« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月18日 (水)

湯もみの里に行ってみた

うだるような暑さが続いていますが、妻が行きたいと言うので「センター南温泉 湯もみの里」へ行ってきました。いわゆるスーパー銭湯的な施設です。

[公式ホームページ]
https://www.yumominosato.jp/

上記ホームページに利用方法は書いてありますが、私たちは初めてで分かりにくいところもあったので、ざっと流れを説明しておきます。

まず、駐車場は1Fと2F、フロントは3Fになります。3Fで靴を無料ロッカーに入れてフロントに行くところから始まります。

フロントではスタンプカードの有無、オプションの岩盤浴利用の有無を聞かれて、脱衣所のロッカーキーにICチップが付いたリストバンドを渡されます。このICチップで館内の自動販売機やレストランの利用などもできるので帰りの精算まで現金は不要です。

次に館内着のコーナーへ行って館内着とタオルのセットを受け取ります。岩盤浴を利用する人はフロントで「岩盤浴」と書かれた札を渡されるので、それを渡すと通常の館内着セットに加えて岩盤浴用のセットも受け取れます。また、岩盤浴を利用する人にはペットボトルの水が1本渡されます。

4Fの脱衣所にエレベーターか階段で移動します。ロッカーキーのリストバンドには番号が書かれているので、そのロッカーを利用します。大浴場はそのフロアにあるので、お風呂に入る人は脱衣所からそのまま大浴場へ、岩盤浴を利用する人は岩盤浴用の館内着に着替えて3Fへ戻ります。

ちなみに、脱衣所には牛乳などの飲み物や下着の自動販売機もあります。リストバンドで購入できます。

----- ここからしばらくは岩盤浴利用者のみの情報 -----

3Fの岩盤浴コーナーへ入るにはゲートがあり、岩盤浴利用者だけリストバンドのICチップをかざすと入れます。何度でも出入り自由です。

岩盤浴コーナーには「彩」「美」「星」の3つの岩盤浴の部屋があります。いずれも10人くらいが入れる広さで、温度や石が異なるのでいろいろ試すといいでしょう。「涼」という気温10度くらいのクールダウンする部屋もあり、汗だくのまま入ってもすぐに汗が引きます。コミックコーナーには「NARUTO」、「名探偵コナン」、「銀魂」、「るろうに剣心」などいろいろなものがありました。でも岩盤浴の部屋への持ち込みはできません。コミックコーナーの椅子で読んでください。若目のお客さんが何人か読んでいました。

また、岩盤浴の部屋の入口には冷蔵庫があるので、ペットボトルの水を冷やしておくこともできますし、ウォーターサーバーもあるので水が足らなくなることもないでしょう。

----- ここまでは岩盤浴利用者のみの情報 -----

岩盤浴コーナーの近くには「癒」という部屋があります。ここは岩盤浴利用の有無に関わらず利用できます。一つ一つの座席がほぼフルフラットの電動リクライニングシートに液晶テレビが付いたもので、テレビの音声はシートの頭のところから出るため周りに気兼ねなく見られます。部屋が薄暗いこともあり、仮眠するにも良さそうです。飛行機のビジネスクラスより快適だろうと思います。ファーストクラスには乗ったことがないので比較できませんがね。

私たちは岩盤浴を一通り試してから大浴場で汗を流し、お腹が空いたので3Fのレストランへ。

和食、洋食、カレー、ラーメン、各種一品料理などで結構充実していると思います。夏季限定メニューはこちら。

Yumominosato_1

「ピリ辛冷やし担々麺」にも心を惹かれたのですが、私は冷たい「天婦羅蕎麦」

Yumominosato_3

天ぷらは茄子、シシトウ、シメジ、カボチャ、イカ、海老2尾がサクサク。蕎麦も風味があります。街のお蕎麦屋さんのレベルはクリアしています。

妻は「海老おろし蕎麦」

Yumominosato_2

一品料理もいろいろあるので、車で来なければお風呂とビール&つまみのループ、締めの蕎麦orラーメンみたいなのもいいかな、と思ったりして。

食後は5Fへ移動。足湯と寝転び座敷があります。

Yumominosato_4

温泉分析表はこちら。

Yumominosato_5

帰りは館内着を受け取ったところに返却し、リストバンドを会計に持って行って精算です。車で来た人は駐車サービスも受けられます。クレジットカードも利用できます。

で、来るときに靴を入れたロッカーへ向かいます。精算時に退出用の二次元バーコードを渡されるので、会計カウンターに向かって左側の空港の搭乗ゲートみたいなところにバーコードを読み込ませて退出します。この手続きって何のためにやっているのか、ちょっと疑問ではあります。

温泉、施設、料金についての詳細は公式ホームページをご覧いただくとして、私たちの感想としてはかなり良かったです。天然温泉そのもの、それに炭酸ガスを入れたもの、超音波で泡立てたものなどバリエーションもあり、中学生以上が利用できる施設ということもあってか落ち着いています。オペレーションが少しバタついているように思いますが、接客はとても感じが良いので不快感はありません。

あまりスーパー銭湯などは利用しない私たちですが、ここならまた来てもいいかな、と思える施設でした。涼しくなったら公共交通機関を利用してお風呂&ビールを楽しめたらと。

Kind Regards,

ブリュレ

2018年7月11日 (水)

自転車・バイクの運転について

母親と子供2人が乗った自転車が倒れて子供1人が亡くなったというニュースを見ました。

持っていた傘が前輪に挟まってバランスを崩した可能性があるとか。痛ましい事故ですが、不測の事故ではないと思います。

最近、車を運転していたときのことです。狭い道で前後に子供を乗せた3人乗りの自転車が私の車の前を同じ方向に走っていました。自転車としては結構スピードが出ていましたし、車道の真ん中くらいまでフラフラ出てくることもあって危険なので追い越しはせず、後ろを走っていました。

見通しの悪い「止まれ」の交差点。自転車は減速も左右の確認もせずに通過。私はもちろん停止。次の交差点も見通しが悪い「止まれ」ですが、自転車はそこも止まらずに通過。次は信号のある交差点。信号は赤でしたが無視して突っ切りました。

「おいおい、死にたいのかよ。」

と思いました。たまたま車が来ていなかったから無事だっただけです。

高速道路などでは右から左からバイクのすり抜け運転があります。こちらがバイクの存在を確認していて車線変更などは控えているからいいものの、バイクを見落として車線変更したらそれだけでバイクの運転手は死ぬかもしれないのです。

もちろん自動車でもおかしな運転をする人はいますが、二輪車は特に無謀なのが多いと感じます。運が良かったとか、周りが気遣ってくれていたとか、それだけで今まで生きてこられたのかなぁ、と感じることが多いです。

自分や家族の命を運や他人に任せるのではなく、自分で気を付けるべきではないでしょうか。

Kind Regards,

ブリュレ

2018年7月 7日 (土)

まだ生きています

そういえば最近ブログを書いていないなぁ、と見返してみると最後に書いたのは3月と4月のリスオの話でした。

旅行その他のイベントが特にないので書くことがなかっただけで、まだリスオともども生きています。

Risuo_201807

リスオは生後5か月。買ってきてからずっと元気で、今日も指じゃれしまくり、普段の餌以外にもクルミとミルキーを喜んで食べています。

それにしてもブログに書くこと何かないかな?と、過去の記事を見てみたら、

「ラーメン備忘録第1版」
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/1-b4a6.html

に書いたお店ですでに閉店したところがいくつかあり、新しいお店にも行っているので、記事が古くなっているため、更新しようかと思っています。

第2版は近日出版します。

それではまた。

Kind Regards,

ブリュレ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »