学問・資格

2016年6月24日 (金)

過炭酸ナトリウムについて(理論編)

この記事は下記へ移動しました。

 

炭酸水素ナトリウム(重曹)風呂

 

Kind Regards,

ブリュレ

 

2016年3月13日 (日)

なんとなくシンポジウムに行ってみた

京都大学附置研究所・センター シンポジウム

「京都からの挑戦 地球社会の調和ある共存に向けて」

http://www.kuic2016.jp/

に行ってみました。

聴きに来ていた人の層は二極化、中高生と高齢者が中心で、ミドル層はとても少なかった気がします。中高生はいくつかの学校が招待されていたので、進路を考える材料としての教育的な意味合いが強いシンポジウムなのでしょう。高齢者はリタイアした教育関係者とかですかね?

講演の内容はオーロラ、砂漠、福島、iPS細胞、古文書、アマゾンと幅広く、各30分の短い時間で中高生にも配慮した説明のため、狭く浅くになっていた感はありますが、いくつか興味深いものがありました。

「砂漠・半乾燥地の気象学」では、乾燥地に植物を植えると、植物が土中の水分を吸い上げて逆に砂漠が増える可能性がシミュレーションで示されるなど、砂漠を減らすためには緑化すればいい、などと簡単には行かないことを知りました。

「アマゾンフィールドミュージアム」はアマゾンの熱帯雨林にフィールドミュージアムという、自然に近い環境で野生動物の保護、飼育、観察ができる施設を作る取り組みについての講演でした。そこでは保護した動物を完全な自然に帰す前の訓練の場にもなります。また、普通の動物園は世界中の珍しい動物を一か所に集めて楽しく見させる場という面が強いですが、フィールドミュージアムはその地域に生息する動物をできるだけ自然に観察できる場所になります。意外だったのは、アマゾンに住んでいる人たちはアマゾン川に住んでいるマナティーや魚を生きたまま観察する機会はほとんどないということでした。水が強く濁っているためです。地元の人にとっても近隣に生息する動物を自然に観察できることが重要とのことでした。

他の講演もそうですが、研究者がいろいろ苦労はありながらも充実した研究生活を送っている雰囲気が伝わってきたので、中高生は興味を持って聴けたのではないでしょうか。

私も楽しめたので、また機会があればこのような場所に足を伸ばしたいと思います。

Kind Regards,

ブリュレ

2011年11月 2日 (水)

炭酸風呂を作る~基礎理論

炭酸風呂の試作のため、クエン酸と重曹(炭酸水素ナトリウム)を購入しました。写真上部は重量計測機器です。

 

Materials

クエン酸は「食品添加物」、重曹は「食用グレード」という記載のあるものです。なので、安心して味見をしてみると、クエン酸は想像どおり、レモンみたいな酸っぱさがあります。重曹はアルカリ性なので、高校時代に舐めた水酸化ナトリウム溶液みたいに苦いのかな?と思っていたら、意外に苦くはなく、しょっぱさと酸っぱさを感じました。まあ、食べることが目的ではないので、どうでもいいです。

 

さて、クエン酸と重曹でどうやって炭酸を作るか、レシピを載せておきます。

 

Photo_2

 

クエン酸1モルに対し、重曹3モルですので、割合としては

 

192.12 : 3 × 84.01 ≒ 1 : 1.3

 

ということで、クエン酸1に対し、重曹1.3くらいの重量割合で混ぜるとちょうどよく炭酸が作られることになります。

 

本当にシュワシュワするのか?試しにRiedelのワイングラスに250mlほどの水を入れ、重曹約15gを溶かしておきました。そこに約12gのクエン酸を加えるとこのとおり、激しく泡が出ます。

 

Carbonate

 

動画はこちら。

 

http://www.youtube.com/watch?v=5lkt7TrCrAw

 

お風呂でこんなに泡が出たら凄いだろうなぁ~、体は温まりまくりだろうなぁ~、と思いつつ、まだ失われていない理性でお風呂(200リットル)で必要な分量を計算したところ、クエン酸も重曹もそれぞれ10Kgくらいは必要なので、無理です。それに、こんなに二酸化炭素がお風呂で発生したら中毒死も覚悟しないといけないかもしれません。止めましょう。

 

で、最初は控えめに重曹57gを溶かしたお風呂に43gのクエン酸を入れました。市販の入浴剤も一回40~70gくらいなので、まあ悪くないでしょう。結果は・・・

 

見た目ほとんど変化なし、です。

 

よーく見たら細かい気泡がお湯全体に出ているので、炭酸は発生していると思われます。入ってみても炭酸入浴剤と同程度には肌に細かい気泡がうっすらと付きました。

 

重曹を入れてからクエン酸、クエン酸を入れてから重曹、同時投入、その他いろいろと実験してみる価値はありそうです。

 

余談ですが、たまたま軽く焦げ付いたフライパンがあったので、重曹水を張って火にかけてしばらくしたら焦げ付きが簡単にとれました。

 

重曹、結構役に立ちそうなので、我が家の常備薬と認定し、専用の入れ物を用意して格納しました。ラベルの字を書き間違えましたが、大阪の人なら読めますよね?

 

Juso

 

実践編はこちら。

https://ermite.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-9a2b.html

過炭酸ナトリウムのことも書いたこちらの記事もどうぞ。

https://ermiteparfait.blogspot.com/2020/06/blog-post_27.html

 

Kind Regards,

ブリュレ