ペット

2017年9月24日 (日)

リスオありがとうね

2012年の3月に我が家にやってきたシマリスの「三代目リスオ」。

Risuo_1

本日永眠しました。

私は子供の頃から数えればシマリスを10匹以上は飼ってきましたが、この子が初めてという経験がいくつかあります。

まずはお店で買ったとき。

オスが3匹水槽に入れられていて、店員さんからどの子がいいかと聞かれたので、ある子を選びました。店員さんがその子を捕まえようとしたのですが、逃げ回ってなかなか捕まりませんでした。そのすきに外に出ようとしてきたのがこのリスオです。店員さんはリスオが外に逃げないようにしながら私たちが選んだ子を捕まえようとしましたが、リスオは何度も諦めずに外に出ようとしました。それで、私たちはこんなに出たがっているのだからこの子にします、ということで我が家に来ることになりました。こんなことは初めてでした。

次は綺麗好きなこと。

シマリスは教えたわけでもないのにトイレは決まった場所ですることが多いなど、比較的綺麗好きのように思いますが、三代目リスオは特に綺麗好きでした。トイレはケージの角にするので巣箱や餌入れは汚れません。私の肩の上に載せて食べ物をあげると、食べた後に私の肩で口を念入りに拭きます。べたつくような食べ物はできるだけ自分で持たずに人に持たせたまま食べます。

甘い物が特に好きだったので、クリームやあんこを食べる間ずっと持たされて、食後に肩で口を拭かれたことは数え切れないほどありました。

Risuo_michel_bras

上の写真は北海道の「ザ・ウィンザーホテル洞爺」の「ミシェルブラス」でいただいたお菓子にがっつくところ。贅沢な奴です。

指じゃれもすごかったです。

ベッドにリスオを放して、指で誘いをかけるとリスオが指にじゃれてきて甘噛みします。仰向けにひっくり返って指にじゃれついたり、一旦遠くまで走って行って勢いをつけて戻って来て指に飛びかかって来たりもしました。興奮してくると噛みが強くなってちょっと痛いことも。

良いことばかりではありません。

こいつは毎年冬場には手が付けられないほど凶暴化しました。触ろうとすると飛びかかって来て本気噛みしますし、ケージに近づいただけでも威嚇してきます。威嚇している姿も可愛いんですがね。

凶暴化しているある日、リスオがケージの隅を噛み切って穴を開けて脱走しているのを外出しようとしていた妻が気付きました。リスオはリビングで寛いでいたようなので、とりあえずリビングを封鎖して妻は外出。私が帰宅してから捕獲することにしました。私がリビングに入るとリスオは私に気付き、全速力で走って来て私の膝辺りに飛びかかって来ました。

まあ、シマリスの扱いに慣れている私に簡単に捕獲されて瓶詰にされました。

Risuo_bottle

凶暴化していても瓶詰は不安だったらしく、補修したケージに戻してやったらホッとしていた様子でした。

いろいろなことがあった三代目リスオ。今年の春くらいから耳元に腫瘍のようなものができていました。前に飼ったシマリスの「ハギくん」も腫瘍で病院に連れて行きましたが、この小動物には治療という治療がなく、余命宣告どおりに半年で亡くなりました。今回は病院には行かずに、引っ掻いて傷付いたところの血を拭いたり、消毒したりするくらいに留めていました。

食欲はあって食べたり飲んだりはするものの、この1か月ほどは痩せてきて衰えが目立ち、歩くのもよたよたする感じでした。

昨日買ってきたブルーベリーを喜んで食べて、久し振りに妻と私の手の上でお菓子なども食べて、トマトジュースを一生懸命飲んで寝床に入っていったので、寒くないように湯たんぽを入れておきました。

流動食のほうが楽に栄養が取れるかな?などと考えながら眠りましたが、今朝冷たい体で息絶えていました。この日がもうすぐ来るとは分かっていましたが、寂しいです。

夕飯にキャベツを刻んでいて、甘い芯の部分をリスオのために取っておこうとしてしまいました。しばらくは駄目ですね。

過去の三代目リスオの記事です。

シマリス入荷
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/post-c9f6.html

リスオの近況
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-2c00.html

最近のリスオ
http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-1b0a.html

リスオ、いろいろ楽しい思い出をありがとう。

ゆっくり休んでね。

Donguri

Risuo_2

2016年4月29日 (金)

リスグッズ

妻が新横浜プリンスペペの「コミュニケーションマニア(Communication Mania)」というお店で買ってきたリスグッズ。

Risuwatch_1

リスの顔の中には・・・

Risuwatch_2

時計が入っています。

リス好きの私としてはもうちょっと顔のプリントがきれいだといいな、と。いずれにしても、身に着けて歩くには勇気がいる一品。

Kind Regards,

ブリュレ

2016年4月 2日 (土)

リスオの餌が入荷

秋に凶暴化して以来、まだ治っていないリスオですが、お気に入りの和くるみを通販で購入しました。

Walnuts

5kgで600個前後は入っているらしいです。こんなに大量のくるみを見たのは初めてかも。これだけあれば1年は持ちそうです。

とりあえず冷蔵庫の野菜室にこのまま投入。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年5月30日 (金)

交通事故か?

コリドラス・ステルバイの稚魚を育てている水槽を見たらこんな光景が。

Accident

フネアカガイに巻き込まれているコリドラス・ステルバイの稚魚の尻尾をミナミヌマエビが食べています。生きているときに轢かれたのか、死んでから巻き込まれたのかは分かりません。

その後、残った遺体は取り除きました。

この40cm水槽にいる30匹ほどの稚魚と、90cm水槽にいる9匹の親を移すため、45cm×45cm×45cmの新しい水槽を2本導入し始めているところです。「移行計画書」を簡単に作りましたが、移行完了までは1ヶ月弱かかる見込みです。

まだ先は長いです。。。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年5月22日 (木)

最近のリスオ

12月下旬に暴徒と化したシマリスのリスオ。4月の下旬には落ち着いて、やっとペットらしくなりました。

最近私がコリドラスの孵化と育成に時間を費やしているせいか、ちょっと寂しがっているような気がしなくもありません。やたらに外に出してほしがります。

夜に「出してくれぇ~」と催促してきたので、ちょっと遊んでアーモンドをあげたところ。

Risuo_1

眠そうです。

服の中に入ったりしてなかなか離れず、肩に乗って私をじっと見つめるリスオ。

Risuo_2

ついこの間まで私を威嚇していた凶暴リスオとは思えない、穏やかな表情です。

最後に毛づくろいをしているリスオ。背景を切り取っています。

Risuo_3

つぶらな瞳が愛らしい・・・

一年中このままだったらいいのにな。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年5月17日 (土)

コリドラス・ステルバイの稚魚~アルビノ?

一週間前のコリドラスステルバイの稚魚。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-b67d.html

ブラインシュリンプを食べて、だんだん魚らしい体になってきました。

Sterbei_1

数匹の白い個体がいるのですが、アルビノでしょうか。

Sterbei_2

みんな元気に育ってくれればいいですが・・・

親の水槽を見たら、親魚たちはみんなで怪しい動きをしています。

そう。また産卵しています。卵が30個くらいはあります。

確保するか無視するか、それが問題だ。

Kind Regards,

ブリュレ

2014年5月12日 (月)

コリドラス・ステルバイの稚魚~続報

コリドラス・ステルバイが1匹だけ孵化したとお伝えしました。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-b368.html

続々と孵化し、今はこんな感じです。ざっと30匹ほどでしょうか。

Sterbei_fries_1

Sterbei_fries_2

ブラインシュリンプを卵から孵化させ与えてみましたが、まだ食べている様子ではありません。もう1日2日くらいで食べ始めててくれればいいでしょう。

まだ孵化していない卵もあり、親もまだ生み続けているので、最終的には何匹になるのやら・・・

Kind Regards,

ブリュレ

2014年5月 9日 (金)

コリドラス・ステルバイの稚魚

先日コリドラス・ステルバイが産卵しました。

http://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-5725.html

隔離した卵からとりあえず1匹だけ孵化して、水槽で泳いでいます。

Sterbei_fry

まだオタマジャクシみたいですが、だんだん親と同じような体に変わっていきます。

数日は餌を上げなくても大丈夫ですが、買ってきた粉末状の殻無ブラインシュリンプを試しに水槽に入れると浮いてしまいます。長いスポイトで稚魚の近くに撒くことはできましたので、そうするか、ブラインシュリンプの卵を孵化させて生き餌としてあげるか、どっちがいいか。いずれにしても手間がかかります。

無事育ってくれるかな?他の卵は孵化するかな?

Kind Regards,

ブリュレ

2014年5月 6日 (火)

おっと卵が・・・

連休最終日、妻は39度近くの熱を出して寝込んでいて、私は朝から食糧買い出しやら洗濯やらでバタバタしていて、何気に水槽を見ると・・・

卵だ!

コリドラス・ステルバイが卵を産んでいました。

あらら、今いる魚がいなくなったら90cm水槽も古くなったことだし処分して熱帯魚飼育は終わりにしようと思っていたのに・・・。稚魚の餌にするブラインシュリンプの孵化セットなども捨てちゃったんだよなぁ・・・。

慌てて40cm水槽を洗って適当な温度の水を張って卵を隔離。そうしないと親が卵を食べちゃったりするのです。自分で産んだ卵を食べるとか、馬鹿かと思いますが、同レベルの人間がいるくらいですから、魚では仕方ありません。

卵は水槽のガラス面にしっかり張り付いているので、それを指で潰さないようにそーっと剥がして別の水槽に移すのは結構大変です。30個ほどを確保しました。

Sterbei

ちゃんと孵化したらブラインシュリンプを買いに行くことにしよう。

でも、ちゃんと孵化したら結構長生きなステルバイ、熱帯魚飼育が当分終わりませんがな。

Kind Regards,

ブリュレ

2013年3月24日 (日)

リスオの近況

一年前に買ってきた直後のリスオ。

Risuo2012

今は

Risuo2013

買ってからしばらくはいい子だったリスオ。冬場には凶暴化して手を付けられなくなりました。ケージに近付くと威嚇してきて、下手に指を出すと噛まれて出血します。私がこれまで飼ったシマリスで冬場にここまで豹変したものはいません。100g弱のシマリスが60kgの人間に威嚇して何になるのか、意味不明です。威嚇している姿も可愛いので、ついかまってしまいます。

そのリスオが春分あたりから穏やかになってきて、今では捕まえても平気ですし、指じゃれもしてくるように戻りました。

動物の体内スイッチ、不思議なものです。。。

Kind Regards,

ブリュレ

より以前の記事一覧