« 2019年2月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年4月

2019年4月 4日 (木)

「心臓止まっちゃっているけどビックリしないでね」だと?

ネットでニュースを見ました。

「心臓止まっちゃっているけどビックリしないでね」我が子抱っこできぬまま母親死亡…遺族が病院提訴

神奈川県内の産婦人科での出来事だったようです。

このような大事件ではありませんでしたが、我が家も神奈川県内の産婦人科で疑問を感じることがありました。(上の出来事が起こった病院名が分からないので同じ病院とは限りません。)

妻は子供を欲しかったものの流産が続き、やっと次のチャンスが訪れてその病院に初めて行きました。初めは順調に見えたものの結果は駄目で、またしても流産となりました。そのこと自体は病院の問題ではありません。疑問を感じたのはその後、泣いている妻を見た若い女性看護師が私に聞いてきた一言です。

「奥さんは何で泣いているんですかねぇ?痛いんですか?」

私は一瞬絶句しました。流産して泣いているのはそんなに不思議なことなのでしょうか。その看護師に呆れながらも、妻が子供を楽しみにしていたので悲しんでいることを伝えると、「はぁ、そうですか。」と気のない返事。医師の対応も面倒くさそうでぶっきらぼうで無礼。

医師は聖職とは思っていませんし、 医療関係者が患者と家族の心を理解して寄り添ってくれるなどという期待もしていませんが、サービス業なのですから人として常識的な応対くらいはできないと失格です。

上のニュースにあるように「心臓止まっちゃっているけどビックリしないでね」などと言われたら、いくら温和な私でも呆れるだけでは済まずに怒鳴りつけたでしょう。ご遺族のお怒りはごもっともです。

この件が医療過誤かどうかは裁判で判断されることですが、軽率な発言については病院側が早急に調べた上で謝罪するべきだと思います。

最後になりますが、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

Kind Regards,

ブリュレ

 

« 2019年2月 | トップページ | 2019年6月 »