« この本も読まな・・・ | トップページ | 映画版の残穢(ざんえ) »

2016年2月 7日 (日)

残穢(ざんえ)

ホラー小説「残穢(ざんえ)」を読みました。

Zane

映画化されたので通常のカバーの上に映画用のカバーがかけられています。

文体は軽く、文章自体には魅力を感じませんでしたが、それでもじわじわと来る怖さがあります。話の内容・構成がいいのでしょう。私としては怖さのピークは真ん中あたり、高野トシエの話かな。

映画は見に行くか分かりませんが、小説と映画、どっちが怖いのでしょうか。

Kind Regards,

ブリュレ

« この本も読まな・・・ | トップページ | 映画版の残穢(ざんえ) »

オカルト」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この本も読まな・・・ | トップページ | 映画版の残穢(ざんえ) »