« いじめについて思うこと~実体験 | トップページ | いじめについて思うこと~「弱い」と「優しい」は違う »

2017年2月20日 (月)

いじめについて思うこと~言葉の暴力

さて、いじめを少し違った観点から見てみましょう。

悪口を言われたり罵られたりという言葉の暴力を受けた際の反応には個人差がありますが、大雑把に分けると以下の3種類になるでしょう。

A. 悲しむ・苦しむ
B. 相手に反撃する
C. あまり気にしない

このAが一般にいじめと認識されます。Bは喧嘩とみなされ、Cは表沙汰にはなりにくいでしょう。

「馬鹿」でも「クズ」でも「死ね」でも何でもいいのですが、同じ言葉を言われてもA~Cのように反応に大きな違いがあるわけですから、言葉が暴力になるかどうかは受け手が決めていることになります。

悪口をナイフに例えて、悪口を言った人はナイフを対象の人に手渡したと考えてみます。Aは受け取ったナイフを自分に刺し、Bは悪口を言った相手を刺す。Cはナイフを捨てたと捉えることができます。

こう捉えると、AとBはナイフで刺す対象が異なるだけで、攻撃している点は共通していると考えられないでしょうか。

悪口や罵倒はもちろん良いことではありません。でも、悪い人がいなくなることはないですし、悪い人でなくても好き嫌いや主義主張などは当然あるので、周りの皆が自分に耳障りのいいことばかり言ってくれることを期待するのは甘いというか、わがままでしょう。

相手には自分を嫌う自由と権利があると考えて、それは冷静に受け入れるということも必要なのではないでしょうか。

Kind Regards,

ブリュレ

« いじめについて思うこと~実体験 | トップページ | いじめについて思うこと~「弱い」と「優しい」は違う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いじめについて思うこと~実体験 | トップページ | いじめについて思うこと~「弱い」と「優しい」は違う »