« ヤマト運輸の再配達時間指定見直しの可能性 | トップページ | 居酒屋はしご »

2017年3月15日 (水)

クレジットカードとデビットカードはどっちがいいのですか?

[質問]

最近はテレビでデビットカードのCMをよく見かけますが、クレジットカードとデビットカードと、ぶっちゃけどっちがいいのですか?

[回答]

クレジットカードは借金しているみたいで嫌だとか、デビットカードなら銀行の口座残高以上に使う心配がないので安心とか、いろいろ言われていますね。

結局は好きなほうを使えばいいのですが、双方の違いをいくつか見てみましょう。

1. 支払いタイミング

クレジットカードは1か月分まとめて口座引き落としで、デビットカードは口座から即時引き落としが原則です。

急激なデフレ環境でもない限り、支払いを無利子で先送りできるクレジットカードのほうが経済理論的には有利です。

2. ポイント(キャッシュバック)

多くの場合、クレジットカードのほうがポイント還元率が高いのでお得です。

3. 不正利用リスク

支払いタイミングとも関わりますが、クレジットカードを不正利用されても口座引き落としまでに日数があるので、早めに気付いてカード会社に連絡すれば引き落としをされずに済む可能性が高いです。

一方、デビットカードの場合は即時引き落としされてしまうので、引き落としを止める手段がありません。一旦引き落としをされてから警察に被害届を出してデビットカードを発行した銀行に連絡して・・・と、所定の手続きを経て後日返金になります。

住宅ローンの返済の引き落としがある前日にデビットカードで不正利用の引き落としがあったら・・・なんて考えると怖いですね。

こうやって見てみると、客観的にはクレジットカードのほうが有利で、デビットカードのメリットは気分的なものだけと言えると思います。

さて、ここからは余談です。

なぜデビットカードのCMなどを増やして、入会特典などを付けてデビットカードを勧めようとしているのでしょうか?

恐らく、決済における現金比率がまだ高い日本で銀行やVISA、Mastercardなどが利益を増やしたいからでしょう。

日本でクレジットカードを敬遠する人の多くは「借金が嫌」なので現金で支払っていると思います。デビットカードは現金と同じというイメージを付けることで現金主義の人にカードを利用させようという目論見があると考えられます。

また、銀行としては財布に入っている余分な現金を口座に入れておいてもらうほうがいいということもあるでしょう。

さらに余談を続けます。

アメリカではカード取扱高でデビットがクレジットを越えたようです。上の話では客観的にはクレジットのほうが有利のはずなのに、なぜデビットが多くなっているのでしょうか?

それは、日本とアメリカの違いが一因です。

まずクレジットカードの支払いが日米で異なります。

アメリカでは基本がリボ払いなのに対し、日本は1回払いが普通で分割やリボも可能という感じです。日本でも最近はカード会社がリボ払いを積極的に勧めてきますが、リボ払いは金利が付くためデビットより有利とは必ずしも言えません。

次にクレジットカードの審査は一般的にアメリカのほうが厳しいということも理由に挙げられるでしょう。

アメリカではクレジットヒストリーという、カードやローンの利用実績が重視されていて、いい実績がないとクレジットカードを作ることが難しい仕組みになっています。カード社会のアメリカでクレジットカードが作れなければデビットカードを作るしかありません。それに対して日本では「○○カードなら主婦・学生・バイトもOK」なんて謳っていたりしますよね。

デビットカードのほうが「優れている」からアメリカで普及している、というわけではないのです。

日本での少額決済には電子マネーやプリペイドカードもあります。選択肢は多いので、ご自身のライフスタイルに合ったものをお選びください。いずれにしても、

ご利用は計画的に。

Kind Regards,

ブリュレ

« ヤマト運輸の再配達時間指定見直しの可能性 | トップページ | 居酒屋はしご »

よくある質問(FAQ)」カテゴリの記事

不正・犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマト運輸の再配達時間指定見直しの可能性 | トップページ | 居酒屋はしご »