・・・

無視。

なので、学部(学科)の図書室に同様のEメールを送ったところ、その対応は・・・

無視。

orz

受け入れることができない場合でも、その旨の返信くらいはするよなぁ、と思いました。私が大学図書館の人間であれば、まずは申し出に感謝、その上で受け入れられない理由を伝えて理解を得る、ということをすると思いますが。

そんな大学が始めた募金制度。私は・・・

無視。

当然です。

Kind Regards,

ブリュレ

« 旅館の連泊について | トップページ | 自称×× »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

笑ってしまいました。

大学卒業の時の引越しで
書籍だけで1トン近くあったようです。
(エッチな本も含む)

私の通っていた地方大学では
図書館はさっさと閉まってしまうため
まともに使ったことはございません。

必要な図書は教授にお願いして
事務局でただでコピーしてもらっていました。

ちなみに、
その時の書籍は
某ブック○フにて処分いたしました。

はやと様、

書籍1トンですか?!
そのうち0.8トンがエッチな本だったりしませんよね?smile

専門書を某ブック○フに持っていくと、買い取り金額は
マンガより低くなりそうな気がして、持っていけません。。。

一部の専門書を除いて
出しましたら
数千円ほどになりました。

これでは専門書の1冊も買えるかどうかです。

はやと様、

1トンで数千円ですか・・・古紙として売ったほうが高かったりして。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅館の連泊について | トップページ | 自称×× »