« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月21日 (水)

古典力学

最近、何だか勉強のやる気スイッチが入ったようで、学生時代に買った本+αを読み始めています。

大学を卒業してから20年以上、学問とは縁遠い人生を送ってきたので、ノスタルジックになっているのでしょうか。一から数学と物理を勉強したい気持ちに駆られています。

そこで、まずは古典力学からスタートすることにしました。

読む本はこちら。

Mechanics_1

とりあえずの目標は「ランダウ=リフシッツ物理学小教程」の「力学・場の理論」の第1部「力学」読了です。この部分のベースになっている、より本格的な「理論物理学教程」の「力学」も併読しようかと思っています。

山内恭彦「一般力学」も参考にするかも。

V. I. Arnold「Mathematical Methods of Classical Mechanics Second Edition」も使えそうです。

Mechanics_2

これらの書籍は今ネットで調べても名著として挙げられているようです。学生時代の本集め(本読みではない)は割とセンスが良かったのかな。

数学もすっかり忘れているので、こちらも定評の杉浦光夫「解析入門 I, II」、斎藤正彦「線形代数入門」も手元に置きながら読み進めましょう。

Math_1

力学が終わったら、電磁気学、相対性理論、量子力学などの名著が待っています。

長~い旅になりそうだ。。。

Kind Regards,

ブリュレ

2015年10月16日 (金)

フィレンツェのお土産

妻の同僚がフィレンツェ旅行に行ってきて、ワインを何本か買ってきてくれました。

まずはそのうちの1本、「Brunello di Montalcino (Santa Giulia 2009)」。

Brunello

日本ではあまり手に入らないワインだとか。酸味とタンニンがしっかりとしながら滑らかな飲み口で美味。

他のワインもボチボチ開けていきますか。

Kind Regards,

ブリュレ

2015年10月15日 (木)

久しぶりの丸の内

久しぶりに丸の内(東京)に行ってきました。目的は「四川豆花飯荘」。

丸の内勤務を離れて6年。その間にも周辺は開発が進んでいて、「ここどこ?」みたいな、プチ浦島太郎状態でした。

大丸で買い物をして、妻は「ずんだシェイク」を飲んで、まだ予約の時間まで時間があるので「Franz Club」で時間を潰すことに。

Franz_1

左は「フランツィスカーナー ヴァイスビア」、右は「オクトーバーフェストビア」。

もちろん、どちらも美味。

おつまみは「ヴァイスブルスト シュネッケ」

Franz_2

ソーセージも旨いのぅ。

ビールをもう一杯ずつ追加して、そろそろ時間なので、上の階へ移動。

久しぶりの四川豆花。いつもはコースなので、今回はアラカルトで行くことにしました。

まずは、テタンジェで乾杯。

Sichuan_1

お供は「Meursault 1er Cru Genevrieres 2008 (Bernard Bonin)」

Sichuan_2

四川料理の辛さに負けないしっかりとした酸味とコクと香りがなかなかよいです。

さて、最初の料理は「天使海老の素揚げ とうがらしの香り」。

Sichuan_3

生とうがらしを使っているというこの料理、このお店で一番辛い料理とのこと。確かに辛い。辛いのが苦手な人は一口でギブアップしそうです。でも、辛いだけではなく味も香りもとてもいいです。辛いソースと海老の甘みが合わさって、辛くても痛くても箸が進みます。辛い物好きには絶対お勧めです。

次は「鶏肉の重慶とうがらし炒め」。これは何度かいただいていてお気に入りでした。

Sichuan_4

これだけ食べたらかなり辛い料理なのですが、「天使海老の素揚げ とうがらしの香り」を食べた後では食べやすかったです。山椒の香りとピリピリ感もいいです。

次は「ホタテと茸のとうがらしピクルス炒め」。またとうがらしです。

Sichuan_5

でも、これはそれほど辛い料理ではなく、特に前2つの料理の後では辛さは感じず、ホタテの甘さが引き立つ、美味しい海鮮野菜炒めです。

〆には「フカヒレ土鍋チャーハン」。

Sichuan_6

油と炭水化物、ダイエットする人には禁断の食べ物ですが、美味しくいただきました。

なので、デザートは避けて、終了。

丸の内の夜を堪能しました。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »