« 本日の収穫 | トップページ | なんとなく沖縄へ~後編 »

2016年12月20日 (火)

なんとなく沖縄へ~前編

なんとなく沖縄へ一泊二日で行ってきました。

沖縄へは私は18年前に一泊二日の社員旅行で行っただけで、妻も同じくらい前に一泊二日の出張で行っただけ。我が家には沖縄はあまり縁がない場所でしたので、ちょっくら行ってみるか、ということで行くことにしました。また一泊二日ですが。。。

羽田空港で朝食を取ろうと、眠い目をこすりながら早めに空港に着いてタッチ&ゴーで保安検査場を通ろうとしたら、乗る予定の便の搭乗手続きが停止中とのことで窓口へ行くことに。

機体変更で座席が減ってしまったために前の便への振り替えを募っているそうで、一本早い便に乗ることにしました。朝食をゆっくり取る時間がなくなったので、空弁に変更しました。

Okinawa1_1

国内線の利用は北海道便と石川便が多いので、それらに比べると那覇は遠いですが、なんとか到着。

Okinawa1_2

空港直結の那覇空港駅からモノレール「ゆいレール」に乗ります。

Okinawa1_3

目的地は終点の首里です。一日券(24時間有効)を購入して出発です。

Okinawa1_4

首里駅に到着。お腹が空いたので「首里そば」を目指しましたが、大行列につき断念。近くをぶらぶらと歩いていたらお店を発見。

Okinawa1_5

「あしびうなぁ」というお店です。遊びにおいで、みたいな意味らしいです。古民家風の建物で、室内と縁側に席があり、特に縁側の席は人気のようで予約で塞がっていました。

とりあえずビールで。オリオン生ビールです。

Okinawa1_6

真冬といえども少し歩くと汗ばむ暖かい沖縄でのビールは美味しいです。

食事は軽く「沖縄そば」。

Okinawa1_7

とてもあっさりしたつゆにもちもちの麺、甘みのある三枚肉に蒲鉾と、十分に沖縄を堪能した気分です。お値段もリーズナブルなのでお薦めです。

腹ごなしに首里城へ向かいました、って、食事がメインかい?!

首里城一帯は有料エリアと無料エリアがありますが、せっかくなので有料エリアも見てきました。ゆいレールの一日券で割引があります。

適当に写真を載せておきます。

Okinawa1_8

Okinawa1_9

Okinawa1_10

Okinawa1_11

Okinawa1_12

続いて、歴代琉球国王が葬られている「玉稜(たまうどぅん)」へ。首里城とは別料金です。こちらもゆいレールの一日券で割引があります。

チケット売り場の地下に資料室があって、それを見てからお墓を参拝します。

Okinawa1_13

しかし、この「たまうどぅん」、どうしても「釜玉うどん」が頭に浮かんでしてしまって困ります。。。

首里駅へ戻る際に「龍潭」越しに見た首里城。

Okinawa1_14

歩き疲れたので、一旦ホテルへチェックインします。今宵の宿は「ダブルツリー by ヒルトン 那覇」です。ゆいレールの旭橋駅前にあります。

Okinawa1_15

Okinawa1_16

部屋に置かれていたちんすこうなどのお菓子とチェックイン時にいただいたクッキー。そういえば、アメリカのDoubleTreeでもクッキーをもらった記憶があります。

Okinawa1_17

沖縄なのでひょっとしたらオーシャンビューかな・・・

321




Okinawa1_18

ステーションビューでした。ここは海辺ではありませんしね。

夕食までに時間があるので、ちょっとお散歩。

「波の上うみそら公園」。

Okinawa1_19

那覇市内でも水は綺麗です。離島はもっと綺麗なんだろうなぁ・・・

Okinawa1_20

まだ少し時間があるので、「波上宮(なみのうえぐう)」に立ち寄りました。

Okinawa1_21

参拝をしようとしたら本殿前で結婚式の集合写真を撮っていたのでしばらく待っていましたが、一向に終わる気配なし。

いったい何枚撮んねん、と思いながら待ち続けると、やっと終了、と思いきや、新郎新婦だけの写真撮影に入りました。着物を直したり姿勢を正したり、待ちぼうけです。

写真撮影が終わったかと思うと、今度は動画撮影。新郎新婦が参道を歩くところを撮影しています。その間も画に入り込まないように、誰も参拝できません。諦めて帰ります。

Okinawa1_22

まあ、お賽銭が浮いたということで、良しとしましょう。

ゆいレールに乗って県庁前駅に到着。あたりをうろうろすると発見。

Okinawa1_23

目当てのお店ではありませんが、時間限定とはいえ、オリオン生ビール100円って、めちゃ安いやん。

Okinawa1_24

ご飯が「じゅーしー」って違和感あり。

「クオリティーに絶対の自信!!」

Okinawa1_25

キャバクラに仕事の付き合いで数回行ったことがある程度の私にはクオリティーとか言われても何のことやら、って感じです。勝手にやり取りを想像してみました。

「店を探しているのですが。」

「お客さん、どんな店をお探しで?」

「朝ドラのヒロインみたいに清楚なお嬢さん風の女の子がいる店が・・・」

「お客さん、結構マニアックだね。」

「そんな店ないですよね?」

「あるよ。」

「え?本当ですか?」

「もちろん。しかもその子の名前はスミレ。どう?」

「そこでお願いします!!」

そんな空想をしていたら夕食の予約時間になったのでお店に行きました。

「食彩酒房 まつもと」です。知人から今まで食べた豚肉で一番美味しかったと薦められて思わず予約してしまったお店です。

Okinawa1_26

あぐー豚しゃぶのコースをいただきます。

Okinawa1_27

コースには海ぶどうと、

Okinawa1_28

もずくが付いています。

Okinawa1_29

それらをつまみにして、オリオン生ビール。

Okinawa1_30

海ぶどうはぷりっぷりで、もずくも柔らかい酢で美味。

追加オーダーで島らっきょうもいただきました。これもいい。

Okinawa1_31

あぐー豚しゃぶの野菜(2人前)。白菜、椎茸、葱、エリンギ、島豆腐、えのき、水菜。

Okinawa1_32

メインのあぐー豚は一人200gだそうです。脂身がすごく多いです。

Okinawa1_33

鍋作りはお店の方が主導してくださるので、言われたとおりにしていれば美味しくいただけます。

例えば、肉を何枚かしゃぶしゃぶしてあぐー豚の出汁が出てから野菜を食べると美味しいとか、ポン酢で食べる以外に肉にシークワーサー胡椒を付けたり、島らっきょうを肉で巻いたりしても美味しいとか。

脂身が多いですが、まったくしつこくなく、柔らかく甘い肉はどのように食べても美味。私は角のない柔らかいポン酢が一番気に入りましたし、妻は島らっきょうを巻いたのが特に良かったそうです。

〆はおじや。

Okinawa1_34

お腹は一杯でしたが、出汁の利いたおじやが美味しくないわけがないので、ドラマ「孤独のグルメ」の曲を思い浮かべながらラストスパートで完食。

「ごちそうさまでした。」

正直なところ、沖縄で美味しい料理は期待していませんでしたが、知人からこのお店を紹介してもらったおかげで、考えが変わりました。それくらい美味しかったです。

ホテルに戻ってちょっと一杯。

私は泡盛「残波」をロックで。

Okinawa1_35

妻は白ワイン。シャルドネかな?

Okinawa1_36

少し飲み足りないので、部屋で沖縄っぽいものを。

Okinawa1_37

妻はJAL機内で買った美容器具を使って、「顔が引き締まった!」とか言って喜びながら就寝。

Okinawa1_38

明日はレンタカーを借りて「沖縄美ら海水族館」へ向かいます。

おやすみなさい。

Kind Regards,

ブリュレ

« 本日の収穫 | トップページ | なんとなく沖縄へ~後編 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

国内の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の収穫 | トップページ | なんとなく沖縄へ~後編 »