« デザイナーにインタビュー | トップページ | (独白) »

2015年8月24日 (月)

養沢毛鉤専用釣場でテンカラ2戦目

暑さも少し和らいできたので、養沢毛鉤専用釣場で2度目の釣りです。

今回はダイワの「テンカラRT27」の入魂と、時間があればフライもやろうかと両方用意して行きました。

午後イチから釣り始めましたが、魚はいたるところに居るものの、ニジマス君もヤマメちゃんも毛鉤に見向きもしてくれません。追ってくるのは5cm以下の小さな魚ばっかり。1時間以上ノーバイトという惨憺たる結果でした。

おにぎり食べたりして時間を少しおいてから再開すると、やっとニジマス君が釣れました。次にヤマメちゃんが来て、その後は入れ食いタイム。何かのスイッチが入ったのでしょうかね。

魚の写真はこれ1枚だけ。

Yozawa

終わりのほうでバシバシ魚が出たので、フライロッドは出さずにずっとテンカラで通しました。

テンカラRT27とナイロンテーパーライン「テンカラ ミディ 3.5M」にハリスを適当に付けた仕掛けでしたが、結構投げやすかったです。竿のおかげなのかテーパーラインのおかげなのか?同じラインを別の竿で試してみようっと。

それにしても、この釣り場は結構気に入ってしまいました。管理釣り場とは言っても、神谷堰堤下みたいに山岳渓流の雰囲気も、里川ののどかな流れもあり、水もきれいでゴミも少ないので気分良く釣りができます。一応自然河川の忍野桂川より自然な釣り場と思います。

また、ホームページで毎日朝イチと午後イチに状況をアップされているのも参考になります。

前から知っていたのに来たことがなかった養沢。もっと早く来ていればよかったです。これからはメインの釣り場として利用させていただこうかと。

Kind Regards,

ブリュレ

« デザイナーにインタビュー | トップページ | (独白) »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デザイナーにインタビュー | トップページ | (独白) »