« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月24日 (月)

養沢毛鉤専用釣場でテンカラ2戦目

暑さも少し和らいできたので、養沢毛鉤専用釣場で2度目の釣りです。

今回はダイワの「テンカラRT27」の入魂と、時間があればフライもやろうかと両方用意して行きました。

午後イチから釣り始めましたが、魚はいたるところに居るものの、ニジマス君もヤマメちゃんも毛鉤に見向きもしてくれません。追ってくるのは5cm以下の小さな魚ばっかり。1時間以上ノーバイトという惨憺たる結果でした。

おにぎり食べたりして時間を少しおいてから再開すると、やっとニジマス君が釣れました。次にヤマメちゃんが来て、その後は入れ食いタイム。何かのスイッチが入ったのでしょうかね。

魚の写真はこれ1枚だけ。

Yozawa

終わりのほうでバシバシ魚が出たので、フライロッドは出さずにずっとテンカラで通しました。

テンカラRT27とナイロンテーパーライン「テンカラ ミディ 3.5M」にハリスを適当に付けた仕掛けでしたが、結構投げやすかったです。竿のおかげなのかテーパーラインのおかげなのか?同じラインを別の竿で試してみようっと。

それにしても、この釣り場は結構気に入ってしまいました。管理釣り場とは言っても、神谷堰堤下みたいに山岳渓流の雰囲気も、里川ののどかな流れもあり、水もきれいでゴミも少ないので気分良く釣りができます。一応自然河川の忍野桂川より自然な釣り場と思います。

また、ホームページで毎日朝イチと午後イチに状況をアップされているのも参考になります。

前から知っていたのに来たことがなかった養沢。もっと早く来ていればよかったです。これからはメインの釣り場として利用させていただこうかと。

Kind Regards,

ブリュレ

2015年8月22日 (土)

デザイナーにインタビュー

知り合いのデザイナーのS氏が最近デザインしたロゴについて直撃インタビューしました。

ブリュレ:最近2つのロゴデザインをされたそうですね。

S氏:はい。海外の刃物メーカーと日本のサッカーチームからの依頼でした。

ブリュレ:刃物メーカーのロゴはこちらですね。

Zwilling

ブリュレ:どのようなメッセージが込められているのですか?

S氏:刃物メーカーの現在のロゴである双子をモチーフにしたものです。アルファベットの「M」ではありません。赤い色はナイフで切った肉の赤身の色で、白は脂身を表しています。

ブリュレ:ファーストフードチェーンのロゴに似ていると思いませんか?

S氏:要素は似ているところがありますが、デザインに対する考え方がまったく違うので、まったく似ていないと思います。

ブリュレ:続いて、サッカーチームのロゴがこちらですね。

Worldcup

ブリュレ:ファーストフードチェーンのロゴとも先ほどの刃物メーカー向けのロゴとも似ていると思いませんか?

S氏:日本の日の丸の赤をベースに白星を取れるようにという願いを込めています。文字はWorld Cupの頭文字の「W」です。「M」を逆さにしたわけではありません。デザインに対する考え方がまったく違うので、まったく似ていません。

ブリュレ:その「デザインに対する考え方・・・」というコメントは某デザイナーのコメントに似ていると思いませんか?

S氏:言い逃れと受け狙い、考え方がまったく違うので、まったく似ていません。

ブリュレ:ありがとうございました。これから大変でしょうけど、頑張ってください。

S氏:はい。かなり難しい状況ですが、頑張ります。

以上、中継でした。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »