« ラフマニノフ | トップページ | ラフマニノフ ある愛の調べ »

2008年4月10日 (木)

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ

今年のサミット会場となるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパの宿泊体験記です。

サミット開催が決定する前に予約を入れ、決定後の宿泊となりました。

まずは部屋の写真から。

Windsor1

普通の部屋です。1泊136万円もする部屋もあるそうですが、そんなところに税金で泊まれる人は羨ましいですね・・・。

次は部屋から見る洞爺湖。ちょっと絵画のようにも見えます。この写真は昼間のものですが、早朝4時前に日が昇ってきたときの朝焼けの光景は素晴らしかったです。しばらくの間、眠いのも忘れて見入っていました。

Windsor2

ホテルで手配していただける乗馬を楽しみました。草むらを掻き分けて丘を登っていくという、かなりワイルドな乗馬です。観光地によくある引き馬とは訳が違うので、汚れてもいい格好で、荷物も持たずに行きましょう。すごく楽しいですよ。

Windsor3

ホテルから予約できるアクティビティーとして洞爺湖の中島ツアーがあります。洞爺湖畔まで車で連れて行ってもらい、中島へはモーターボートで渡り、ガイドの方が植物などの説明をして島を案内してくれます。都会生まれ、都会育ちの私には楽しい経験でした。ちなみに、この写真の鹿はしゃべりませんでした。

Windsor4

最後にホテルで借りた自転車で洞爺湖を1周してきました。自転車と言ってもただの自転車ではありませんよ。私が手にしているのはフェラーリで、買うと100万円もします。もう1台はそこまで高くはありませんが、BMWです。レンタルでもなければ乗ることはないでしょう。乗り心地はよかったです。特にフェラーリはとても軽く、スイスイ走れます。

Windsor5

ちなみに、乗馬とサイクリングの写真で私が着ている変な柄のTシャツですが、フランスはニースにあるホテル「ネグレスコ」で買ったものです。かなりインパクトのあるホテルでしたので、そのときの宿泊体験記もどこかの機会で。

ウィンザーホテルではレストランもいろいろあり、大半のレストランで食事を取りました。ホテルの周りに飲食店などはないため、ホテルのレストランの良し悪しは重要ですが、総じてよかったと思います。ミシェル・ブラスを含むレストランの感想とホテル全体の印象についてはまた改めて。

食事編はこちら。
https://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_80a4.html

Kind Regards,

ブリュレ

« ラフマニノフ | トップページ | ラフマニノフ ある愛の調べ »

国内の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラフマニノフ | トップページ | ラフマニノフ ある愛の調べ »