« まだ生きています | トップページ | 湯もみの里に行ってみた »

2018年7月11日 (水)

自転車・バイクの運転について

母親と子供2人が乗った自転車が倒れて子供1人が亡くなったというニュースを見ました。

持っていた傘が前輪に挟まってバランスを崩した可能性があるとか。痛ましい事故ですが、不測の事故ではないと思います。

最近、車を運転していたときのことです。狭い道で前後に子供を乗せた3人乗りの自転車が私の車の前を同じ方向に走っていました。自転車としては結構スピードが出ていましたし、車道の真ん中くらいまでフラフラ出てくることもあって危険なので追い越しはせず、後ろを走っていました。

見通しの悪い「止まれ」の交差点。自転車は減速も左右の確認もせずに通過。私はもちろん停止。次の交差点も見通しが悪い「止まれ」ですが、自転車はそこも止まらずに通過。次は信号のある交差点。信号は赤でしたが無視して突っ切りました。

「おいおい、死にたいのかよ。」

と思いました。たまたま車が来ていなかったから無事だっただけです。

高速道路などでは右から左からバイクのすり抜け運転があります。こちらがバイクの存在を確認していて車線変更などは控えているからいいものの、バイクを見落として車線変更したらそれだけでバイクの運転手は死ぬかもしれないのです。

もちろん自動車でもおかしな運転をする人はいますが、二輪車は特に無謀なのが多いと感じます。運が良かったとか、周りが気遣ってくれていたとか、それだけで今まで生きてこられたのかなぁ、と感じることが多いです。

自分や家族の命を運や他人に任せるのではなく、自分で気を付けるべきではないでしょうか。

Kind Regards,

ブリュレ

« まだ生きています | トップページ | 湯もみの里に行ってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ生きています | トップページ | 湯もみの里に行ってみた »