« 梅雨時の洗濯 | トップページ | 洗濯洗剤の選択について »

2016年6月24日 (金)

過炭酸ナトリウムについて(理論編)

掃除に使える薬品として重曹、炭酸ナトリウム、セスキ炭酸ソーダがどこも似たり寄ったりのバラエティー情報番組で取り上げられたりしていますね。簡単にまとめておきましょう。

まず、「ナトリウム」と「ソーダ」は同じものです。それなので、

炭酸ナトリウム=炭酸ソーダ
セスキ炭酸ソーダ=セスキ炭酸ナトリウム

のようになります。ナトリウムはドイツ語、ソーダは英語由来ですが、理学系ではナトリウム、工業系ではソーダを使っていることが多いように感じます。以下では基本的にナトリウムで統一しておきます。ソーダのほうが好きな方は読み換えてください。

重曹は重炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムとも呼ばれます。重炭酸ソーダを略して重曹です。化学式は以下のとおりです。

NaHCO3

炭酸ナトリウムの化学式は、

Na2CO3

セスキ炭酸ナトリウムは、

NaHCO3・Na2CO3

このようにセスキ炭酸ナトリウムは炭酸水素ナトリウム(重曹)と炭酸ナトリウムがくっついたものです。

いずれも水に溶かすとアルカリ性を示し、アルカリの強さは

炭酸水素ナトリウム(重曹)<セスキ炭酸ナトリウム<炭酸ナトリウム

となります。いずれの水溶液も同じ種類のイオンが異なる割合で存在しているものなので、性質的には似た者同士になります。強い洗浄効果が欲しい場合はアルカリの強い炭酸ナトリウム、少しマイルドなほうが良ければセスキ炭酸ナトリウムか重曹、みたいな使い分けでいいかと思います。入浴剤として使用する場合、重曹に比べてセスキ炭酸ナトリウムや炭酸ナトリウムはアルカリが強くなり肌荒れしやすくなるため、量に注意すると良いでしょう。

それでは表題の「過炭酸ナトリウム」に話を移します。

名前が似ているので同じようなものと思われるかもしれません。同じようなものとも言えますが、全く違う面があります。過炭酸ナトリウムの化学式は、

2Na2CO3・3H2O2

化学式の前半のNa2CO3は先述の炭酸ナトリウムですが、後半のH2O2は過酸化水素です。過酸化水素は殺菌に用いられるオキシドールの成分で、酸素系漂白剤としても利用されています。

炭酸ナトリウムは洗浄作用があり、過酸化水素は漂白・殺菌作用があるので、過炭酸ナトリウムは漂白剤入りの洗剤と考えることができます。

先に挙げた炭酸水素ナトリウム(重曹)、セスキ炭酸ナトリウム、炭酸ナトリウムは洗剤としても、使用量に注意すれば入浴剤としても使えますが、間違っても過炭酸ナトリウムを入浴剤として使ってはいけません。

過炭酸ナトリウムがもうすぐ大量に入荷する予定ですが、使用効果を「実践編」で書けるかどうかは未定です。

Kind Regards,

ブリュレ

« 梅雨時の洗濯 | トップページ | 洗濯洗剤の選択について »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨時の洗濯 | トップページ | 洗濯洗剤の選択について »