海外の旅

2016年1月11日 (月)

年末年始のカリフォルニアの旅~8. 帰国

いよいよ帰国の日です。十分遊んだとは言っても、帰るのは名残惜しいです。

ロスアンゼルス空港には「Super Shuttle」で向かいます。

Super Shuttleは空港への送迎サービスをする乗り合いタクシーみたいなもので、指定の場所と時間に迎えに来てくれます。ネット上で予約からチップを含めたクレジットカード精算までできるので、当日に現金のやり取りは不要です。2時間前までならキャンセル料もかからずにキャンセルできるようですので、使い勝手も良いでしょう。

乗り合いではなく専用の車を出してくれるオプションもあるので、料金と希望に合わせて選べばいいでしょう。ちなみに私が利用した乗り合いの一番安いのではヒルトンアナハイムからロスアンゼルス空港までは1人$17。チップを入れても$20くらいです。タクシーを使うと$100くらいかかるようなので、少人数ならだいぶ安く上がります。

ちなみにヒルトンアナハイムにはSuper Shuttleのカウンターがありましたので、ホテルで予約をしてもいいかもしれません。

朝7:55-8:10の間に迎えに来るので7:55までに準備を終えて待つように、となっていましたが、7:53くらいにホテルエントランスに来ました。私たちで満席になりましたので、結構利用者はいるのでしょう。

さすがに元日は道も空いているようで、40分程度でスムーズにロスアンゼルス空港Tom Bradley International Terminal(ターミナル B)に到着しました。

JALのカウンターはそれなりに混んでいました。荷物を預けて出国とセキュリティーチェックを終えて、さて何食べよう?と思いましたが、時間が早いせいか空いている店も少なく、朝からPanda Expressの中華も重いかな、ということで、KALラウンジで軽く済ませることにしました。

受付で「Priority Passで入れますか?」とキムさんに聞くと、綺麗な人なのですが冷たい表情での対応。ここもアウェイだな、と痛感しました。

で、とりあえずサンドイッチなどとバドワイザー。

Kal_1

新年最初の食事がこれというのも貧相ですが、仕方ないです。

周りの客も韓国の人が多く、ミッドウェイ博物館ほどではないもののアウェイ感を感じながらも、みんなが食べている辛ラーメンが気になり、ゲット。

Kal_2

なんとMade in USA。驚くことでもないか。

Kal_3

搭乗まで時間があったので、ネットで韓国語を検索して、「コマプスムニダ」。よし、これを帰りに受付のキムさんに言えば少しは笑顔で返してくれるかな、と考えました。

それじゃあ、最後の買い物をして帰るか、と受付の前を通ると、一人は接客中、キムさんは私たちが来たのに気付くと意図的(?)に私たちに背を向けて何かの作業を始めました。日韓友好はなりませんでした。

行きはビジネスクラスでしたが帰りはエコノミー。でも意外に席は広く、モニターも大きく快適でした。3人席で窓側が空席だったこともあり、ゆったり帰ってきました。遅寝早起きで疲れているところに朝からビールも飲んでいたので乗ってすぐに爆睡でしたし。

本当はフランクフルトとストラスブールを拠点にして温泉とグルメを楽しむはずだった今回の旅ですが、ぐったりするほど遊び倒せたのはいい経験でした。

また楽しい旅ができるといいなぁ。

お終い。

Kind Regards,

ブリュレ

年末年始のカリフォルニアの旅~7. 大晦日のディズニーランドパーク

大晦日のディズニーランドパークです。New Year's Eveのカウントダウンがあります。

この日はMagic Morningという、通常より1時間早く入場できる制度を利用して入りました。Magic Morningは3-Day以上のチケットを買うと1回利用できます。

でも思ったほど役に立ちませんでした。というのは、セキュリティーチェックもエントランスの入場も一般客と同じで、優先レーンなどはありません。えらい時間をかけて入場した後でチケットをチェックしてMagic Morningの人だけが先に進めるようになっています。なので、相当早い時間に行って入場まで済ませないと何もできません。また、一部エリアはMagic Morningでも先に入れないようです。

結局普通に入ったのと変わらない感じでスタートしましたが、もうアトラクションは結構楽しんだのでいいでしょう。

「Indiana Jones Adventure」に行ってみると25分待ちなので乗っちゃおうということになりましたが、トラブルで止まった模様。FASTPASS取って後で来いとの係りの案内があったので、FASTPASS発券に並んだら、そちらもトラブルで停止。諦めました。朝イチからこれかい。

「It's a small world」が空いていたので乗ることに。

Dl2_1

終わって戻ったところでちょうど10時で、からくり時計が作動したところです。

かなりまったりなアトラクションで子供向けでしょうが、なかなかいいです。中国コーナーがあって日本コーナーがないなど、ちょっと残念ではありますが、世界中のみんなが幸せ的で、ほのぼのとしていて心が洗われます。ラテン邪魔だ、死ね、とか、そんな気持ちが浄化されていくのを感じました。道の真ん中で立ち止まる大人数のラテン系に行く手を阻まれて邪心が再び芽生えるのに時間はかかりませんでしたが。。。

「Matterhorn Bobsleds」や「Pirrates of Caribbean」などにも乗って、お昼はどこのお店も一杯で中には予約のみのレストランもあったりして、選択肢はほとんどなく、Coca Colaのお店でホットドッグを買って外で食べました。

FASTPASSを取っておいた「Star Tours」はFASTPASSレーンも長蛇の列。Star Wars人気もあってか、混み方が半端なかったです。でも、3D眼鏡を付けて見る映像はなかなか迫力がありました。物が飛んできて思わず避けてしまいました。

近くの「Buzz Lightyear Astro Blasters」もなんだか分からないままに乗りました。「Hyperspace Mountain」はトラブルか何かで動いていませんでした。この3日間、何かしらがトラブルで停止していますが、東京ではこんなことなかったように思います。メンテナンスとか雑なのかな?

混雑時でも人が少なめなのはエントランス近くの「Opera House」。中にはディズニーのギャラリーと機械仕掛けのリンカーン大統領が演説するシアターがあります。

Dl2_2

そのOpera House内でミッキーとミニーの撮影会がありました。有料でしょうけど、2匹2人と並んで写真を撮ってもらえます。

撮影はしてもらいませんでしたが、2人が帰り際に私たちの前を通って、ミッキーは妻と握手、ミニーは私の肩をたたいて笑顔で去っていきました。年甲斐もなく、なんだか嬉しい。。。

またFantasy Theatreでショーを見たり、Disneyland Railroadに乗ってぐるぐる回ったりしてカウントダウンを待ちますが、なかなか時間を潰せません。かと言って、途中退出すると再入場できない可能性があるので出られません。

「Big Thunder Ranch」の近辺が空いていたのでベンチに座って休んでいると、だんだん人が増えてきました。そのうち、「並んでいるのか?」とおっさんが聞いてきたので「いえ。」と答えると「じゃあここだ」と連れに言っていました。

なんだろう?と思っていると別のお姉さんがスペイン語らしい言葉で私に話しかけてきました。聞き直すと英語で「並んでいるの?」と。「いえ、ただ座っているだけです。」と答えるとさっきのおっさんの後ろに並びました。わけが分からないので、お姉さんに「これって何の列ですか?」と聞いたら、私が持っていたイベントスケジュールを開いて指を差しました。

「New Year's Eve Hat and Horn Distribution Information...」

帽子と笛を配るってヒルトンのディズニーカウンターのお姉さんも言っていましたっけ。

それにしても、6時から配布なのに4時から並ぶって、どんだけ欲しいんだい。私たちもそこで並んでいれば確実にゲットできたのでしょうけど、妻もいらないというので立ち去りました。

お腹も空いてきたので、ちょうど空席ができた「Harbour Galley」に入りました。

妻はクラムチャウダー。くり抜いたパンに入っています。

Dl2_3

私はツナサンド。

Dl2_4

そろそろ1回目のカウントダウンの午後9時(東部時間の午前0時)。人はどんどん増えていき、身動きがとりにくくなってきました。

Dl2_5

カウントダウンが開始され、花火が上がりました。花火の前半を取り損ねたので、後半を動画でどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=dFuKzsv4OEw

午前0時にもう一度カウントダウンがあり、それも見ようと思っていたのですが、人の多さにうんざりで、あと3時間も待つ気力もなかったので、帰ることにしました。

しかし帰るのも一苦労。多くの人が帰路についているのですが、イベントもありなかなか進みません。

下の写真がイベントの模様。ビーバーがどうとか言っていましたが、興味なし。

Dl2_6

1時間ほどかかって出口にたどり着きました。

ホテルに戻ってルームサービスで夕食を取ることに。

トマトのサラダと、

Dl2_7

12ozのステーキ。

Dl2_8

もちろんワインも。

Dl2_9

この日初めてのまともな料理でした。

3日間のディズニー三昧。すごく遊んだ気がします。1週間くらいここにいたような気がするくらい長時間遊びました。カウントダウンはもういいですが、カリフォルニアアドベンチャーならまたゆっくり来てもいいかな、と思います。ディズニーカリフォルニアアドベンチャー&ナッツベリーファームで絶叫マシン制覇なんていうのも面白いかも。

翌日は朝8時前にホテルを出るので、荷造りをしてからぐっすりと寝ました。

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2016年1月10日 (日)

年末年始のカリフォルニアの旅~6. ディズニーカリフォルニアアドベンチャー

ディズニーランドリゾート2日目はディズニーカリフォルニアアドベンチャーです。エントランスはディズニーランドパークの向かい側です。

8:30くらいに入ったところ空いていたので、FASTPASSを取る前に早速アトラクションへGo。

Dca_1

朝イチで「Tower of Terror」です。東京ディズニーシーにもありますが、落下するときに体が完全に浮いてしまい、やはりこれが一番怖いかな。

ここでの一番人気っぽい「Radiator Springs Racers」のFASTPASSを取りに行きました。FASTPASS発券機を探しても見つからないので案内係の人に聞いてみたら乗り場とかなり離れたところにありました。しかもFASTPASS発券に長い列。15分待ちでした。9時過ぎに取ったFASTPASSが午後4時頃の搭乗時間で、11時にはすでに発券は終了していたので、早めに取ったほうがよさそうです。

次に乗ったのはこれ。

Dca_2

「California Screamin'」です。ロケットスタートでぐるぐる回ります。

次に観覧車「Mickey's Fun Wheel」の乗り場に行きました。ゴンドラには普通の観覧車のようなStationaryと揺れるSwingingの2種類があって、乗りたいほうに並びます。揺れるほうに並んでどんな揺れ方をするのか動画を撮ってみました。

https://www.youtube.com/watch?v=4ri2WBtEPz4

動画を撮っているとゴンドラが停止し、なかなか動きません。そのうちにトラブルで運航中止となりました。

それで近くにある「Silly Symphony Swings」という空中ブランコに乗りました。ただ回るだけなので怖くはありません。爽快です。

Dca_3

朝から十分満喫しました。

Dca_4

「Grizzly River Run」には乗りませんでしたが楽しそうです。

Dca_5

Splash Mountainとは比べ物にならないくらい頭からずぶ濡れの人がいましたので、夏場に乗るのがいいでしょうね。

お昼まで時間があったので、「Ariel's Undersea Adventure」というまったり系のアトラクションで時間を潰してから予約していた「Wine Country Trattoria」へ向かいました。

Dca_6

メニューはこちら。

Dca_7

「World of Color」と書いてあるとおり、予約してこのメニューを注文するとWorld of Colorで専用エリアに入場できる「World of Color Dining Package」という企画です。Dining Packageを提供しているレストランはいくつかあり、ディズニー公式サイトからネットでも予約できます(その場合はディズニーアカウントを作る必要あり)。

モエ・エ・シャンドンで乾杯。

Dca_8

ミネストローネに、

Dca_9

グリルチキンはまあまあ美味しい。

Dca_10

デザートはイマイチ。

Dca_11

午後2時くらいでもこの程度の混雑。ディズニーランドに比べるとかなり過ごしやすいです。

Dca_12

「Soarin' Over California」というアトラクションはなかなか良かったです。本当にパラグライダーに乗っているような感覚でカリフォルニアの空を飛び回るもので、空母をかすめたり、川面すれすれを飛行したり、木にぶつかりそうになって急回避したり、スリルもあります。

ちょうどいい時間なので、昨日かわいいお姉さんも薦めてくれたアラジンのショーを見に行きました。

相変わらず邪魔くさいラテン系の大人数パーティーが多いです。1人に道を譲ると金魚の糞みたいに5,6人から時には10人以上も繋がって前に入ってきます。

会場は3階建てで、3階のかなり端っこのほうの席になりました。右隣のブスデブラテン女は足を組んで邪魔だし、前の人の頭に当たりそうなところに足を乗せたりもして、したい放題。左隣はスレンダーで礼儀正しい綺麗な白人女性。妻に「(左を向いて)美女と(右を向いて)野獣だな。」などと言って笑いました。

ショーは面白かったですが、アラジンはトレンディーな話題を盛り込んで話をするので、分からないことも多かったです。

さて、FASTPASSを取っておいたRadiator Springs Racersへ向かいます。

Dca_13

このアトラクションは6人乗りくらいの車に乗って街をドライブして、最後は2台でレースをするというものです。自分で運転するわけではないですが、結構スピードも出ます。

日が沈んできました。

Dca_14

他にも「Goofy's Sky School」という4人乗りの小さいジェットコースターに乗ったりして過ごしました。

逆さ観覧車。左下のジェットコースターがCalifornia Screamin'で、ここからロケットスタートします。

Dca_15

World of Colorまでの時間つぶしに「Cove Bar」へ入りました。

Dca_16

Dca_17

Dca_18

World of Color開始1時間前に会場入りすべく現地へ向かいましたが、どこに並ぶのか分かりません。係りの人に聞くと「向こうにDining Packageのサインがある」というので行ってみましたが、サインなどはありません。ただ並んでいる人はいたのでその列の最後尾あたりにいた係りの人に聞くと「ここだ」と。入場が始まったら列の先頭にDining Packageのサインが出されました。もっと早く出しておいてくれよ。。。

早めに来たのでとてもいい場所を確保できました。最前列で隣は日本人の家族連れなので安心です。後ろからラテンの攻勢を受けましたが領土は守り抜きました。

いい場所で見られたこともありますが、とても綺麗なショーでしたので、動画でどうぞ。

(デジカメの連続撮影が最長10分なので分割撮影になっています。また、youtubeで音楽の著作権云々の表示が出るので、音声はカットしました。)

https://www.youtube.com/watch?v=y7SsJoT_iYs

https://www.youtube.com/watch?v=CzxFR-JQiVw

https://www.youtube.com/watch?v=KGdnA7KdL1Y

https://www.youtube.com/watch?v=OtVW_clPwTw

この後、もう一度Soarin' Over Californiaを楽しんでホテルに戻りました。

今日もいっぱい遊んだなぁ。

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2016年1月 9日 (土)

年末年始のカリフォルニアの旅~5. ディズニーランドパーク

12/29、いよいよ本場のディズニーランドに入場です。

ディズニーランドはヒルトンから歩いて15分くらいです。ほぼ一本道で歩いている人がたくさんいるので迷うこともないです。途中のセブンイレブンでミネラルウォーターだけ買っていきました。(セブンイレブンではAMEXでも使えるので、VISA、Masterは問題ないでしょう。)

エントランス前にセキュリティーチェック。かばんを開けたり腹に爆弾を巻いていないかなどをチェックします。その後、一部の人は金属探知ゲートに誘導されます。20分くらいでパークのエントランスに到着。エントランスでも並びます。結局パークに入るまで30分はかかりました。

Dl1_1

朝9時前ですが人が多いこと。

リスを発見。

Dl1_2

雲一つない青空で寒くもなく快適です。

Dl1_3

ディズニーランド60周年の印。

Dl1_4

「Fantasmic!」のFASTPASSをゲットしてから「River Belle Terrace」で朝食を取ることにしました。

Dl1_5

Dl1_6

Dl1_7

こんなの食べるのに並んで、しかも結構高いんですよね。。。

東京にもある「Big Thunder Mountain Railroad」に乗りました。

Dl1_8

「Splash Mountain」もFASTPASSで乗りに行きましたが、列が進まず、どうやらトラブルで停止していたようです。しばらく待っていると復旧して乗れました。結構濡れました。

疲れると「Disneyland Railroad」に乗ってぐるぐる園内を回りました。

Dl1_9

「Fantasyland Theatre」ではショーが見られます。着ぐるみ本物のミッキーと映像のミッキーが入れ替わったりして、なかなか面白いです。疲れた時の休憩にもなります。

Dl1_10

リスの家もありました。

Dl1_11

Dl1_12

お腹が空いたので、「Hungry Bear Restaurant」でハンバーガーをいただきました。

Dl1_13

先にレジで会計を済ませてレシートをカウンターに持っていくと用意してくれます。そこのかわいいお姉さんが「どこからきたの?」「初めて?」などと話しかけてくれて、明日はカリフォルニアアドベンチャーに行くことを話すと、「アラジンのショーは絶対見たほうがいいわ。」とお薦め。行くことになりました。

「It's a small world」の電飾は綺麗です。

Dl1_14

Dl1_15

Fantasmic!まで時間があるので、「Haunted Mansion」へ。

Dl1_16

さて、Fantasmic!の開始まで1時間ほどとなったので会場に向かいました。FASTPASSを提示するとスタッフが人数を数えながらロープで区画されたエリアに誘導します。

ショーの開始を待っているとどこからともなくラテン系の人がぞろぞろとやって来て、私たちの2列前に割り込んできました。私たちの前列には3人連れがいて、そのうちの2人が荷物を置いてトイレかどこかへ行ったのですが、そのスペースを占領しました。残った1人がそこは人がいると説明しても知らん顔で入り込んで、クソジジィは下の写真のように、人の荷物の上に寝転ぶ始末。

Dl1_17

残った1人は連れに電話して早く戻って来いと催促しています。

その後もラテン系は少しでもスペースがあると見ると入ろうとしてくるので、私たちもここは人がいると牽制しました。連れが戻ってくるまで領土の確保に協力したのでお礼を言われました(笑。

Dl1_18

ショーが始まるとラテンは立ち上がり、ほとんど見えません。こいつら中身は空っぽのくせに殻だけはでかい。心の中でラテン語で祈りました。

Requiem aeternam dona eis, Domine.
(意訳: 死ね。)

まあ、ちらっと見えた範囲ではそれほど面白くもなさそうだったので、明日のカリフォルニアアドベンチャーでの「World of Color」に期待しましょう。

Fantasmic!が終わると間もなく花火。

Dl1_19

夜10時くらいでもこの混雑ぶり。

Dl1_20

Dl1_21

初日はこれくらいにしてホテルに戻りました。

カリフォルニアに来てから連日2万歩から3万歩も歩いているので、足が痛い・・・

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2016年1月 8日 (金)

年末年始のカリフォルニアの旅~4. サンディエゴからアナハイムへ

サンディエゴの滞在を終えて、ディズニーランドリゾートのあるアナハイムへ向けてAmtrakで移動します。Amtrakは初めてなので楽しみです。

Santa Fe駅。ここが始発になります。16:00発のPacific Surflinerに乗って2時間ほどの旅です。

Amtrak_1

駅でも切符を売っていますが、私は事前にネットでビジネスクラスを予約・購入してチケットをプリントアウトして持っていきました。

構内で普通車とビジネスクラスの列があったのでビジネスクラスの列に並び搭乗します。

肝心の列車の写真を撮り忘れました。。。

座席指定ではないので、ビジネスクラスの車両の適当な位置に座ります。太平洋に沈む夕日を見るのが目的だったので、進行方向左側に座りました。

ビジネスクラスでは飲み物と軽いスナックが提供されます。

Amtrak_2

夕日は見られるかな・・・。見られませんでした。

Amtrak_3

サンディエゴには仕事で何度か来ています。1年のうちに300日が晴れると言われるサンディエゴ。雨は初めて。運がいいのか悪いのか。。。

Amtrak_4

Amtrak_5

Amtrak_6

それでも時々刻々と変わる空の色を楽しんでアナハイムに到着しました。

アナハイムの駅はとても綺麗です。

Amtrak_7

Amtrak_8

上の写真のエスカレーター両サイドがバスチケット売り場なので、そこで目的地へのバスのチケットを買うとよいでしょう。

私たちは15系統のバスで「Convention Way」というところで降りて、宿泊先のHilton Anaheimに行きました。

Anaheim_1

ヒルトンはディズニーのGood Neighbor Hotelに指定されていて、ディズニーカウンターもあります。そこでチケットも買えるので行ってみました。

先客がいて我が家は3番目。中東系?の1組目がなんだかなかなか話が終わらず、2組目の人が担当者から何かを言われて帰っていきました。1組目はアトラクションがどうのこうのと長話が続き、担当者がすきを見て私たちに声をかけてきました。「何かご質問はありますか?」と。「チケットが欲しいんですけど。」と言うと、「夜8時くらいまで私はここにいるので、もう少ししてから出直してくれますか?」

部屋で少し時間をつぶしてから再度カウンターに行くと誰もいませんでした。「今、大丈夫ですか?」と聞くと、笑いながら「ええ。もう大丈夫。」

ここで3-Dayチケットを買いました。パークホッパーなしで2人で$470。高いなぁ。

年末でとても混んでいて、特に最終日は途中退出すると再入場ができなくなる可能性があるので、退出しても遅くとも午後4時には戻るようになどの注意を受けました。

さて、チケットを無事入手したので、ちょっとディズニーの雰囲気を味わいにDowntown Disney Districtへ行きました。ここはチケットがなくても入れます。ディズニー直営ホテルDisney's Grand Californiaから入りました。

Grand California内はクリスマスの雰囲気が残っていました。

Anaheim_2

Downtownも電飾が施され、

Anaheim_3

LEGOのショップには大きな作品がいろいろ。

Anaheim_4

スケートリンクもありました。

Anaheim_5

すると花火の音が。ディズニーランドの花火でしょう。

Anaheim_6

Anaheim_7

Anaheim_8

12/31のカウントダウン花火の動画を後の記事に載せるつもりです。結構な迫力でした。

Downtown内のメキシカンのお店でナチョス。こんなに食べられないよ。。。

Anaheim_9

いよいよ明日から本場のディズニー三昧となります。

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2016年1月 7日 (木)

年末年始のカリフォルニアの旅~3. ミッドウェイ博物館

徹夜明けでサンディエゴ動物園を楽しんで爆睡した朝。疲れは特にありませんでした。

この日はミッドウェイ博物館の見学が目当てですが、10時の開館には早いので、ホテルでの朝食後に近所をぶらぶらしました。

Gaslamp Quarterには古い雰囲気の建物がたくさんあります。

Sandiego2_1

日本の国旗がないのが日本の位置づけを表しているような・・・

Sandiego2_2

Sandiego2_3

セブンイレブンもあります。アナハイムでは何度も利用しました。

Sandiego2_4

海のほうへ行くと帆船がありました。

Sandiego2_5

ここは海事博物館(Maritime Museum)です。

Sandiego2_6

Sandiego2_7

Sandiego2_8

一旦ホテルに帰還。

Sandiego2_9

チェックアウトして荷物をフロントに預けてミッドウェイ博物館(USS Midway Museum)へ向かいます。

着陸しました。

Midway_1

日本語の音声ガイドも借りられますが、さらっと見るだけのつもりだったので借りずに適当に見て回ります。

いろいろな資料があります。

Midway_2

日本、ぼろ負けやんけ。。。

Midway_3

いたるところにこのような資料やビデオが流されているエリアがありますが、「Japan...」、「Japanese...」という声が聞こえる度に、物凄くアウェイ感を受けます。海外でこれほどのアウェイ感を受けたのは初めてです。太平洋戦争を賛美する方も非難する方も、無の心でここを訪れてみるのは価値があると思います。

めちゃ狭い居住空間。日本人から見ても狭いのですから、体の大きいアメリカ人には苦痛だったでしょうね。

Midway_4

でも、苦痛に耐えかねて悪いことをしちゃうと監獄に入れられます。

Midway_5

人形も結構リアルでした。

Midway_6

まだクリスマスの雰囲気も残っていました。

Midway_7

Midway_8

下の写真はフライトシミュレーター'Air Combat 360'。

Midway_9

一つのカプセルに二人乗りで、二人にそれぞれ操縦桿があります。操縦桿切り替えボタンで操縦者を切り替えます。その操縦に合わせてカプセルが動きます。どんな感じに動くかは動画でどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=4SNQ6WvjGhc

中から「オーマイゴ~~~ッド!!」などと悲鳴が出ると、周りは大爆笑になります。

3分間ほどの体験でしたが、なかなか面白かったですよ。行かれたら是非。

それでは戦闘機コレクションを。

Midway_10

Midway_11

Midway_12

Midway_13

Midway_14

Midway_15

Midway_16

Midway_17

Midway_18

ミッドウェイ博物館から見たサンディエゴの街。

Midway_19

Midway_20

Midway_21

Midway_22

Midway_23

ここにも日本の国旗はないのかな。ん?一番下のちょこっとはみ出ているのがそうかな?

それにしても広い。

Midway_24

お兄さんがいました。

Midway_25

「順路はこちらです!」

って、見終わったんでもう帰るんですが。

音声ガイドを借りずにさらっと見ただけで2時間ほどかかりました。歴史や空母、戦闘機に興味がある人がじっくり見たら一日いられるところです。

買ったお土産はこちら。

Midway_26

弾丸と手榴弾です。何に使うかというと、

Midway_27

コルクオープナーとキーホルダー&小銭入れです。

もう一つは「KNOW YOUR KNOTS」。

Midway_28

Midway_29

ロープの結び方をいろいろと解説しているものです。アウトドアには役立つかな?

お腹が空いたのでミッドウェイ博物館近くにある「The Fish Market」でランチです。

イカフライ「SALT & PEPPER CALAMARI」。

Sandiego2_10

海老のグリル「GINGER LIME PRAWNS」。

Sandiego2_11

魚介たっぷりの「OUR FAMOUS DUNGENESS CRAB CIOPPINO (Small)」。

Sandiego2_12

どれも美味しくいただきました。

ホテルで荷物をピックアップして、Amtrakでアナハイムを目指します。

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2016年1月 6日 (水)

年末年始のカリフォルニアの旅~2. サンディエゴ動物園

ホテルに荷物を置いて、早速サンディエゴ動物園に向かいます。

2日目にSanta Fe駅からAmtrakに乗ってディズニーランドのあるアナハイムまで行く予定なので、駅の下見も兼ねてSanta Fe駅からバスでサンディエゴ動物園を目指しました。

Santa Fe駅の東側に「Santa Fe Depot Transit Center」というバス停があるので、そこから215系統のバスに乗れば、15分ほどでサンディエゴ動物園の最寄りのバス停「Park Bl & Zoo Pl」に着きます。

さて、バスを待っていると数分程度の遅れでやってきました。「おぉ~!今回はスムーズだなぁ~!」などと思っていましたが・・・

私たちの前にいたラテン系らしき4人組が先に乗り込んで、運転手から一人$2.25でお釣りは出ないと説明を受けると、みんな$2.25ちょうどを持っていないらしく、私があなたにいくら渡して、あなたがこっちにいくら渡して・・・と、延々とやり取りを始めました。私たちを含めて後ろに並んでいる人間は待つしかありません。なかなか結論が出ずに3分は待ったでしょうか。

「4人分で$9くらい誰かがとりあえずまとめて払って後で精算すればいいだろう。あいつら馬鹿か?」などと妻と日本語で話しても誰も分からないのがいいです。

私たちは$4.50ちょうどを持っていなかったので「二人分」と言って$5札を入れて終了。「釣りはいらねぇよ!」、とか、「江戸っ子は宵越しの金は持たねぇんだ!」などという必要はありません。

前置きが長くなりましたが、やっとサンディエゴ動物園に到着です。

Sandiego1_22

レンタカーで来ないで正解でした。年末の日曜日のお昼頃ですが、駐車場待ちの車がずらっと並んでいました。

人も凄い数で、数百メートルの列がありました。スマホでオンラインでチケットを買えば並ばずに入れるよ、という看板があったので買ってみようかと思いましたがローミングがめちゃ遅く使い物になりません。しかたなく長い列に並んでいると、別の人が「ここはチケット持っている人の列?」「ええ、そうよ。」などと言っています。「???」なんでチケットあるのに並んでいるんだ?

周りを見回すと、その数百メートルの列とは別にチケット売り場らしきところにつながる長い列がありました。そこにいた係の人に「ここがチケットを買う列ですか?」と聞くと、「そうよ。」と。

チケットを持っている人の列と持っていない人の列があったわけです。そうならそうと書いておいてくれよ。不親切だなぁ。

30分くらいでチケットを購入し、その頃にはスムーズに入場できました。

今回のお目当てはパンダです。妻は実物のパンダを見たことがないらしく、私が2001年にこのサンディエゴ動物園で木に登るワイルドなパンダを見たことを話すと是非見たいとのことでした。

早速パンダのいるエリアへ突入です。

Sandiego1_24

パンダのいる場所は「Panda Trek」という区画で区切られていました。前はこんなんじゃなかったような気がしますが。ここに入ると、最近よくある強制記念撮影をさせられます。そんな写真は買わないけどね。

で、肝心のパンダは2頭いて、こんな感じ。

Sandiego1_25

Sandiego1_26

まったくやる気なし。お前たちにはがっかりだよ。

他の動物たちも並べておきます。

こいつもやる気なし。

Sandiego1_23

こいつも。

Sandiego1_27

こいつは顔だけはやる気ありそうな。。。

Sandiego1_28

こいつは駄目だ。

Sandiego1_29

年末は家族団らんですか。

Sandiego1_30

2016年はあんたらの年だね。

Sandiego1_33

あんたたちは2017年な。

Sandiego1_34

あんたたちもな。ってか、ちょっと怖いんですけど。

Sandiego1_35

ホッキョクグマもやる気なし。しかも真っ白なクマを想像していたのに、汚い。。。

Sandiego1_38

ゾウもまったり。

Sandiego1_39

フェネックも、

Sandiego1_36

「あ~、眠っ!」

ワイルドな動物たちを期待していたのになんだか残念な気持ちでいっぱいになっていたところ、シカからお誘いが。

Sandiego1_37

「うちで一杯飲んで行かはりませんか?」

ということで、立ち寄りました。

Sandiego1_32

暗くなってきたので、そろそろ帰るか、と帰路につきました。

Sandiego1_40

少し動いた動物の動画はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=Cpk5mFoO7t8

https://www.youtube.com/watch?v=rAS5LGYJE44

https://www.youtube.com/watch?v=w4dVEdCJoD4

https://www.youtube.com/watch?v=n_R8Qlpr7XA

https://www.youtube.com/watch?v=rdZwUs7XReQ

https://www.youtube.com/watch?v=vyuTRhlJMY4

https://www.youtube.com/watch?v=m_rnAkaMvJk

ロープウェイSkyfariからの風景はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=43H7RYjOiik

帰りも215系統のバスでSanta Fe駅あたりに行きますが、駅の最寄りのバス停は「India St &C St」となります。行きに乗ったバス停の一本隣の通りになるので注意が必要です。

ホテル近くの「Seaport Village」というところにある「Edgewater Grill」で夕食。

Fish & Chipsと、

Sandiego1_41

8oz Filet Mignon。

Sandiego1_42

飛行機ではまったく寝なかったのでホテルに戻って爆睡したのでした。

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2016年1月 4日 (月)

年末年始のカリフォルニアの旅~1. サンディエゴ到着

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

2015年末から2016年始にかけてカリフォルニアの旅に行ってまいりました。5泊の旅程はざっと下記のとおりです。

1日目:サンディエゴ動物園
2日目:ミッドウェイ博物館
3日目:ディズニーランド
4日目:ディズニーカリフォルニアアドベンチャー
5日目:ディズニーランド

それでは第一日目のサンディエゴ到着までをお届けします。

成田から夕方のサンディエゴ直行便でビジネスクラスをゲットできたので、まずはサクララウンジで腹ごしらえ。

Sandiego1_1

つい、お代わりをしてしまいました。

Sandiego1_2

ブランデーもいただいてまったりしてから搭乗です。

ボーイング787には初めて乗りました。快適です。

Sandiego1_3

食事は妻も私も洋食にしました。

アミューズブッシュは海老マヨネーズとフォアグラのムース。

Sandiego1_4

飲み物はドゥラモット(Delamotte Brut N.V.)。

Sandiego1_5

続いてキッシュロレーヌ。パンはメゾンカイザー。

Sandiego1_6

メインは私は和牛サーロインステーキの燻製コンソメ アンディーブ添え。

Sandiego1_7

妻は甘鯛とカブのソース。

Sandiego1_8

デザートのほうじ茶プリンで終了。美味しくいただきました。

Sandiego1_9

ぼーっとしていると空が明るくなってきました。日本時間では深夜0時過ぎ。

Sandiego1_10

そこですかさず、私は醤油ラーメン。

Sandiego1_11

妻は「フミコの和食」。金目鯛の炙りなどです。

Sandiego1_12

DEAN & DELUCAのアイスクリームとコーヒーで寛ぎます。

Sandiego1_13

そうこうしているうちに夜は明けて、

Sandiego1_14

サンディエゴ上空に差し掛かり、

Sandiego1_15

ホテル前に着陸!(嘘)

Sandiego1_16

今宵の宿泊はEmbassy Suites by Hilton San Diego Bay Downtownです。全室スイートで、リビングには冷蔵庫(空っぽ)と電子レンジ、ソファーとテーブル。

Sandiego1_17

Sandiego1_18

寝室はキング×1またはクイーン×2です。今回はキング。

Sandiego1_19

部屋からは正面に戦艦が見えます。これが2日目に行く予定のミッドウェイ博物館です。

Sandiego1_20

このホテルは中央が吹き抜けで下にレストランがあり、朝食はそこで取ります。

Sandiego1_21

さて、一般的にはアメリカではレンタカーがあったほうが便利ですが、今回の旅では動物園やディズニーランドなど、一か所に長時間留まることが多く、細かい移動は少ないことと、公共交通機関が充実している地域を回ることから、公共交通機関を利用することにしました。

空港からこのホテルまでの移動はタクシーまたはバス(+徒歩)の選択があり、バスを選んでみました。サンディエゴのMetropolitan Transit System (MTS)のバス992系統が空港とダウンタウンを結んでいます。

この路線は30分に1本程度あるので、平均15分くらいの待ち時間で来るかな、と思っていましたが、30分以上待ちました。時刻表はまったく当てになりません。それもそのはず。料金($2.25)はICカード(Compass Card。空港では販売していない。)か現金で払いますが、現金の場合はお釣りが出ない機械に一枚ずつ紙幣や硬貨を入れていくのですから、乗車にやたら時間がかかります。

後の記事でも書きますが、いろいろとイラッとくることもあるので、時間に余裕のない方はバスは使わないほうがいいと思います。

続く。

Kind Regards,

ブリュレ

2015年12月26日 (土)

行き先を思いっきり変更

先の記事で今年のストラスブールのクリスマスマーケットは12/24で終了と書きました。

旅の目当てが一つなくなってしまったので、いろいろと考えた結果、行き先を大きく変更してカリフォルニアの旅をすることにしました。カリフォルニアの旅と言っても、いろいろなところを回るわけではなく、サンディエゴ動物園1日、アナハイムのディズニー3日間で年越しです。

サンディエゴからアナハイムへの移動はAmtrakを利用します。太平洋へ夕日が沈むシーンが見られるかな?

出発は明日です。

Kind Regards,

ブリュレ

2015年12月15日 (火)

【注意】2015年ストラスブールのクリスマスマーケット

2015-2016の年末年始の旅にフランクフルト~ストラスブールを検討していました。フランクフルト基点にヴィースバーデンで温泉、ストラスブールでクリスマスマーケットを楽しみながらバーデンバーデンで温泉、というプランでした。

いろいろなサイトでストラスブールのクリスマスマーケットは12/31までとなっているので、こんなプランを考えていたのですが・・・

ここで、新事実!!

2015年のストラスブールのクリスマスマーケットは12/24で終わりになるとのことです。

こちらがストラスブールのクリスマスの公式サイトみたいです。

http://noel.strasbourg.eu/en/accueil

このページではクリスマスマーケットは12/24までとなっていますが、"USEFUL DOCUMENTS"というところにあるPDFファイル"Program of the Christmas market 2015"では12/31までとなっています。そこで、このサイトに問い合わせたところ、パリのテロを受けてセキュリティー基準が変わって、2015年は12/24までに短縮になったとのことです。PDFファイルはそれ以前に作られたものなので例年どおり12/31になっていると。

12/25以降にストラスブールのクリスマスマーケット目当てに旅をされる方はご注意ください。

ちなみに、ストラスブールから電車で30分くらいのコルマールでもクリスマスマーケットは行われていて、そこのサイト http://www.noel-colmar.com/en/ では12/31までとなっていますので、コルマールまで足を延ばすのも一案です。でも、こちらも短縮していないか、念のために問い合わせています。回答があり次第この記事を更新します。

【追記】

コルマールからめちゃめちゃ早く丁寧な回答が来ました。コルマールのクリスマスマーケットは12/31まで開催だそうです。

Kind Regards,
ブリュレ

より以前の記事一覧