« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

2017年7月11日 (火)

福祉について思うこと

イタリアンレストランに車椅子で入店できずにネットで騒動を起こした乙武某、バニラ・エアの飛行機へタラップを這い上がって搭乗しようとした木島某。

このような話を目にして、昔々私が経験した出来事を思い出しました。

私は大学に入学してすぐに学生寮に入りました。そこは普通の人が住むにはいろいろ厄介なところだったので1か月ほどで出てしまいましたが、その寮で起こった出来事です。

寮の自治会が企画したものだと思いますが、ある薬害による先天性の障害で車椅子生活をしている人が寮の1階の食堂兼集会所で演説を行いました。その中で当人が言ったこと、

「健常者は障碍者の世話をすべきなんです!」

「協力してください」、ではなく、「世話をすべき」、という強い言葉で主張していました。これにはとても違和感を覚えました。薬害の被害にあったのは気の毒に違いありませんが、無関係の人間に世話をしろなんて、よく言えるよなぁ、と。

演説が終わって私は上階の居室に戻り、少しして居室の外に出たら、先ほどの障碍者が階段を下りたいので手を貸してくれ、と。何人かで車椅子ごと抱えて1階まで下しました。当人は「ありがとう」、と。

そんな手伝いをするくらいは別に構わないのですが、そもそも何で居室しかない上階に来ていたのか、後で疑問に思いました。主催者との話などは1階で済ませればいいのですから、わざわざ人の手を借りてまで上階に上がる理由が分かりません。世話をさせること自体が当人と主催者の目的だったのか?何か釈然としない気持ちでした。

障碍者に限ったことではないのですが、福祉には常に同様の問題があると思っています。

本来、福祉は余裕のある人が困っている人を救おうとする善意と、助けられた人のそれへの感謝という、心の結びつきが基本にあるはずです。ですが、福祉が一旦制度になってしまうとその心が失われていき、余裕のある人にとっては福祉は義務、困っている人にとっては福祉は権利として認識されていくようになります。善意-感謝の良好な関係が義務-権利の対立する関係に変質してしまいます。

一部の生活保護受給者がパチンコをやっていたり、無料で得た処方薬を横流しして利益を得ていたりすることへの非難も義務-権利の対立が根底にあると考えます。

上記の車椅子の事例は障碍者の側の権利意識が非常に強く感じられ、その結果、健常者からの反感を買うことに繋がってしまっていると思います。

ほとんどの障碍者は普通に自然に周りと協調しているのでしょうから、これらの事例のような言動はごくごく一部の人のものだと思いますが、障碍者vs健常者みたいな構図に発展しかねない騒動は好ましくないと思います。

周りに気遣って生活しているのは何も障碍者だけではありません。多くの健常者も他人にできるだけ迷惑をかけないように暮らしています。障碍者だ健常者だではなく、皆が社会の一員としてお互いへの心配りを忘れずに振る舞っていくのが正しいあり方ではないでしょうか。

Kind Regards,

ブリュレ

2017年7月10日 (月)

初めての宮崎の旅~2日目

Miyazaki2_1

いい天気。今日も暑くなりそうだ・・・

ホテルで朝食というのもひねりがないので、近場で朝食が取れるお店を探して見つけました。

「大盛うどん」。大正2年創業の老舗です。入店したのは朝9時頃でしたが、結構人が入っています。

私は「わかめうどん」。

Miyazaki2_2

妻は「玉子うどん」。

Miyazaki2_3

早速つゆを一口飲んでみると・・・「甘~~~い!」

まず甘さが際立っています。関東の蕎麦やうどんのつゆも甘さを感じますが、それとは違います。すき焼きの割下とも異なる甘みです。わかめなどでは太刀打ちできません。逆に出汁の旨みはあまり感じません。宮崎でこれが普通なのかどうかは分かりませんが、私にはかなり独特の味に感じます。

玉子うどんは玉子をつゆに溶くと甘さがまろやかになり食べやすい気がします。かまぼこなどの具もわかめよりは味がしっかりしているのでバランスはいいでしょう。

恐らくこのつゆには肉うどんに玉子トッピングがベストではないでしょうか。

うどんはふかふかとまでは行かない柔らかめ。丼は小ぶりですが、うどんは結構入っています。

老舗で暑い朝に熱いうどんをしっかり食べて出発です。

大盛うどんの近くには「宮崎神宮」「護国神社」があるので腹ごなしに行ってみました。

まずは護国神社。

Miyazaki2_4

Miyazaki2_5

続いて宮崎神宮。

Miyazaki2_6

手水舎には珍客。

Miyazaki2_7

カタツムリなんて見たのはすごく久し振りです。

Miyazaki2_8

ここまでは当初の予定外でしたが、ここからは予定どおり進みます。

「青島」に到着。

Miyazaki2_9

青島はもちろん、宮崎に来たのが初めてだというのに、ここには何度も来たことがあるような・・・これがデジャブ?

島には磯があり、

Miyazaki2_10

観光客がたくさんいて、

Miyazaki2_11

神社がある。

Miyazaki2_12

すべて過去の記憶と重なっています。絶対に何度も来たことがあるような気がしてなりません。

ん?待てよ。ここにはなさそうなものがいくつかあるぞ。

サザエのつぼ焼き、シラス丼、フレンチトースト・・・

そして、「エスカー」

青島を後にして駐車場へ戻ってくると、私たちより一足先(というか、かなり昔)に宮崎入りしたニニギ家の皆様がいらっしゃいました。

Miyazaki2_13

ニニギさんは昨日天岩戸神社で見かけたアマテラスさんのお孫さんです。最初に霧島連山の高千穂峰に来て以来いろいろな神社で人気者だそうですが、彼は嫌なものは嫌とはっきり言う、かなり自己主張の強い方です。

例えば、奥さんのコノハナサクヤヒメさんとこの地に来て知り合ったとき、とても美しい方なので結婚を申し込んだところ、彼女のお父さんは喜び、「姉のイワナガヒメも一緒にお付けします!」と、通販並みのサービス。なのに、ニニギさんは姉の方は醜いからと送り返してしまいました。義父はかなり怒ったとか。

一見すると青島に遊びに来たほのぼのとした家族のようですが、実は奥さんはホデリ君、ホスセリ君、ホオリ君という、ちょっとキラキラネームっぽい3人の男の子を燃える産屋で生んだという、壮絶な過去を持っているそうです。しかも、子供が生まれる前にニニギさんは奥さんの不倫を疑って、

「お腹の子、俺の子じゃないないんじゃねぇ?ジモティーの子じゃねぇ?」

なんて暴言を吐いたとか。どこの家庭もいろいろありますね。

3人の子を見た第一印象では、写真一番手前に座っている三男のホオリ君が一番の大物になりそうな気がしました。

それでは、ニニギさんが初めて降り立った高千穂峰のほうへ向かいます。

まずは「霧島東神社」へ。

本殿へ上がっていく途中で「御池(みいけ)」が見えます。いい景色です。御池は火口湖としては日本で一番深いそうな。時間があれば湖畔に降りてみたいところです。

Miyazaki2_14

Miyazaki2_15

Miyazaki2_16

Miyazaki2_17

とても静かな境内に蝉の声が響き、なかなかいい佇まいの神社です。

続いては、鹿児島県に入って「霧島神宮」

Miyazaki2_18

Miyazaki2_19

霧島東神社と違って大賑わいでした。

ここの名物は「鉾餅(ほこもち)」という、生八つ橋っぽいお菓子なので、お土産に買って霧島神宮を後にします。

ここまでずっと暑く、宮崎市内は33~34度、このあたりでも30度あったので、涼しいかもしれないところへ行くことにしました。

宮崎に入り直して「えびの高原」です。

Miyazaki2_20

なんとここの気温は23度。下界より10度ほど低いです。この旅で初めて涼しいと感じました。

霧島山周辺は噴火警報による立ち入り規制があって、通行止めの道路もあるのでご注意を。

お腹が空いたので、「足湯の駅 えびの高原」の2階にあるレストランでちょっと遅いランチを取ることにしました。

私は「和牛ホルモン定食」。妻は「宮崎牛ロース焼肉定食」。

Miyazaki2_21

Miyazaki2_22

Miyazaki2_23

特にホルモンは油が跳ねるので、紙エプロンをしたほうがいいでしょう。

味はいいですが、ちょっと肉の量が少ないかな、という印象です。

さて、そろそろ帰ります。

ここまでは霧島連山の南側を走って来ましたので、北側から宮崎空港へ戻りました。

レンタカーを返却し、空港内の「夢かぐら」にて最後のグルメ。

Miyazaki2_24

Miyazaki2_25

Miyazaki2_26

鶏のももとせせり、それぞれを生ビールセットでいただきました。まいうーです。

地ビール、焼酎、追加の料理を注文したいところですが、残念ながら時間切れ。

Miyazaki2_27

1泊2日の短い旅でしたが、まるまる2日遊び周ったので結構楽しめました。

あと1泊あれば、「三之宮峡」で滝を見たり、「たかはる清流ランド」で川遊びをしたり、「鵜戸神宮」の変わった様式の神社を見たり、「都井岬」で野生の馬を見たりできたかもしれません。

「あそこも行きたかったなぁ」と、少し心残りなほうが良い思い出になる乙女の私にとって、今回はなかなかいい旅だったと思います。

次に旅に出られるのはいつのことになりますかね。

Kind Regards,

ブリュレ

2017年7月 9日 (日)

初めての宮崎の旅~1日目

蒲田に前泊したおかげで楽に羽田空港に到着し、朝ご飯を買って搭乗しました。

Miyazaki1_1

そしてやっと初めての宮崎に降臨しました。

Miyazaki1_2

「宮崎ブーゲンビリア空港」。何だよ、ブーゲンビリアって。

調べたら花の名前だそうで。

話が脱線しますが、外国では空港に人名が付いていることが多いですよね。「ジョン・F・ケネディー」とか、「シャルル・ド・ゴール」とか。でも日本で空港の愛称に人名を使うとするとどんなのになるのでしょうか。

「広島 亀井静香 空港」

「福岡 松本龍 空港」

嫌だな。そんな空港。絶対使いたくない。

それに比べれば「宮崎ブーゲンビリア空港」とか「富山きときと空港」とかの訳分からない名前のほうがいいですね。

さて、本題に入ります。

私は無信仰なのに今回の旅は神社巡りが中心になります。神社に興味のない方は先送りボタンを押してください。

まずは空港でレンタカーを調達して、「天岩戸(あまのいわと)神社」へ向かいました。

途中で通った「青雲橋(せいうんばし)」

Miyazaki1_3

東洋一のアーチ橋だそうです。ここまで来るとブーゲンビリアっぽくない、日本の風景になります。どういう点が東洋一なのかは分かりませんが、山の緑と空の青は綺麗です。

「幸せを呼ぶ鐘」というのがありました。

Miyazaki1_4

ロープを引っ張ると鐘が鳴ります。意外に大きな音がしましたが、幸せが呼ばれたかどうかは今のところ不明です。

宮崎空港から2時間ほど走って天岩戸神社に到着すると、参道の入り口付近でダフ屋と女性が話していました。

ダフ屋:チケット余ってます?

女性:私はアマテラス。

Miyazaki1_5

早くも主役の登場です。

先へ進みます。

Miyazaki1_6

Miyazaki1_7

Miyazaki1_8

弟のスサノヲさんに嫌気が差してアマテラスさんが引き籠った天岩戸。私たちは見ませんでしたが、希望者には神職の方が案内してくれるそうで、当日でも申し込めば受け付けてもらえるようです。神社の公式ホームページには下記の記載があります。

「ご案内は料金を頂いておりません。お気持ちがある方は造営資金のご寄付などにご協力をお願いいたします。」

天岩戸の拝観を希望する場合は忖度してください。

さらに奥には引き籠ったアマテラスさんをどうやって引きずり出すかを神様たちが会議した場所と言われる「天安河原(あまのやすがわら)」があるので歩を進めました。

河原を歩いて行きます。

Miyazaki1_9

Miyazaki1_10

どうです?涼し気でしょう?

とんでもない。この日はめちゃくちゃ蒸し暑く、気温は32度ほど、湿度充填120%くらいの陽気で汗だくでした。妻の眼鏡は曇りっぱなし。コンタクトレンズで来れば良かったと言っていました。

ここが終点の天安河原。

Miyazaki1_11

洞窟のようなところに祠があります。

あっちこっちに小石が積んであって、「もはやブーゲンビリアではない」という異様な雰囲気が漂っています。

写真中央付近にお祈りしている人のようなものがうっすらと見えるかもしれませんが、それはお祈りしている人です。

Miyazaki1_12

Miyazaki1_13

藪から棒にお昼をいただきます。高千穂町の蕎麦店「天庵」です。

暑くてどうしようもないというのに、私は温かい「地鶏そば」。

Miyazaki1_14

良く見えませんが、ほんのり甘い鶏肉と牛蒡が結構入っています。

鶏肉は小さくカットされていますがしっかりした噛みごたえで噛むほどに旨みが出ます。牛蒡もいいアクセントになります。出汁も旨し。

妻は「冷やしおろしそば」。

Miyazaki1_15

大根おろしだけかと思っていたら野菜の天ぷらがいろいろ入っています。出汁の利いたそばつゆをかけていただきます。蕎麦の風味を楽しみたければこちらのほうがいいですね。

寒天のデザートで終了。

Miyazaki1_16

満足のランチの後は「高千穂神社」へ。

Miyazaki1_17

Miyazaki1_18

写真中央付近にお祈りしている人のようなものがうっすらと・・・(以下略)

本日の最後の観光スポットは「高千穂峡」です。

Miyazaki1_19

Miyazaki1_20

増水でボートの営業が中止だったため、「真名井(まない)の滝」付近に余計な人は写っていません。

ここも蒸し暑く、体力も限界につき、宿泊先へと向かうことにしました。

喉が渇いたので見たことのない飲み物を1本。

Miyazaki1_21

「愛のスコール」。何じゃこりゃ?

飲んでみると「○ルピスソーダ」的なもの。

また2時間くらいかけて宮崎市内へ車を走らせます。景色がいいと言えばいいのですが、単調なので運転に飽きてきます。妻は隣で熟睡です。

今宵の宿は「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」

Miyazaki1_22

Miyazaki1_23

当初はシーガイア内ですがシェラトンからかなり離れたところにある夏季限定の「プールサイドBBQ」で90分食べ放題飲み放題を満喫するつもりでいましたが、暑くて外に出るのは嫌になったので予定を変更。シェラトン内の「九州の米とあて 米九(こめきゅう)」で夕食を取ることにしました。「米久(よねきゅう)」ではありませんので、ハムがメインではありません。お間違いなきよう。

とりあえずビール。

Miyazaki1_24

生き返りました。まだ死んだことないけど。

メニューにはご飯にもお酒にも合いそうな料理がいろいろあるので、いくつかいただきました。

「椎茸の塩焼き」。

Miyazaki1_25

椎茸の味が濃くて美味しいです。

次は「みやざき地頭鶏(じとっこ)炭火焼」。

Miyazaki1_26

しっかりした身は噛むほどに鶏の旨みたっぷり。このままでも柚子胡椒を付けてもいいです。地元の焼酎「赤霧島」と「ひむかのくろうま」も投入。

「お造りの盛り合せ」。

Miyazaki1_27

やっぱり刺身は日本酒のほうが合うかな。

「佐土原茄子の浅漬け」。

Miyazaki1_28

箸休めに最適です。

鶏の料理でもう一品「せせりの炭火焼き」。

Miyazaki1_29

柔らかいながらも弾力のある食感と旨みがとてもいいです。

ここで〆。

「美味しいご飯と料理長厳選の「あて」セット(味噌汁付)」。

Miyazaki1_30

この日の「あて」は干しシイタケと干しタケノコのそぼろ煮、漬け物3種、炙り辛子明太子、塩海苔でした。どれもご飯が何杯でもいける、というような濃い味付けではなく、上品です。

ご飯も日によって変わるそうですが、この日は鹿児島産「あきほなみ」でした。小さめの釜で出されます。微妙な火加減で炊くのでおこげができるときとできないときがあるそうで、私たちのはおこげなし。

でも私たちは、

「ご飯はおこげが美味しいんだよねぇ~」

という類の人種ではないので、むしろラッキー。幸せを呼ぶ鐘のおかげでしょうか。やや固めに炊かれたご飯を美味しくいただきました。

ご飯だけでなく味噌汁もお代わりできるので、私はご飯3杯、味噌汁3杯をいただき、終了。お腹いっぱいです。

温泉施設「松泉宮」に行こうと思っていましたが、こちらもプールサイドBBQほど遠くはないですがホテル外に出る必要があり、暑くて疲れているので取り止め。部屋のシャワーで済ませて就寝です。

2日目に続きます。

Kind Regards,

ブリュレ

2017年7月 8日 (土)

初めての宮崎の旅~蒲田で前泊

ちょっと訳があって初めての宮崎へ一泊二日の旅をすることになりました。

羽田発の朝イチの便で家から行くのは朝が辛いので、蒲田で前泊です。

「相鉄フレッサイン東京蒲田」

Kamata_1

後で妻と合流するのでツインの部屋です。女性用のアメニティーをチェックイン時にいただきました。

とりあえずラーメンでも食べるか、と、食べログで検索するとホテル近くの「らーめん潤」というお店の評価が高かったので、食べログの評価は信用していませんが、行ってみました。

「めんまらーめん」。お好みは普通です。

Kamata_2

煮干がそれほど主張しないあっさりスープに多めの背脂とタマネギと太麺。チャーシュー、岩のり、めんま。私にはバランスが合っていないようで、かなり無理をして完食しました。

夜の怪しい蒲田を彷徨っていてもろくなことはなさそうなので、ホテルに帰還。

このホテルでは「Salvatore Cuomo & Bar」のルームサービスが利用できるので、口直しに「カプレーゼ」と、

Kamata_3

ボトルのオリジナル白ワイン。

Kamata_4

宮崎でどこを周るかを調べながら一杯やって就寝。

本題に続きます。

Kind Regards,

ブリュレ

NHKのネット受信料

NHKがテレビとネットの同時配信を計画して、テレビを持っていない家庭でもネット受信料を取る方向で検討しているようですね。

NHKとしては受信料収入拡大を目指したいのでしょうが、民放は異論を唱え、総務大臣も否定的見解。視聴者はドラマやバラエティーなど公共放送としての役割を逸脱している、スクランブルをかけて契約者のみが見られるようにしろ、など、むしろNHK縮小の方向への意見が強まっているように見えます。

NHKは欲を出し過ぎて墓穴を掘ったような。ぼんくら経営陣は反省せなあかんな。

私としてもNHKが受信料を強制できるのはニュースやドキュメンタリーなどの事実を脚色なく伝える番組のみに限定し、ドラマやバラエティーなどの娯楽番組は止める、もしくは契約者のみが別途追加料金を払って視聴できるようにするべきだと思います。

まあ、年末の風物詩、紅白歌合戦くらいは強制受信料の範囲でやっても許しますが。

Kind Regards,

ブリュレ

2017年7月 7日 (金)

キャナル社のヘアリーワーム

暑くて釣りに行く気が起きない毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

Hairyworm

100均や手芸店なら似たようなものがもっと安く買えそうな気もしますが・・・

ネット情報だとこの「ヘアリーワーム」は「トラウトガム」に毛が生えたようなもの、という表現がされていますが、トラウトガムを使ったことがないので比較できません。ゾンカーを細く柔らかくしたような、といった感じでしょうか。

フックにこれだけ付けて管理釣り場で試してみようかな。でも、涼しい釣り場ってないですよねぇ。。。

Kind Regards,

ブリュレ

2017年7月 5日 (水)

地理クイズ

さて、突然ですがクイズです。

以下の写真はすべて同一県内で撮ったものです。それは何県でしょうか。

Quiz_1

Quiz_2

Quiz_3

Quiz_4

答えは週末のブログで。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2017年6月 | トップページ