« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月19日 (木)

札幌をほんのちょっとだけ観光

ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism札幌公演の当日のお宿は豊水すすきの駅近くのメルキュールホテル札幌。初めての滞在です。

Sapporo_1

部屋は落ち着いていて高級感があります。

Sapporo_2

エレベーターホールもお洒落。

天気はあいにくの雨ですし、14時頃には新千歳空港に入らなければならかったため、近場でどこに行こうか考えたところ、こちらに決まりました。

Sapporo_3

そう。白い恋人パークです。

同行していた義姉母子がお土産に白い恋人を買っていくとか言っていたのでここを提案したら行きたいということになりました。

着いたらちょうどからくり時計が動きだしました。

Sapporo_4

記念撮影に適した場所。

Sapporo_5

裏に回ってハートの部分から顔を出せるのですが、狭い階段を上るので、大人には結構きついかも。私は出るのに苦労しました。

お店の中はクリスマス。

Sapporo_6

妻はアイスを食べて、

Sapporo_7

私は、

Sapporo_8

「あ~、疲れた。。。」

結構時間を潰したので、まっすぐ新千歳空港へ。「けやき」で締めの味噌ラーメン。

Sapporo_9

美味しいけど、めちゃ熱かった。

ここで義姉母子を送り出して、私たちはまだ時間があるので、

Sapporo_10

「花ぶさ」にて本当に締めの食事です。

ほや塩辛とほっき貝刺身。

Sapporo_11

Sapporo_12

そして、生ししゃもの握りです。

Sapporo_13

生ししゃもはこの時期にしか食べられないので、とりあえずいただきました。しっとりとした白身で美味しいですが、わざわざこれを食べるために北海道に来るかというと・・・

満腹になったので終了。

Sapporo_14

今年2度目の札幌ですが、ジンギスカンとラーメンと海鮮をいただいて、1泊にしてはよく動いたかなと思います。

今回の旅で発見した便利なものは「ドニチカ」です。土日と年末年始限定の地下鉄一日乗車券で、駅の自動券売機で買えます。この日は地下鉄で白い恋人パークに行く途中、大通駅で乗り換えの際に改札外のコインロッカーに大きな荷物を預け、帰り道にピックアップというのに役立ちました。520円なので、市内をうろうろするには買っておいて損はないかと。

さて、今年も後がなくなってきました。

今年の最後の旅は年末年始に予定しているフランクフルトになります。
フランクフルトから電車でパリやブリュッセルに足を伸ばそうか、などとも考えていましたが、今の情勢では不安です。フランクフルトが安全とも言えませんが。

どうなることやら。。。

Kind Regards,

ブリュレ

2015年11月16日 (月)

ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism札幌公演~考察

さて、ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonismですが、思ったことがいくつかあります。

まずはチケットの抽選について。

抽選と言っていますが、本当はビジネス効果を計算して選んでいるのではないか?という疑問です。

先の記事にも書きましたが、福住駅でチケット譲ってくださいと書いた紙を持っている若い女の子たちは地元の人ですよね?まさか、チケットを持っていない人が飛行機などで遠方から現地入りして、行き当たりばったりで譲ってもらおうなんて危険なことはしないでしょう。

我が家は首都圏在住ですが、第一希望でもない札幌に当選しています。しかも二度目。

嵐はJALのCMに出ています。

これらのことから、地元の人よりも飛行機利用で遠方から来る人を優先してJALの利益アップを図っている、なんてことはないだろうな?という素朴な疑念です。まあ、飛行機はJALしかないわけではないのですが。

次にCD販売について。

今回のJaponismではCDが3種類(初回盤、よいとこ盤、通常盤)も発売されました。

それぞれ微妙に内容を変えることで3種類すべて欲しいと思わせるのは姑息なこと極まりない。お金を貯めて楽しみにしているファンへの負担をどれだけ増やせば気が済むのか。

次はグッズ販売について。

寒いし雨が降る中、ファンを外に長い時間並ばせて、買っても袋に入れてくれるわけでもありません。スーツケースを持って傘をさしている人は買った物を持って売り場を離れるのも一苦労です。

会費を出しているファンクラブ会員にしかチケットを売らないのであれば、チケットを買った会員には一定数のグッズは事前にネットで入手できるようにしてあげるとか配慮できないのか?どれだけ殿様商売なんだ。

などなど、いろいろ考えると、ジャニーズは金のためには手段を選ばない、ろくでもない守銭奴に思ってしまいます。妻も大野君が好きなだけでジャニーズは大嫌いと言っています。CDも今回は買っていません。

一生懸命サポートしているのに食いものにされているファンたちが気の毒に感じてなりません。

話は変わりますが、裏社会には薬物を初めは客に気軽に提供し、客が中毒になれば自ら進んで高くても大量に買いに来るようになるので、楽して客をしゃぶり尽くせるという「ビジネスモデル」があるようです。

くわばらくわばら。。。

Kind Regards,

ブリュレ

ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism札幌公演~当日

今年は2回目の札幌へARASHI LIVE TOUR 2015 Japonismを見るために行ってきました。2012年のpopcorn札幌公演では妻と2人でしたが、今回は義姉とその中学生の娘を加えて4人でした。

前回のブログはこちら。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/popcorn-a0e7.html

まずは新千歳空港から札幌ドームへバスで移動。グッズを買いに行きました。

Arashi_sapporo_2015_1

憂鬱になる長蛇の列。それでも1時間半ほどで買い物も終了。ライト一本2,300円もするのかよ~。4本買ったら財布が空になってしもうた。。。

地下鉄で札幌駅へ向かい、義姉母子と合流し、すすきのの「味の羊ケ丘」でジンギスカンを食べて夜に備えました。

Arashi_sapporo_2015_2

店の窓の外にとても人懐っこいカラスが。

Arashi_sapporo_2015_3

さて、焼き始めましょう。

Arashi_sapporo_2015_4

左側の脂が少なめの方がモモ、右側の脂が少し多めのほうが肩ロース。他に豚のホルモンもいただきました。美味しかったです。

Arashi_sapporo_2015_5

地下鉄で札幌ドームの最寄り駅の福住に着くと、チケット譲ってくださいと書いた紙を持っている女の子たち多数。ドーム近くには写真を路面で売っている怪しい人や、チケット余っていたら買うよ~、とダフ屋。

ドーム敷地内は大行列。

Arashi_sapporo_2015_6

今回の私たちの席はアリーナ後方の某ブロック最前列。「線路」脇でした。

開演すると会場は総立ちになり、後ろの列の背の低い女の子たちは大興奮。「ヤバい!どうしよぅ~!」と熱狂とも苦悩とも取れる声を上げています。私の右隣は女性としては背が高い妻、左隣は着膨れした男性。私が立つと壁になって後ろの子たちは見えなくなるよなぁ、と思い。私はほぼ着席していました。別にファンでもないんでね。

少しすると、移動ステージが私たちの頭上を通過。妻の真上を通ったのは大野君。妻が私の次に好きな人です。大野君に指を差された妻は狂喜乱舞していました。指くらいいつでも差してやるのにな、と思いました。

「線路」を松潤が一人で通ったとき、それを間近で見た姪っ子が一言「かっこいい・・・」。

ところで、今回グッズ売り場で買ってきた2,300円のライトはこちら。

Arashi_sapporo_2015_7

開演前に座席でちょっとした初期設定をしておく必要があります。そうしておくと、ライブ中は色が勝手に変わります。大野君のときは全部青でニノのときは全部黄になったり、全部消えて会場が真っ暗になったり、光が波のように会場を動いたり。まるで観客が照明係みたいや~。

公演も終わりに近づき、嵐が「ラストスパート行くぞ!」みたいな掛け声をかけると、後ろの子たちは「嫌だぁ~っ!」と泣きそうな声。どんだけ好きやねん。

一旦公演は終了して嵐コールが会場から沸き上がり、アンコール。数曲歌って終了。

再度の嵐コール。でも流れてきたのは退場のアナウンス。めげずに嵐コール。めげずに退場アナウンス・・・ D.C.

アンコールが短いと不満の声が周りからは聞こえましたし、妻も前回よりあっさりだと言っていました。

それでも、大野君が2回も頭上を通ったりして、メインステージからは遠いものの、とても楽しんだようです。

雨の中、福住駅まで行進して、すすきのの居酒屋で遅い夕飯を食べて終了。

疲れた・・・

Kind Regards,

ブリュレ

2015年11月 9日 (月)

初めての山形~食事とちょっと観光

夜になり出動です。行き先は山形駅近くの居酒屋「酒菜一」です。ごちゃごちゃとした飲食街のビルの2階にあります。

まずはお通し。

Sakanaichi_1

鶏つくね焼き。

Sakanaichi_2

銀鱈西京焼き。

Sakanaichi_3

山形牛サガリ焼き。

Sakanaichi_4

するめいか一夜干し。

Sakanaichi_5

米の娘豚厚切りロース味噌粕漬け。

Sakanaichi_6

比内地鶏唐揚げ。

Sakanaichi_7

キクワタ(鱈の白子)朴葉味噌焼き。

Sakanaichi_8

天婦羅盛り合わせ。

Sakanaichi_9

キンキ煮付け。

Sakanaichi_10

芋煮。

Sakanaichi_11

〆のおにぎりに、

Sakanaichi_12

そばで終了~!

Sakanaichi_13

あれ?飲み物はなし?

んなわけありません。乾杯の生ビールの後に山形の地酒をいろいろ。

「東北泉 特別純米」。

Sakanaichi_14

「くどき上手 短稈渡船(たんかんわたりぶね) 純米大吟醸」。

Sakanaichi_15

「十四代 純米吟醸 酒未来」。

Sakanaichi_16

「十四代 中取り純米吟醸 愛山」。

Sakanaichi_17

美味しゅうございました。日本酒も料理も楽しめるこのお店はお薦めです。

霞城セントラルはクリスマスムード。

Yamagata1_16

Yamagata1_17

飲んで食べてお腹一杯で就寝sleepy

朝目が覚めたら雲の上でした。

Yamagata2_1

もちろんホテルからの景色ではなく、蔵王ロープウェイ山頂からの眺めです。

山頂のお地蔵さん。

Yamagata2_2

百万人ゲレンデからの眺め。

Yamagata2_3

紅葉は終わりかけ。

Yamagata2_4

下山してお昼は「ろばた」でジンギスカン。

Yamagata2_5

蔵王がジンギスカン発祥の地という説もあるなんて知らなかったです。美味しい。

山形駅行きのバスが来るまで散歩。

Yamagata2_6

盃湖を一周してバスターミナルに戻りました。

Yamagata2_7

山形駅で少し休んでから空港行きのシャトルバスで山形空港へ。

空港内のレストラン「名月荘エアポートキッチン欅」で最後の食事をいただきました。

このお店はかみのやま温泉の旅館「名月荘」プロデュースのようです。

私は「山形芋煮」と「あら玉 つや姫 純米吟醸」。

Yamagata2_8

妻は「冷やし肉そば」と「利き酒セット」。

Yamagata2_9

どちらも美味しかったです。空港で地酒を飲みながら料理を食べられるのはいいですね。

さて、初めての山形。今回は観光は目当てではなかったので美味しいものが食べられただけでいいのですが、本格的に観光をしようとすると車がないと駄目ですね。京都や金沢のように名所が徒歩圏にいろいろあるわけではないので移動が必要ですが、電車もバスも1時間に1本くらいで自由に動けません。

また行くことがあればレンタカーでも用意しようと思います。が、次回はあるかな~?

今回は甥っ子が山形に下宿中で妻が滅多にない山形出張が入ったので私もついでに行きましたが、小国川漁協の組合長を自殺に追い込んで(自殺じゃなかったりして・・・)まで税金使って自然破壊の最上小国川ダム建設を強行する山形県という、ブラックなイメージが強すぎるせいか、「また行こう」という気が出てきません。

美味しいものも見どころもいろいろあるのになぁ。。。

Kind Regards,

ブリュレ

初めての山形~無事到着

東北はほとんど未踏の私ですが、ちょっと山形に行くことになりました。

山形県と言えば、ダムのない川である小国川に最上小国川ダム建設を計画し、それに反対していた小国川漁協の組合長を自殺に追い込んでまで強行しようとしていることで有名です。

人を殺してまで税金使って自然破壊をするような県には行く気はなかったのですが、妻が山形出張ついでに山形在住の甥っ子に会いに行くということで3人で現地集合することになりました。

妻は先に新幹線で山形入りしていたので、私は一人、空路で入りました。霧のため仙台空港に着陸する可能性があるという条件付きでした。

まずは羽田のラウンジで時間つぶし。

Yamagata1_1

搭乗口からバスに乗り、ちっちゃい飛行機で出発です。富士山が見えます。

Yamagata1_2

山形近くになると雲が多め。写真では分かりにくいですが紅葉もしています。

Yamagata1_3

結局、仙台空港には行かずに15分ほど遅れて山形空港に到着しました。

シャトルバスで山形駅に行くつもりでいたのですが、トイレに行ったりしているうちにシャトルバスが出てしまったようです。夜まで予定はないですし、初めての土地なので天童駅くらいまでぶらぶら歩いて電車に乗ってみよう、と歩き始めました。

何にもないところを歩きながらスマホで天童駅の時刻表を見てみると、早足でぎりぎり間に合うかもしれない電車がありましたが、それを逃すと1時間待ち。天童の一つ手前に乱川(みだれがわ)という駅があって、そこから乗れば30分待ちで確実に乗れるのでそうすることにしました。

乱川は無人駅。看板もなくて駅だと言われなければ分からないようなところでした。待合室で切符が買えます。

時刻表はこんな感じ。1時間に1本ペース。

Yamagata1_4

無事に山形駅に到着しました。さて、ホテルのチェックイン時間にはまだ早いので、どこかでお昼を食べましょう、と駅から歩いて見つけた「龍上海 山形店」。

「赤湯からみそラーメン」を注文しました。

Yamagata1_5

からみそを溶かす前のスープは味噌汁みたいで、溶かすとピリ辛になります。可もなく不可もなくという感じでしょうか。

まだ少し時間があるので、霞城公園へ腹ごなしの散歩に。

Yamagata1_6

葉が色づき綺麗です。園内をのんびり歩きました。

Yamagata1_7

Yamagata1_8

Yamagata1_9

Yamagata1_10

Yamagata1_11

最上義光って馬だったのか。。。

Yamagata1_12

「いえ、馬に乗っている私が最上義光です。」

Yamagata1_13

失礼しました。

公園近くの霞城セントラルに入っている「山形駅西口ワシントンホテル」が今日のお宿。

Yamagata1_14

Yamagata1_15

ビジネスホテルにしては広く、照明も明るくていい感じ。

夜の出動まで風呂入ってビール飲んで寛ぎました。

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2015年11月 2日 (月)

超久し振りのドイツ旅行は実現するか?

年末に失効するマイルがあるので、年末年始にどこかへ行けないかと探していました。多くの人は早くから手配をするので、当然ながらホノルル、グアム、北米、ヨーロッパ、どこも空きはなかったのですが、つい先日空きを見つけたのがフランクフルト便エコノミー席。

5泊の旅程なので、とりあえずフランクフルトのホテルを5泊押さえて、一応旅には出られる準備が整いました。

ドイツは20年近く前に一度行ったことがあり、そのときは夏だったので気候も良く楽しめましたが、年末年始のフランクフルトで何をするのか、難民問題などで治安は大丈夫か、めちゃ寒い中でビールは旨いのか、などなど、疑問が次々に上がります。

果たして超久し振りのドイツ旅行は実現するのでしょうか?別の行き先に変わってしまうのでしょうか?

#ドイツ語も勉強せな・・・

Kind Regards,

ブリュレ

2015年11月 1日 (日)

心理学

数学と物理学の勉強スイッチが入ってしまったことを前記事で書きましたが、何故か心理学にも興味が出ています。勉強なんてやりたいと思ったときにやるのが一番なので、逆らわずに本を読むことにしました。

興味を持ったのはフロイトとユングですが、そんな特殊領域にいきなり入るのはどうかと思い、まずは心理学を概観するために読んだ本は「心理学 第5版(東京大学出版)」です。

Photo

ところどころ説明が分かりにくいところがあったりしますが、ランダウとリフシッツの物理学の本に比べればはるかに読みやすいです。へぇ~、なるほど、と思うこともいろいろ出てきて面白く読めました。

続いてはフロイトとユング。

フロイトは本人の著書「精神分析入門(新潮文庫)」、ユングは河合隼雄「ユング心理学入門(岩波現代文庫)」から始めることにしました。

Freud_jung

これらに続いて、フロイト「夢判断(新潮文庫)」、小此木啓吾「現代の精神分析 フロイトからフロイト以降へ(講談社学術文庫)」、小此木啓吾・河合隼雄「フロイトとユング(講談社学術文庫)」が待っています。

こちらも長~い旅になりそうだ。。。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »