« 久し振りに丸の内に行ったら・・・ | トップページ | 泊食分離なんて役人が考えることじゃないだろう »

2017年8月15日 (火)

四川豆花飯荘は相変わらず美味しい

かなり久しぶりに丸の内の「四川豆花飯荘」で夕食です。食欲減退気味の夏なので辛い物を食べて乗り切るぞ、と意気込んで行きました。まあ、この日は涼しかったのですが。

とりあえずビール。

Sichuandouhua_1

前菜は「牛スネ肉と牛モツの辛味ソース」

Sichuandouhua_2

口に入れた瞬間はそんなに辛味を感じなかったのですが、食べ進めるうちに麻と辣が広がり、口の中がスースーします。パクチーも効いて、ビールのつまみには最高。

続いては「鶏肉の重慶とうがらし炒め」。アラカルトでは必ずと言っていいほど注文する、このお店では一番好きな料理です。

Sichuandouhua_3

大量の唐辛子と山椒、生姜、葱、胡麻で香りが良く、カリカリに揚げた鶏肉は旨し。ビールが進むこと進むこと。

次も辛い料理。「四川伝統 牛フィレ肉の麻辣香スタイル」

Sichuandouhua_4

大きめに切られた牛肉がゴロっと入っていて辛さに加えて食べ応えもあります。セロリなどもアクセントになっていいです。

デザート(?)は「旬野菜ときのこの炒め」

Sichuandouhua_5

これは辛くない料理で、野菜がとても甘く感じます。

糖質を控えるため、「山椒ととうがらしの激辛タンタン麺」とか「フカヒレ土鍋チャーハン」とか「アンニン豆腐」とかはお預け。。。

ここはいつ来ても期待を裏切らない、お気に入りのお店です。

さて、最後にいただくフォーチュンクッキー。私の占いは・・・

Sichuandouhua_6

実現するといいのですが。。。

Kind Regards,

ブリュレ

« 久し振りに丸の内に行ったら・・・ | トップページ | 泊食分離なんて役人が考えることじゃないだろう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久し振りに丸の内に行ったら・・・ | トップページ | 泊食分離なんて役人が考えることじゃないだろう »