« 過炭酸ナトリウムについて(理論編) | トップページ | ヤマト運輸を騙ったウイルス添付メール »

2016年6月25日 (土)

洗濯洗剤の選択について

洗濯洗剤には余計な(?)添加物がいろいろ入っているので、選択が煩わしいと思う方もおられることでしょう。例えば、白物と色柄物を一緒に洗うので蛍光剤はないほうがいいとか、逆に別々に洗うので蛍光剤の入っているものと入っていないものを使い分けたいとか、漂白剤は必要に応じて別に入れるので洗剤には入っていないほうがいいとか・・・

それで、市販の洗濯洗剤(花王とライオンだけですが)を蛍光剤と漂白剤の有無で分類して、ついでに液性(酸性、中性、アルカリ性)も分かるようにしました。

Photo

それにしても、一つのメーカーで同じような商品がいくつもあるのは何でですかね?汚れ落ちとかがそんなに違うものなのか疑問です。

さて、漂白剤を別に入れる場合の考慮点です。

先の記事「過炭酸ナトリウムについて(理論編)」
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-2e26.html

でも書きましたが、酸素系漂白剤の有効成分は過酸化水素です。ただし、過酸化水素自体に漂白作用があるというより、過酸化水素が分解して水と酸素になる際に漂白作用が現れるという原理です。この分解はアルカリ性の下でのほうが進行しやすいです。

粉末の漂白剤は過炭酸ナトリウムが主原料で、これは水に溶かせばアルカリ性になるので洗剤が中性でも効果は出やすいですが、液体漂白剤は酸性なので漂白効果を高めるにはアルカリ性の洗剤と合わせるほうが良いでしょう。

逆に漂白効果が高いと生地を痛めやすくなるとも言えるので、そのような場合は中性洗剤+液体漂白剤というほうがいいかもしれません。

洗剤自体もアルカリ性のほうが一般的には汚れ落ちがいいので、

結論:
がっつり洗いたい -> アルカリ性洗剤+粉末漂白剤
やさしく洗いたい -> 中性(もしくは酸性)洗剤+液体漂白剤

でしょうか。

Kind Regards,
ブリュレ

« 過炭酸ナトリウムについて(理論編) | トップページ | ヤマト運輸を騙ったウイルス添付メール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 過炭酸ナトリウムについて(理論編) | トップページ | ヤマト運輸を騙ったウイルス添付メール »