« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年1月

2018年1月 8日 (月)

2018年の初旅は宮崎&鹿児島~2日目

朝が来ました。予報どおり雨です。

Miyazaki2018_30

雨がパラパラくらいだったら朝早目にホテルを出て、都井岬で野生の馬を見て、「御崎神社」を参拝して、志布志の「うなぎの駅」でお昼を食べて、桜島をちょこっとだけ見てから帰ろうと考えていましたが、しっかり降っているので都井岬は断念。早めのお昼を取って桜島へ直行することに。

少し早い時間から開いているお店の候補として、都城の「ふたみうどん研究所」と飫肥(おび)の「おび天 蔵」を考えていたので、妻にどちらがいいか聞くと、おび天を食べてみたい、と。

いざ、おび天 蔵へ。南郷プリンスホテルから車で30分くらいです。

メニューにはおび天の定食とかうどん・そばなどもあるのですが、私は行く前のリサーチで「かつお飯」にしようと決めていました。それで妻におび天の定食を食べさせてシェアするつもりでしたが、妻もかつお飯を所望したので二人でかつお飯を。

Miyazaki2018_31

胡麻がたっぷりの出汁しか見えないです。かつおは入っているのでしょうか?

「安心してください。入ってます。」

しかも結構な量でした。かつおを食べたぞ~って気持ちになれます。出汁も美味しくてレンゲが止まりません。

これだけでも十分来た甲斐があるのですが、この店でおび天を食べないわけにはいかないので、単品で「おび天盛り合せ」もいただきます。

Miyazaki2018_32

この「おび天」とは、飫肥の郷土料理で魚のすり身と豆腐を合わせて味噌や黒砂糖で味付けをして揚げた「飫肥天」とか「飫肥の天ぷら」とか呼ばれている料理をこのお店の母体「元祖おび天本舗」が商標登録したものだそうな。

さつま揚げっぽいですが、豆腐が入っているので少し柔らかいです。

蟹が好きな妻はメニューにあった「かに巻き汁」にも興味深々。いただきました。

Miyazaki2018_33

あっさりしていながら蟹の風味がしっかりしていて美味。かつお飯も出汁がたっぷりだったので、汁ものだらけになりましたが体も温まって満足です。

お店を出てから一度休憩。「道の駅酒谷」です。

Miyazaki2018_34

ここから桜島が見える辺りまではおよそ2時間のドライブになります。

桜島が見えたところで休憩。「道の駅たるみず」です。

Miyazaki2018_35

雨は朝より小降りになってきたものの、桜島は残念ながらほとんど雲隠れです。

この道の駅は写真のとおり長い温泉の足湯コーナーがあって無料で楽しめます。有料の入浴施設もあります。雨天なのとそれほど時間がないこともあり、今日は初温泉は見送り。妻は焼き芋を買って車に乗り込みました。

それでは桜島に入ります。桜島はぐるっと一周できる道があるので、反時計回りで周りました。

「黒神埋没鳥居」

Miyazaki2018_36

大正時代の噴火で3mくらいの鳥居がこんなに埋まってしまったとか。今この規模の噴火があったら私も全没するのです。怖っ!!

やっと雲が取れてきたので「桜島国際火山砂防センター」に立ち寄って桜島の全貌を激写。

Miyazaki2018_37

ここには桜島についての資料や説明がたくさんあるので、時間があればゆっくり見ると勉強になるかもしれません。

それにしても、黒神埋没鳥居の周辺もこの砂防センターのあたりも道が灰色っぽかったです。火山灰なのでしょうね。レンタカーもえらく汚れてしまって、このまま返却するのが心苦しく感じました。

他にもいろいろ寄りたいところはありましたが、残念ながら時間切れで帰路へ。

宮崎空港に順調に戻り、おび天と地鶏の炭火焼きをお土産に買って✈。

2回目の宮崎&鹿児島の旅、それぞれ1泊2日でしたが、初めてのグルメや他の場所では見られない景色を楽しむことができました。

次の旅はどこになるのかな?

Kind Regards,

ブリュレ

2018年1月 7日 (日)

2018年の初旅は宮崎&鹿児島~1日目

2018年を迎えて初めての旅は昨年夏にも行った宮崎です。

前回の記事はこちら。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/1-b31e.html

自宅にタクシーを呼んで駅まで行こうと思っていたのですが、電話が全然繋がらず、どうしようもないのでバスを乗り継いで駅まで行くことに。乗換案内のアプリでチェックすると、いつもの電車ルートでは間に合わなさそう。やばいよやばいよ、と焦りましたが、Googleマップが新横浜からバスに乗れば間に合うと教えてくれて、そのルートで余裕で間に合いました。助かった。。。

羽田空港は雲一つない晴天。富士山もしっかり見えました。

Miyazaki2018_1

静岡上空からの富士山全景。

Miyazaki2018_2

宮崎ブーゲンビリア空港からレンタカーに乗って、一旦「道の駅フェニックス」で休憩。

Miyazaki2018_3

Miyazaki2018_4

南国の海って感じでいいです。

自宅の近くで初詣は済ませたので、今年2度目の神社参拝は「鵜戸神宮」です。

Miyazaki2018_5

Miyazaki2018_6

Miyazaki2018_7

Miyazaki2018_8

階段を下りていくと社殿に到着です。

Miyazaki2018_9

多くの神社は階段を上るか平坦なところに社殿がありますが、下ったところに社殿があるのは珍しいそうな。

Miyazaki2018_10

手前の岩に丸く縄が掛けられていますが、その中に石みたいなもの(有料)を投げて入るといいとかなんとか。

京都の伏見稲荷風の神社もあります。

Miyazaki2018_11

Miyazaki2018_12

お腹が空いたので「港の駅めいつ」で「カツオ炙り重」でも食べようと思っていたのですが、ぎりぎり間に合わず。物産館を見ていたら余計にお腹が空いてきた・・・

中途半端な時間なので開いているお店はなさそう、というか、そもそも飲食店もあまりないので、「道の駅なんごう」を目指しました。

Miyazaki2018_13

ここのレストランは開いていました。

私は「チキン南蛮カレー」

Miyazaki2018_14

Miyazaki2018_15

妻は「チキン南蛮セット」

Miyazaki2018_16

Miyazaki2018_17

Miyazaki2018_18

チキンは柔らかくジューシーで、甘めのタルタルソースで美味しくいただきました。

Miyazaki2018_19

「あ~、お腹一杯だぁ。」

Miyazaki2018_20

道の駅付近をぶらぶらしてから今日の宿である「日南海岸南郷プリンスホテル」にチェックインです。

Miyazaki2018_21

Miyazaki2018_22

Miyazaki2018_23

部屋はかなり古びていますが、部屋からの景色はとてもいいです。オフシーズンなのでプライベートビーチ的な浜には誰もおらず、静かな波音を聞きながら寛げます。

部屋から見える海の動画はこちら。

https://youtu.be/Y2fylUYUglM

遅い昼食だったので夕食はどうするか悩みました。当初は「三代目まんりょう」か「旬菜タナカ」あたりまで歩いて行こうと思っていましたが、天気も段々崩れてきていることもあり、ホテル内で済ませることに。

ビールと

Miyazaki2018_24

焼酎を飲みながら、

Miyazaki2018_25

お刺身の盛り合わせや、

Miyazaki2018_26

メヒカリとゴングリ(鮪の胃袋)の唐揚げや、

Miyazaki2018_27

地頭鶏のソテーや、

Miyazaki2018_28

宮崎ブランドポークの網焼きをいただきました。

Miyazaki2018_29

まあ可もなく不可もないって感じでしたが、この中ではメヒカリの唐揚げがふっくらしていて美味しかったと思います。

さて、こちらのホテルには温泉ではありませんが海が見える半露天風呂があるので、行ってみました。お風呂は1階にあり、浴衣とスリッパで行ってもオッケー牧場で、タオルは部屋から持参します。

夜なので海は見えずに真っ暗でしたが、波音を聞きながらゆっくり温まりました。

明日は雨の予報。いくつかのプランを考えながら就寝。

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2018年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます

Happynewyear

Kind Regards,

ブリュレ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »